魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


 < 公開について >

 セクシュアルハラスメントは、誰の身にも起こり得ることだが、その被害を民事訴訟として訴え、一審敗訴のあと二審で逆転勝訴判決を勝ち取るという事例は、ありふれたものではない。

 日本の司法の歴史に判例として残り、現在でも実際のセクシュアルハラスメント裁判にその資料の一部が使われている苦闘の軌跡を、何らかの形で残しておきたいと思った。できれば、必要とする誰でもが書店に並ぶ本を手に取るが如く、簡便に見られるように。

 なぜなら、そこに「真実」があるからである。

 当時、支援の会が発行していた会報「クラブA」には、裁判の進行状況、法廷でのやりとりの様子、傍聴の感想、原告の言葉等が載せられ、同時期に宇都宮や八王子などで進行していた他のセクシュアルハラスメント裁判の様子や女性たちの性暴力に対する働きかけ等も紹介されている。

 これらは、持ち寄られた原稿を原告や事務局の仲間がワープロで打ち、印刷・郵送等の作業をした、「最も原告に近いところから発信された」ものである。

 当時から、世間には幾通りもの伝聞や推測、憶測が流れ、新聞やテレビといった巨大メディアでさえ事件を正しく伝え損ねていた。その後発達したインターネットでは、各方面の専門家や趣味人による自己流の解釈が垂れ流し放題である。

 加害者を知らず、被害者を知らず、性暴力の何たるかを知らず、民法も刑法も知らず、事件の影響で起きた様々な出来事も知らず、ただ溢れかえる情報の洪水に晒されるのみの知性に、「真実」の見極めようなど果たしてあるだろうか。

 しかし、裁判は終結し判決は確定している。

 ここにただひとつ、違えようのない事実がある。
 それは、加害者・被告が人として誤った行動を起こさなければ、「全ては無かった」ということ。

 これだけが、誰にでも容易にわかるはずの事実である。


 < 横浜セクシュアルハラスメント裁判の記録 

・ この裁判は、1998年に東京高等裁判所で第二審判決が出され、翌99年に判決が確定し、終結しています。

・ 当時の弁護団・支援の会はすでに解散しており、現在、相談・問い合わせに応じる等の活動はありません。

・ ここで公開している会報「クラブA」、「裁判報告集」は、支援の会会員・および一般に配布、または販売されていたもので、誰でも入手可能なものです。

・ 訴状・新聞記事等は、会報または支援の会発行のパンフレットに掲載されたものです。会社名及び個人名は、新聞・テレビ・雑誌等各報道機関により、既に一般に広く報道されています。

・ この裁判の内容や会社名の記された書籍は現在も全国各書店で複数販売中です。他のHPでの紹介例も多数あるので、興味のある方は検索されてみてはいかがかと思われます。

 以下の内容は、セクシュアルハラスメント訴訟の記録です。
 興味がない、またはセクハラ訴訟の記録を見るのは不快であるという方は、見ないことをおすすめします。
 見る・見ないはご自身で判断して下さい。


 当HP管理人は、いかなるHP・ブログ等の掲示板やコメント欄等にも、当ページ以下、裁判関連のページの紹介はせず、リンクも貼っていません。
 検索サイトへの登録や広告等も出していません。
 もし、それらのリンクから当ページを訪れた方がいるなら、そのリンクは当HP管理人に無断で、第三者が何らかの意図で貼ったり、登録を行ったものです。
 偽ハンドルネームや書き込みの内容等、全て当HP管理人の企図したものではありません。



クラブA

 「クラブA」とは、「横浜セクシュアルハラスメント裁判を支える会」が発行していた会報の名である。
 仮名の“代名詞”「Aさん」という名をそのまま冠せられた、「原告A」がつけた名である。





 1997年6月3日、横浜セクシュアルハラスメント裁判控訴審は結審した。それから約半年後の11月20日、東京高裁は原審を変更し控訴人の勝訴を言い渡した。

 月日は流れ、今年も「第5の事実」があった2月19日を通り過ぎた。あれから丸7年。人死になら7回忌というところ。

 誰にも等しくある一生に一度きりの、その日その時が引き起こした裁判は25歳から32歳までの私の時間を支配し、生き方を変えた。キャンディーズが、解散しても普通の女の子に戻らなかったように、私もまた原告でなくなりはしない。

 尋問のために繰り返し繰り返し確認し、記憶に刻み込んだ日付や時間。小さい頃よく言い合った「何時何分何十秒、地球がまわって何回目」というあれは子供の戯言だと思っていたけれど、実はこの世界で結構重要なことなのかもしれない。

 係争中「裁判は自分を取り戻す作業」だと言っていた。あれは、苦行ではないと思いたいがために自分を納得させようという発想からだったろうか。闘い済んで日も暮れ果て、もう朝陽の中にいる私は取り戻すはずだった自分ではない。

 今、解放されたように思う。結審後の半年は、それまでの日々に比べればはるかに気楽だと感じていたけれど、終わってみれば、またそれとは比べものにならないくらいの更なる解放が待ち受けていたのだ。

 解き放たれたかったのだろうか。裁判から。自分を取り戻す作業から。縛られていたのだろうか。

 性暴力などの被害を受けながら失意と絶望の底から立ち上がった人々を「サバイバー(生還者)」と呼ぶなら、一度負けた私は「ゾンビ」だと、仲間と笑った。

 この資料集は5年4ヶ月を共に闘った仲間たちとのユニットの、卒業文集のようなものかもしれない。しかし、内輪ウケして昔を懐かしむものでは、全く、ない。

「『横浜セクシュアルハラスメント裁判報告集』原告Aのあいさつ」より







「横浜セクシュアルハラスメント裁判を支える会」の発足にあたって

 1989年以降、セクシュアルハラスメントという言葉は社会に急速に広まりました。福岡セクシュアルハラスメント裁判判決(1992年4月16日福岡地方裁判所判決)は言葉によるセクシュアルハラスメントの違法性を認め、会社の使用者責任を認定するなどこの問題に関心を寄せる多くの女性たちを大いに力づける判決になりました。

 そして横浜でも裁判を起こした女性がいます。
 Aさんは清水建設株式会社の100%子会社株式会社テクネット機電事業部横浜営業所に勤務し、清水建設から出向していた所長Kの下で働いていました。Kは1990年秋ころから次第に勤務中Aさんの体に触るなどのセクシュアルハラスメントを行い、1991年2月、事務所内でAさんに抱きつき無理矢理キスをするなどの猥褻行為に及びました。Aさんは精神的に深く傷つけられ、Kの行為を会社の上層部に打ち明け助けを求めましたが一蹴され、1991年8月、やむなく退職しました。その後もAさんは屈辱的な思いをさせられた怒り、自分の尊厳を取り戻したいという気持ちから清水建設、テクネット、Kと話し合いをしました。しかし、納得できる回答が得られず、やむなく謝罪広告及び損害賠償を求めて提訴に踏み切りました。

 セクシュアルハラスメント問題はまだ、議論の緒についたばかりです。これを社会的にきちんと認識させ女性の人権問題として位置づけさせるには被害者の勇気ある訴えと多くの人たちの行動が必要です。そして判例を一つ一つ積み重ねて女性の性的自由、働く権利の確立を目指していかなければなりません。

 わたくしたちはAさんの裁判を真の意味での女性の性的自由、働く権利の獲得のための一段階と位置づけ、積極的に支援していくことを確認し、「横浜セクシュアルハラスメント裁判を支える会」を発足します。

  1992年12月

呼びかけ団体
   かながわ・女のスペース“みずら”
   働くことと性差別を考える三多摩の会
   性暴力とたたかう女たちのネットワーク’90



 一審 意見陳述書  原告本人が作成し、特に願い出て法廷で読み上げた意見陳述書と、代理人による意見陳述書。 
 一審 訴状  原告代理人(弁護士)による訴状。
 新聞記事  1992年7月14日に「横浜S・H裁判」が提訴されたことを報じた新聞各紙。



 横浜地方裁判所での第一審は1992年7月14日に提訴され、同年10月23日に第一回口頭弁論期日がもたれた。
 この日、傍聴席には多くの女性が詰めかけた。人の尊厳を踏みにじる性暴力に対する怒りを共有する人々だった。
 原告Aと原告代理人である3人の女性弁護士。それに、数知れない、あまたの被害女性たちの闘いが、ここに始まった。

 会報「クラブA」は、一期日終了ごとに、会員の皆さんへその「裁判報告」という形で発行された。
 内容は、まず「裁判報告」、そして傍聴の感想や寄せられたメッセージなどの紹介、そして原告Aによる「Aさんコーナー」。
 原告Aのあまのじゃく(?)な連載は大ウケで、実は裁判報告よりもこちらのほうが楽しみという声も…。
 そのうちに他のS・H裁判原告などとの交流も頻繁になり、そういった各方面の進行状況なども紹介するようになっていった。
 ある日、事務局に、
 「○○診療所に通院していたのですが、完治したのでもう「クラブA」が読めなくなると思い、先が気になるので入会したいと思います」
といって入会金が送られてきたことがあった。会員には「クラブA」が郵送されることになっている。そういえば、事務局のメンバーがお世話になっている近くの診療所待合室に、「クラブA」を置かせてもらっていたっけな…ということで、男性会員が一人増えたのだった。

 支える会と事務局の奮闘により、「クラブA」は、裁判終了まで発行され続けた。
 これは“「クラブA」のみんな”が、最後まで希望と明るさを持ち続けていたことの証であると思う。


 会報 「クラブA」 №1  会報 「クラブA」 №2
 会報 「クラブA」 №3  会報 「クラブA」 №4
 会報 「クラブA」 №5  会報 「クラブA」 №6
 会報 「クラブA」 №7  会報 「クラブA」 №8
 会報 「クラブA」 №9  会報 「クラブA」 №10
 会報 「クラブA」 №11  会報 「クラブA」 №12
 会報 「クラブA」 №13



 一審は1995年3月24日に敗訴した。
 負けるとは思っていなかった、「まさか」の判決だった。

 一審のとき、原告Aは
 「(裁判は)趣味のようなもの」
 と言ってのけていた。が、二審では
 「(裁判は)持病のようなもの」
 と説明していた。
 「治るものでないなら仲良くつきあっていくしかない」
 というような意味だった。

 同時期の八王子S・H裁判原告の言葉。
 「正義は必ず勝ちます」
 同じく、宇都宮S・H裁判原告の言葉。
 「正義が勝つとは限らない」
 そして横浜S・H裁判原告のAは、
 「正義が勝ったらいいね」
 と言って、後々まで笑い合ったものである。


 控訴審に向けての集い 1995年6月3日、品川区総合区民会館きゅりあんで行われた、「控訴審に向けての集い」呼びかけ文と、これまでの経過。


 会報 「クラブA」 №14  会報 「クラブA」 №15
 会報 「クラブA」 №16  会報 「クラブA」 №17
 会報 「クラブA」 №18  会報 「クラブA」 №19
 会報 「クラブA」 №20  会報 「クラブA」 №21
 会報 「クラブA」 №22  会報 「クラブA」 №23
 会報 「クラブA」 №24  会報 「クラブA」 №25


横浜セクシュアルハラスメント裁判報告集 「From A to A」
 発行に当たって     
 原告Aのあいさつ     
 判決の評価   …高岡 香(原告代理人)    
 裁判の方針 ― 懺悔の気持ちをこめて   …中村 れい子(原告代理人)     
 全国のセクシュアルハラスメント裁判の中の横浜裁判   …渡辺 智子(原告代理人)     
 ♀座談会「6年間を振り返る」     
 横浜セクシュアルハラスメント裁判6年間の歩み     
 提出証書一覧     
 横浜地裁、東京高裁判決文対照表     
 原告本人意見陳述(一審)     
 河野貴代美鑑定意見書抜粋     
 山田省三鑑定意見書抜粋     
 東京高裁へ 上申書     
 準備書面(4)     
 二審・本人尋問抜粋     
 東京高裁での逆転勝訴判決を報じる新聞記事     


 関連図書 横浜裁判前後の訴訟に関する書籍。横浜訴訟に詳しいものも。


関連ホームページ

労務安全情報センター


 トップページ → 均等法のいま・セクシュアルハラスメント → 参考[セクシュアルハラスメント〔旧〕] → セクハラ裁判 → セクシュアルハラスメント裁判/判例と解説H7.3.24テクネット損害賠償請求事件☆H9.11.20同事件高裁判決


 田村のホームページです

 トップページ → メニュー → 46.セクハラ関連 → セクハラ関連のページ → ・法学―セクハラ → テクネット事件・97年11月20日


財団法人 女性労働協会 女性と仕事の未来館

 トップページ → 働く女性の法律・施策・データ → 判例検索 → 【事件分類から探す】 → セクシャルハラスメント → 横浜建設会社事件(判決年月日:1995年03月24日)/横浜建設会社控訴事件(判決年月日:1997年11月20日)


NPO法人トータルサポートひょうご

 トップページ → 事例・判例 → テクネット損害賠償事件


TOPに戻る