魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


行川アイランド・勝浦

00.05.11、12




 久里浜からフェリーで渡った房総半島は、想像以上に山深い感じのするところだった。



 いつか行きたいとずっと思っていた「行川アイランド」に、初めてやってきた。



 念願のクジャクのダイビングショーを見て感激。壮観です。このときにかかる曲が「スターウォーズのテーマ」なのがほほえましい。(笑)



 遊歩道の展望台から見える海。
この山が、海からの風を防いでいるようだ。



 展望台からアイランド中央部を見下ろしたところ。
 なんだか盆地のよう。



 ここは動物園ではない。「鳥」たちがたくさんいるのだ。





大きなペリカン。
なんてきれいな羽だ!
それに、人が近づいても全く動じない。

(クリックすると大きな写真に♪)




 (クリックすると大きな写真に♪)
 見ている人間を怖がりもせず、警戒もせず、全くなんでもないようなふうで見返してくる。




 (クリックすると大きな写真に♪)
 この毛ヅヤ!
 たいがいの動物園では、大型の鳥は同じ大きさの猛獣ほどきれいな“身なり”をしていないが、ここ、「行川アイランド」にいる鳥たちはみんな素晴らしくきれいだ。


 

 芝生の広場では、そのへんにコンゴウインコが歩いている。実にフツーな感じで…。




(クリックすると大きな写真に♪)
 ホロホロチョウもたくさんいる。
 このホロホロチョウたちは、なんと、飛ぶ。(笑)
 行川アイランド名物・空中パレードがあるのだ。笑える。近くにはこんな看板も出ている。


 


 エミュー???なんだか、つぶらな瞳の大きな鳥がいた。




 七面鳥もいる。ミーア・キャットもいる。さっきのコンゴウインコに似ているが別の鳥。これが、一羽だけではないのだ!!



 ロリキート・ガーデンにやってきた。楽しみにしていた、ロリたちとの、待ちに待ったふれあいの瞬間!が、結構痛い。(笑)





 正式名称「ゴシキセイガイインコ」。
 南国の鳥で、甘いフルーツ・ジュースが大好物。
 手に持ったエサのカップに争って顔を突っ込むのだが、そのときふんばる足のツメが食い込む食い込む。



 ロリキートガーデンの中には何十羽ものロリキートがいる。公園のハトなどより近い場所に、なんでもないようにウヨウヨいる。



 ヤツラの目的は観光客が手に持っているエサ。エサがないと「なーんだ」と、さめた顔をして手に乗ってくれない。(笑)


(クリックすると大きな写真に♪)
 ロリたちは赤い目をしている。くちばしも赤。個体差があるが、緑・青・赤・黄・オレンジ…とにかくカラフルな鳥。



 そんな中に真っ白なオシドリが!
 こうして見ると新鮮。



 本日のメイン・イベント!フラミンゴ・ショーの始まりだ。メニューは2種類、「ワルツ」と「サンバ」。
 ものすごい人数、いや、鳥数!!



 ステージの池に映るフラミンゴたちの姿。ひとかたまりの色。美しい…。
 そしてサンバ・ダンス!!





美しいフラミンゴたちに感動して、
一緒に記念写真を撮った。(笑)



勝浦海中展望塔にも行ってみた。水深8mの
海中に降りられるのだが、波の揺らぐ様子に
すっかり船酔い状態になってしまった。(笑)


 

写真左の魚は、実は湯舟。
この日泊まった宿のにごり湯温泉。
お部屋は「いそのさん」だった。(笑)

宿の夕食のあと、勝浦駅近くの「天平」へ飲みに行った。明るいおかみさんと寡黙なおやじさんがいて、
魚が新鮮&日本酒も美味い♪酢の物が絶品だった。
郷土料理の“なめろう”もいただいた。
お昼のランチも食べに行きたい店である。



 宿の庭には、なぜか巨大なタコ壷(?)が!




 海沿いを離れて山間部へと入り込む。
 これは、いすみ鉄道・上総中野駅。



 列車もかわいらしいし、



 ホームも素朴。



 亀山湖へやってきた。

 なかなかきれいなところだった。


お出かけ記録に戻る