魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

柿田川湧水

03.01.26

土曜日にNHKの「月刊 とれたてマイビデオ」で、沼津の「柿田川湧水」を見た。
ものすごくきれいな湧き水の中に鮎の大群がウヨウヨ!
その晩はサッサと寝て、日曜の朝、早起きして行って来た。



 7:15に出発して9時過ぎに着いた。
 朝は道も空いているし、空も山もとてもきれいだ。



 富士山もゴキゲンな様子。




 国道1号線沿いに「柿田川公園」はある。
 本当にすごい環境で、車がガンガンに通る騒音も激しい、そのすぐガケ下から、こんこんと水が湧き出しているのだ。



 「湧水広場」。遊歩道が整備されている。





 ここは「八つ橋」あたり。
 Pから傾斜のある山道を降りていくと、、町のど真ん中であるのに、山中の湿地帯のような広い川に出る。



 木道があって、踏み外すとたいへんそうだ。
 木も草も手入れをされているというより好きに生えているという雰囲気だった



 第2展望台から。
 昔の製紙工場の取水井戸の跡だそう。
 底の砂が舞い上がり、魚影がいくつも現れては消える。



 水の色なのか、空の色なのか、何とも言い表しがたい色が移り変わる。







 名水100選にも選ばれている。



 柿田川みどりのトラストオフィシャルページ
 http://www.izu.co.jp/~kakida/

 ワンダーランド柿田川
 http://www.kakitagawa.or.jp/kakita/kakita.htm



 第1展望台からの眺め。
 背後から降ってくる車や町の騒音がウソのようである。



 あちらこちらに水が湧き出している。



 (クリックすると大きな写真に♪)
 この日、私たちは初めて「カワセミ」を見た。下田の海のようなエメラルドグリーンの鳥は、本当にいた。感動だった。でも大きな声を出してはいけない。鳥たちを驚かせてしまうから。


 (クリックすると大きな写真に♪)
 よろこんでいたら、おじさんが望遠鏡にデジカメをくっつけて写真も撮ってくれた。
 ジョウビタキも、カイツブリも見た。



 柿田川と野鳥たちをひとりでも多くの人に知ってもらいたくてしょうがないといった感じで、おじさんは次から次へと声を掛けて人々を望遠鏡の前に誘っている。見た人たちは驚きと感動の声を上げる。おじさんは、カワセミが何時ごろにどのあたりに飛んで来て、どの木の枝にとまるかまで知っているのだ。




 常連の人もいるようで、今日は水が少ないとか、こないだは何が来たなどと、おじさんと話している人もいた。
 このおじさん、周囲の工場排水や産廃でヘドロとゴミに埋もれていた昭和40年から、湧水をなんとかしようと立ち上がった7人のうちのひとりだそうで、今も湧水展望台に詰めていて、訪れる人たちに説明をしたり、望遠鏡で野鳥を見せたりしているのだそうだ。



 初カワセミで胸いっぱいになってしまったので、この日はもうどこにも寄らず、まっすぐに帰った。
 あ、沼津I.C手前の「シーポート沼津」で「えぼ鯛の干物」、「梅くらげ」、「甘エビの塩辛」を買った。東名に乗ったのはまだ11:30。うーん、早起きってスバラシイ!!

 鮎沢P.Aで昼食。
 インドカレーkiri:大盛り、30:並)を食べて帰った。



お出かけ記録に戻る