魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

     お花見BBQ・2003&夜桜

~ featuring YAKISOBA BUGYOU ~

03.04.06

  

まだ肌寒い朝7:00、本日の楽しいBBQのため、場所取りに来た。
周囲には、もうすでにいくつかの陣取りがされていた。しかし、番をする人影はない。
こんなもんで、別に何の心配もないのだ。木の向こうには、大胆に荷物を置いていっているのも見える。


 

買い物を済ませ、10:00過ぎに到着。さっそく資材を展開、火おこし隊野菜切り隊に分かれて準備を開始する。
11:00。まだ来ていないところもある。
もうそろそろ駐車スペースの空きはなくなっているはずである。そのため、どんどん到着が遅くなる。


 

12:31、すでに佳境に入っている。
写真が少ないのは、写真班怠慢のため。写真なんか撮っていると肉がなくなるのである。(笑)
マグロのカマ登場!
これはM氏のリクエスト。サザエなんかも焼いちゃっている。黄色い物体は厚揚げ


 

あーあ、ちゃんと見ていないと。皮が真っ黒である。
サザエもそろそろ食べごろか。中身を取り出すのが面倒そうなので誰も手をつけない。(笑)


  

マーボおやじが豚汁を作り始めた。マダム・マーボも手伝って味噌投入。煮込み中、鍋。


 

午後1時半過ぎ、あたたかな日差しに桜は満開。Pからあふれた車は河原に展開。


 

30のアタマもパッと咲きまくっている。(注※落ちていた花。折ったものではない)
このころ、女子トイレは大変なことになっていた。長蛇の列である。
トイレの数は決して少なくはないのであるが、これだけの人出があると間に合わないようである。


  

大変だったのは女子トイレだけではない
撮影者が向かったのは駐車スペース奥の茂みである。(注※大ではなく小だったので許していただきたい)
振り向いてみた。車はぎっしり満車である。
これだけいっぱいになるのは、春の花見とゴールデンウィークぐらいのものである。


 

キャンプ場奥の広場。ここは日を遮るものがないので夏場はつらいが、今の時期ならそれほどでもない。
まーぼーが、見事に咲いた桜の花を撮ろうとしている。そして、焼きそば奉行の登場である。


  

相変わらずたっぷり野菜。今回は肉ではなく、ウインナー入りである。(14:19)


 

片時もそばを離れない奉行。とうとうイスを持ってきた。(笑)


  

平和な時が流れる…


  

そして、いつの間にか食い尽くされたやきそば。


 

奉行はやる気である。火力の弱くなったコンロに炭を足す。
その真剣な様子にみんなも集まってきた。


 

やきそば第2弾、総力戦である。
なんだこれは???麺を投入後、蒸している!?もやしがはみ出しているのが見える。


  

しばし待ち、である。


 

そして、できあがったやきそばはまたもやあっという間に者共の胃袋に収められていったのである。
 おいしくって幸せそうなT妻。


  

いい気持ちで寝始めたオヤジ。顔が真っ赤である。“小”がいたずらしに行く。


  

おとなしくて吠えない&咬まないマンボゥは人気者である。
あまりに静かなので、犬がいると人に気づかれないほどである。


  


 

 

そろそろ日が傾いてきた。楽しい春の日も終わりである。


 

しかし、まだまだ終わらないのが私たち。(笑)
 夕方の6時半。だいぶ暗くなって再びやってきたキャンプ場では…
夜桜ライトアップ開催中!!桜と松林の中の道に沿ってちょうちんが灯されている。


 

田舎なので、露店も少ない。見上げると、昼間よりも高いところに見える桜である。


 

夜桜見物など初めてだったが、なかなかに風情のあるものだった。
毎年、桜の咲く2週間ほど、夜9時ごろまでだったか、行われる。


2003年に戻る