魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

富士山新五合目リベンジ


03.05.05


(クリックすると大きな写真に♪)

 5日は連休最終日ということで、7:00に出発。


 27日よりも霧は少なく、山頂も望めてGOOD♪



 1週間ほどで驚くほど雪が少なくなっている。



 先週は、このあたりはまだ雪の中だった。



 道の脇はまだこんな雪。案内図も見えない。




 少し歩いてみるが、これ以上はキケン。泥んこになりかねない。



 売店のほうを見下ろすと、



 下から雲が吹き上がってくる。



 下に停めた洋子号のところまで戻ってきたが、



 見ている間にもじゃんじゃん雲が流れてくる。



 山頂は見えたり隠れたりである。



 先週と同じあたりに洋子を移動してみた。



 まるで雪の壁。こうして見るとあまり変わりがないようにも思う。




 でもこのあいだはあたりに霧が立ち込めて、こんなに周りが見えなかった。見えていたらもっとすごかったのだろうか。




(クリックすると大きな写真に♪)
 この雪の塊がまた迫力で。


 カパッと剥がれていくように解けている。



 その下に見えるはずの麓の景色は見えない。



 広がるのは雲海と言うにはちょっと冴えない、まだらな雲である。




(クリックすると大きな写真に♪)
 しかし、この木立が美しい。


 日が差すと、キラキラと光るようなまぶしさだった。



 少し下に下りてみる。



 面白い解け残り方をしている。


 

あ~、新車だったもので、



うれしくて洋子の写真ばかり撮ってしまったのだった…。



東名で厚木から御殿場というのは結構なカーブがあるし、富士山を登るにも馬力がいる。
おまけにヘアピンをいくつも曲がり、長い下り坂も降りなくてはならない。
車の性能がよくわかるコースかもしれない。
セルボで来たいとは思わないが、Zでは走りに来ておけばよかったと悔やまれる。




(クリックすると大きな写真に♪)
この日は、混むと思って昼過ぎには帰ってきた。
裾野の自衛隊演習場では、拾った不発弾が爆発したというニュースが大々的に流れたにもかかわらず、
ノンビリとした山菜取りの人々が大勢いた。


2003年に戻る