魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

 軽井沢~善光寺・    戸隠~苗名滝の旅

戸隠・苗名滝編に続く

【2004年5月20日】
圏央道・日の出I.C~関越道~上信越道・碓氷軽井沢I.C~92号・松井田軽井沢線~43号・下仁田軽井沢線~R18~軽井沢
【21日】
軽井沢~R146~白糸ハイランドウェイ~白糸の滝~白糸ハイランドウェイ~鬼押しハイウェイ~県道235号・大笹北軽井沢線~R144(キャベツロード)~R406~34号・長野菅平線~長野駅~善光寺~
37号長野信濃線~戸隠バードライン~76号・長野戸隠線~36号・信濃信州新線~鏡池~36号・信濃信州新線~76号・長野戸隠線~戸隠バードライン~飯綱
【22日】
飯綱~戸隠バードライン~76号・長野戸隠線~36号・信濃信州新線~鏡池~36号・信濃信州新線~R18~県道119号・杉野沢黒姫停車場線~39号妙高高原公園線~苗名滝~39号妙高高原公園線~119号・杉野沢黒姫停車場線~上信越道・信濃町I.C~関越道~圏央道・日の出I.C

 善光寺、平成15年御開帳のときに作られた、リポーター・はなちゃんの番組を見て、善光寺に行きたくなりました。そこでkiri会社の保養所を活用して、長野から戸隠まで行ってみることにしました。


     

 どうしようかと思った朝方の曇り空が、一転して盛夏のような青空になった長野市内。
これもお参りの“ご利益”だったのでしょうか?
 善光寺をあとにし、本日の宿泊地、飯綱をめざします。
 まずは地元でも有名な「七曲り」とやらを登ります。
 しかし、午前中に菅平から降りてきた道がスゴかったので屁のようです。(笑)
あっという間に飯綱高原到着です。
しかしまだ時間も早いので、作戦会議の結果、戸隠の「鏡池」まで行ってみることにしました。


     

その前にこの「たんぼ」で腹ごしらえです!
そういえばまだお昼を食べていません。せっかく、戸隠に来たのだから「戸隠そば」を食べないと!
このお店は軽井沢の保養所の方おすすめでした。戸隠バードライン沿いでコレが目印!
お店の中は、普通の家のような感じもする広い座敷とテーブル席があって、
調理場はずいぶん奥のほうにあるようで遠くのほうから「いらっしゃいませ~」が聞こえてきました。
色紙に手書きでたくさん貼ってあるメニューの中には「おやき」もあってとても気になったのですが、
今晩も豪華なディナーが予想されるため、ガマンしておきました。
まずお茶と一緒に出された「野沢菜漬け」が絶品!!
今までこんなにおいしい野沢菜は食べたことがないと思うくらい。そして、これが“ボッチ盛り”の戸隠そばです。




地図を見ながらわき道に入り込んだら激細。おまけに対向車。(泣)
でも、足元にはピヨ付きのMHが♪戸隠連山をバックにした木の梢にとまる2羽の鳥。


     

鏡池です。
今日は風があって湖面がざわついており、「鏡」にはなっていませんでした。
しかし、戸隠連峰はなかなか迫力がありました。




そろそろいい時間になってきたので宿に入ります。山小屋風でなかなか趣があります。


     

そして、お待ちかね、本日のディナーです。
このためにおソバも控えめ、おやきもガマンしたのでした。
特別食「信州牛陶板焼き(カルビ)の登場です。
あゝ、この肉厚ッたら!!…ものすごくおいしかったです。


     

牛カルビが出てしまってはワインを飲まないわけにはいかないでしょう!!
あっという間にを飲み干し、次はです。
30がワインならkiri冷酒を飲まないわけにはいかないでしょう!!




うまっ、至福の時♪です。
今晩もたらふく食ってお休みです。


     

朝になりました。こちらの庭も自然豊かで和んでしまいます。(軽井沢より造りっぽくない)
窓の外からは野鳥の声が。ケンッ!ケーンッ!とキジの声が移動しています。(笑)
朝食はごくシンプルです。胃にやさしい感じ。
そういいながらもお土産に目が行ってしまう私たち…!


     

食後の庭散策です。軽井沢より多分にワイルドな雰囲気です。
今日は「苗名滝」へ行って、そのまま一気に帰宅する予定です。


     

まずは、“鏡状態”を期待して「鏡池」に向かいます。
きのうとは違うルートで来ると、途中、立派な神社がありました。戸隠中社でしょうか。
神社仏閣好きの30は寄ってみたいのですが、今日は先を急ぐので通過です。(泣!)




おっ、あの水面は…




鏡です。




白樺林の中に広い駐車場があります。
その季節には、三脚を担いだ人たちの車で満車になるのでしょう。
このあと、地味な36号線沿いの高原の道をひた走り、上信越道・信濃町I.Cそばの道の駅しなのを目指します。




そして道の駅付近の路上で採取!まだ新しそうな「しなのMH」です。マンガっぽい絵が可愛らしいです。
しかし、きのうのバードラインから思っていたのですが、長野の車は「早い」です。
普通乗用車どころか、どう見ても近所に配達中の軽トラや軽ワゴンでも“鬼ッ早”なのです!!
何でだろう、長野県は広いから早く走らないと目的地に着けないからかな???(笑)




道の駅で苗名滝への道順を確認し、長野と新潟の県境を流れる関川を遡上、苗名滝へとやってきました。
かなりの観光客が訪れる場所らしく、駐車場がたくさんあります。ごく近年整備されたと思われる橋もかかっています。
このあたりにはサルが出るらしく、注意書きがありました。
なるほど、もうここは新潟県中頸城郡妙高高原町なのですね。いやはや遠くまで来たものだ…。


     

 おーっと、なんだかすごい水音がすると思ったらいきなりこの水量です!
 堰にはいくつも穴が開けられていて水が吹き出すように流れ出しています。もっと水の多いときに見てみたいです。
 魚道も作られているようですが、どんな根性のある魚があそこを遡るというのでしょう???


     

今渡ってきた橋です。下流のほうも、整備工事が進められている最中でした。
遊歩道を滝へと歩きます。
関川の様子はなかなか荒々しく、川岸の土砂が崩れた跡もそのままになっています。




きっと周りの土砂や木は流されてしまって、ここだけが残ったのでしょう。




前方に巨大な滝が見えてきました。人が蚊トンボのようです。




吊り橋で振り返るとこんな様子です。
なんだか濁流といった感じです。




苗名滝、別名「地震滝」です。




ものすごい迫力です。本当に地響きがするような滝壺です。
周囲の岩肌には柱状節理が見られます。





滝とマイナスイオンを満喫しました。
はるばる新潟県まで来た甲斐がありました。


     

 来た道を道の駅まで戻ります。
関川からグッと坂を上った峠っぽいようなところにあった「そば処たかさわ」
先ほど30が目をつけていたお店です。相模原までは遠い道のり。ここでまたおそばを食べます。
店構えは何気ないのですが、入ってみるとそば道場などもあって広く、
私たちが座ったのは川を望んだよしずの下のテーブル席でした。
とてもおいしいおそばだったのですが、おなかが空いていた私たちはいきなり食い尽くしてしまい、
写真を撮る間がありませんでした。(笑)

 そして本日2個目のマンホール採集!この特徴的な姿はもちろんナウマンゾウ
さすが野尻湖の近くですね。




「道の駅しなの」はすぐそばが上信越道・信濃町I.Cです。
どうしてもおやきがあきらめきれない30は、ここでやっと2個、お持ち帰りを買うことを許可されました。
PでカッコイイX-TRAILを発見!


     

P.AやS.A、それに道の駅好きな30は、あちこち寄ってみたくてたまりません。
まずは「ハイウェイオアシス 道の駅おぶせ」
こんなにマークのたくさんついた看板は見たことがありません。
歴史好きの30、ケーブルテレビの時代劇専門チャンネルで大河ドラマ「真田太平記」を見ている真っ最中。
六文銭のついた堂々とした構えにシビレます。




「佐久平 ハイウェイオアシス」
ここには高速道路を降りずに利用できるスキー場があると聞いてビックリ。(30はスキー歴0年)




さっそく登ってみます。
佐久平の景色が見えました。なぜか「足湯」もありました。




 帰宅しました。
 家までもうひと息というところで15000km達成!!
 総走行距離は630.8kmでした。長い2泊3日でした。

 善光寺の御開帳のテレビを見てからずっと行きたいと思っていましたが、なんとか行くことができました。
また、白糸の滝や新潟県近くの苗名滝まで満喫でき、とっても楽しい旅となりました。(by kiri)

 行きも帰りもいまいちの天気だったのに善光寺だけは晴れ!これは驚き&感動でした。
お寺見学も久しぶりで嬉しかったし、渋滞情報でよくその名を聞く上信越道も走ることができました!
初めての軽井沢も印象的だったし、新潟県も中学の頃の家族旅行以来でしたが意外に近いと感じました。
 やはり、知らない土地を訪ねるのは格別の楽しさがあります。
それも、大都会に行くよりそうでない土地へ行くほうが「+安心感」で、何倍も楽しめる気がします。
(笑・ワタシだけ?by 30)

戸隠・苗名滝編に続く

2004年に戻る