魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

太良峠で、あのダーさんに接近遭遇!!

【2004年7月18日】
勝沼I.C~塩山~東山中部林道~塩平~フルーツライン~杣口林道~焼山峠・乙女高原~水ヶ森林道~太良峠~塩山~R20・新笹子トンネル~黒野田林道~都留~35号・四日市場上野原線

 「水ヶ森林道」…なんて美しい名前なんだ…
 一度行ってみたいと思いつつ、どこにあるのかも知らなかったこの林道。実は山梨を代表する超有名林道と知ってビックリ。しかも、地図で調べたら何度も前を通り過ぎているではないですか。これは是非とも行かねば!と思い、あたふたと支度をしたのでした。


 天気予報が曖昧だったのですが、思いきって出かけることにしました。というわけで連休だというのに出発は8:30過ぎ。やっぱり渋滞に巻き込まれてしまいました。抜け道を抜けまくって相模湖I.Cに到着できたのは約1時間半後。やれやれ…。

 10:20勝沼I.C到着。来てみれば上々の天気ではないですか♪
 塩山駅近くのガードをくぐってすぐ左に折れると、いつもの不思議なビルが目に入ります。この季節、よりいっそう“緑”が引き立ちますね。(笑)

 いつもの調子で何の疑問もなく38号を走ってきたのですが、地図をよく見たらなんと、目指す31号は笛吹川のもっと下流じゃん!
 R140を下って八幡橋西詰交差点を右折。窪八幡神社に突き当たって、ここからしばらくは果樹園の中の細い道を徐々に登って行きます。


 結構な登りです。しかもうねうね(ワキ道アリ!)


(クリックすると大きな写真に♪)
 道の傍らにこのようなモノがっ!!(怖…) 

 川沿いの登り坂を大きく右へ曲がった先で、細く右へ分かれていくのが「東山中部林道」の入り口です。こんなにわかりやすい道標が立っています。来た道をそのまま直進すれば太良峠→水ヶ森林道に至ります。
 しか~し!この林道もダートが多いとのこと。このまま水ヶ森に向かってはモッタイナイ♪早速アタックです。

 このあたりは舗装路です。たまに道端に重機がいます。
 ちょっと走ると山梨市から牧丘町に入ります。

 赤芝の集落で県道206号からの道と合流します。
 大きく左に切り込んで先へ進みます。
 右手下のほうに何軒もの民家が見えます。

 いよいよダートの始まりです。

 うーん、なんか落ちてるし…。

 草ボウボウだし、枝出てるし…。

 ここがウワサの最狭地点か!?

 ツーリングマップルによると断続的に6.5kmだというダートですが、全般に道幅広く、大したクレバスもなく、走りやすい印象でした。しかし、季節柄か草木の生い茂りによる“夏限定?”ブラインドコーナーが多く、下ってきたオフ車に驚いたこともありました。
 でもすれ違ったのはその1台だけで、あとはX-TRAILオンステージ♪(笑)動撮なんかして遊びました。
 ところで、左手に現れたこの立て札。ちょうど木の下闇の暗いあたりで薄気味悪く、そのまま通過してきてしまったのですが…???

 最後はスルスルと下って塩平到着。
 「楽しかったねー、また来たいねー」と話しながら左折するとなんだか「通行止め」の赤い文字が…。
 なんと、「焼山峠」へ向かう「焼山林道」が通行止め!!
 オー・マイ・ガーッ!!
 …なおも未練がましくウダウダしていると、上から降りてきたバイクに手で「×」されてしまいました。乙女高原でお昼にしようと思っていたのに、トホホ…。
 時に11:41。トランクで出番を待つおにぎりの運命や如何に!!

 仕方なく県道206号を駆け下り、フルーツラインから「杣口林道」を爆走して「焼山峠」に到達12:28!
 そしてトイレ休憩です。ここのトイレは水洗でペーパーも完備。(昆虫少なめ♪)登山客の皆さんもマナーよく使っている様子です。

 焼山峠側のゲートももちろん閉まっていました。
 「林道改良工事」だって、ちゃんと調べてから出かけろよなァ!って、もう。

 あー、もう、あのすぐ下のあたりまで来ていたんだよね。(泣)

 さて、ようやく乙女高原に着きました。12:38。楽しいランチです。
 まずは湯沸しから。
 後部に常時搭載やかん出動です。

 さすがに標高が高いだけあって、カップ麺もほらこのとおり!

  <本日のメニュー>
    おにぎり×4(梅干入りで無事♪)
    一平ちゃん/とんこつ味
    スープパスタ/野菜カレー
    スープ春雨/ワンタン

 スープパスタはよくかき混ぜないと…。



いつもながら、乙女高原の美しい白樺と青い空を眺めながらのランチは最高です。
 周囲の湿地散策に来ているハイカーの車も多かったです。


 アラ?左のアンテナが畳まれているのは、もしかして林道の木立のいたずら…?(笑)

 ランチ終了後、いよいよ本日のメインイベント、水ヶ森林道へ突入です。
 走り出すとすぐ右手に「水ヶ森支線」(一般車両通行禁止)があります。手前に車が1台停まっている???と思ったら、そばでお弁当展開中でした。

 5分も走ったでしょうか、突如左の空に富士山が!!

 あとはひたすら爽やかな木立の中を走り続けます。白樺のものすごい大木があったりと、、森林の様子は美しかったです。
 そのうち右手に「荒川支線」(一般車両通行禁止)、左手に「一ツ木水ヶ森林道」が分かれていきます。地図を見ると「一ツ木…」のほうは全線ダートで、東山中部林道に接続しているではないですか。行ってみたいと思いましたが、次回の楽しみにとっておくことにしました。
 よく見かけるこの新しい看板はとても親切で助かります。

 「一ツ木…」との分岐を過ぎてしばらく走った緩い左カーブだったでしょうか。
 kiri「後ろ来ちゃった」
 見るとミラーに黒いメットバイクが。慌てて道を譲ると青いジャケットの残像を残して、
 「あっ」
 という間に走り去って行ってしまいました。しかし、どうも見たことのあるような…???
 「まさか、ね。アハハ…」
 と、かぶりを振って走り続けるとまた右分岐が。今度は「帯名山線」です。知りませんでしたが山梨百名山のひとつのようです。

 などと言っているうちに水ヶ森林道は終わりのようです。大きな三叉路に出ました。
 と、なんだか右手のほうに展望が開けているようです。車を置いて歩いて行ってみました。
 すると、なんと本日一番の景色が広がっているではないですか!!…あとで地図を見て、甲府盆地を一望する有名な「太良峠」と確認。調べて行けよなァ!って、もう。

 その素晴らしい景色をバックに、青く輝く1台のバイク。見たことのあるよ~なリアボックスに目を引くピンクのナンバー。そして「日○市」の文字…!!さらに決定的なkiriの一言
 洗濯バサミついてるよ」
 こりゃもう、ダーさんに間違いないッ!と思った30、本人は絶対近くで写真撮影中に違いないと踏んであたりをキョロキョロ。するとまたもやkiri
 「いたー!!(笑)」
 振り仰いだ展望台のようなところに発見!、思わずkiri
 「ダーさんですか?」
 と聞くと
 「そ、そうですが」
 まさに奇跡的な遭遇でした。

 この日のダーさんは中津川林道から川上牧丘林道を越えて、朝から数々の“障害”を乗り越えての山梨入りだったそうです。詳しくはダーさんのHPダー岩井の写真館へようこそでどうぞ!楽しいツーリング写真や胃袋サイズ拡大間違いなしの“大盛り”情報が満載です。kiri家でもよく見ていて、30などは大のダーさんファンです。
 そんなわけで、舞い上がりまくりの30をダーさんの横に並べて記念写真
 このあと1時間くらい、30は地に足が着いていませんでした。

 笑撃の出会いに浮かれっぱなしのまま、塩山市街までたどり着きます。
 30はヘラヘラして危ないので、メインストリートの「く○がねや」Pでkiriと運転を交代します。このときも、すぐ隣に「シャ○レーゼ」を発見して何も考えずに普段食べないようなアイスを買って食べていました。完全にどこかクラッシュしている模様。(笑)
 あとで知りましたが、この頃ダーさんも巨峰ソフトを手にしていたとは、まったくの偶然ですね???

 なんとか気を落ち着けて、でも、もうこの日はこれで帰ることにしました。
 不完全燃焼の30は、笹子トンネルの先から「黒野田林道」で都留に出て下道で帰ることを提案。R20で新笹子トンネルを抜けます。
 黒野田は昨年秋に一度走っている、見通しのいい全線舗装路です。
 

 夏に来てみると緑が生い茂って案外に狭く感じます。きれいな舗装路なのですが、見上げればこんなところもあったりします。大規模な崩落はないものの、なんじゃコリャ、おいッ!と言ってしまうような落石(ほとんど岩?)はゴロゴロありました。
 でも中央道方面にスカッと空が開けていて、とても気分爽快な道です。

(クリックすると大きな写真に♪)

 山の襞をいくつも巻いて、ようやく南西側の景色が望めるPまで来ました。黒野田林道のPはここ1箇所だけです。東屋があります。

 向こうの山の後ろに富士山が見えています。
 今日は一日、どこかで富士山に見守られていたような気がします。
 都留に向けて一気に下ると、右手にむささび関係の展望台やトイレなどがあります。

 近所のスーパーで晩の買い物をして18:34に帰宅。出だしはどうなることかと思いましたが、終わってみればそのとおり、距離のわりに大変なことのあった1日でした。(笑)
 ダーさんとは、その後も掲示板などでお話しさせていただいています。
 走り続けていれば、きっとまたどこかで出会えるはず
 ドライブの新たな楽しみがまた少し、いや大いに!!広がりました。

2004年に戻る