魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


【2004年7月4日】
相模湖I.C~甲府南I.C~R358~R139~R300~37号・南アルプス公園線~広河原~37号・南アルプス公園線~丸山林道~県道413号・平林青柳線~R140~R358~甲府南I.C~都留I.C~R139~35号・四日市場上野原線

 昨年、時間帯通行規制で通れなかった「南アルプス公園線」の奈良田から先、白鳳渓谷沿いの一方通行路を走りに行きます。
 以前は広河原方面への開門時間が午前の早い時間だけだったのですが、この7月1日から午後1:00にも通れるようになったので、早速出かけてみることにしました。


公園線編


(クリックすると大きな写真に♪)
 来たときは気付きませんでしたが、広河原入口の鉄橋横の斜面がこんなに崩れています!
 右のほうへ道は続いていますが、もちろん通れません。


 あの上にあるのは、夜叉神峠に向かう道のようです。
 現在は通行止めです。


   それもそのはず、まわりの山は崖崩れだらけです。


 舗装と未舗装が入り混じった道を奈良田へと戻ります。


 おっと、こりゃまた大きな崩れだ。
 法面の吹付けコンクリートがはがれて“中身”が出ています。


 どうやら“足元”からイッちゃったようですね。


 どこもみな一応通れるようにはなっていますが、こんなところがまだまだ何箇所もあります。


 夜叉神への道がだんだん高度を上げていきます。


 路肩を示す紅白の棒が立ち並ぶカーブを曲がると、


 うわっ、山にあいた「小さな穴」みたいなトンネルが! 



突入!

ギョェ~~!カーブしてる~!



出たァ~!と思ったら、

まただぁぁぁ~!!



今度は短かめッ!

また次のカーブぐゎぁ~!!



道は、ぐにゃん!

ぐにゃん、だしっ!


 恐ろしく高いところに道が見えます。いや、道は見えませんが、あの人工構造物の下には道があるものと思われます。


 大規模な崩落がありました。
 と思ったら、その上にさらに道らしきものが…???
 


 やはりそうかもしれません。だって、もっと奥にも見えているじゃないですか!!
 スゴ過ぎる…。


 さあ、そんなことに驚いている場合じゃあない、次のトンネルが迫ってきました。


 入口の看板には「進入注意」と書いてあるようですが、向こうまで一直線に見渡せるこの一車線幅のトンネルの、どこにどう注意をしろというのだぁぁ~~~!!
 
万が一危険があったとして、どこに逃げろというのだぁぁぁ~~~!!



い、一直線でも怖い!

おっと、右へバウンド!


 いやー、右は超落石注意だし、左はガードレールがないし…


 うがぁー!!
 タダでさえ狭いトンネル内にガードレールの残骸を置くナァァァ~~~ッ!!


 しかも、舗装路かと思えばひどい振動!



振り向けば後続車ががが舌を噛む!

左へジャンプ!



出ればこんな道。

なんだなんだ、この先なんだ?


 工事中かよ!(もう珍しくない)

 左は結構なガケなんですよ。



な~んて思う間もなくまたもや!

あ~出口の向こうはまた断崖か…



同じような道路状況ですね。

WOW!!ローリング!!



水気の多いトンネルを…

抜けると…


 あー、やっと広々とした景色が広がったかな。
 少しホッとします。


 …やれやれ、またトンネルが。
 今までトンネルの“中の様子”ばかりをコワがっていましたが、実は“外側”から見るのも、ものすごくオソロシイことだったりして…!!
 どうしてそんなところに「穴」が開いているの???ってな感じで。

 どう見ても自然に対して無理がある。



あんなところや

そんなところに、



何が何でも

道を作ってしまう



人間の「征服欲」

のようなものを


 見た思いがしました。

 そして奈良田まで帰ってきました。


 広大な河原にも、やはり機械が入っているのでした。 こんな山奥なのに。


 さて、いよいよ、
丸山林道へ突入します!!


 昨年の初走行はkiriの運転だったので、今回は「是非とも!」という本人のたっての希望で、30がアタックします。(15:35)


2004年に戻る 公園線編 丸山林道編