魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


【2004年7月4日】
相模湖I.C~甲府南I.C~R358~R139~R300~37号・南アルプス公園線~広河原~37号・南アルプス公園線~丸山林道~県道413号・平林青柳線~R140~R358~甲府南I.C~都留I.C~R139~35号・四日市場上野原線

 昨年、時間帯通行規制で通れなかった「南アルプス公園線」の奈良田から先、白鳳渓谷沿いの一方通行路を走りに行きます。
 以前は広河原方面への開門時間が午前の早い時間だけだったのですが、この7月1日から午後1:00にも通れるようになったので、早速出かけてみることにしました。


公園線編

 精進湖では、皆さん一列に並んで釣りをしているようです。
 まずは身延方面へと向かうのですが、R52をテレテレ南下するのもタルイので、本栖湖まで駆け上がって下部へ駆け下りることにしました。


 快晴の空の下、快調にドライブです。
 このX-TRAIL・洋子号は、上り坂は弱いくせに下りになると俄然元気になってしまうというお調子モノです。


 道の駅「しもべ」に到着です。
 ひと休みします。


 道の駅自体が「ふるさと振興館」になっているようです。


 敷地内には、巨大な岩山を利用したこんなモニュメントがあったり…


 そこにが架かっていたりして、結構楽しめるようです。
 今日はアルプス走行に備えて体力を温存するため、偵察は日を改めて。


 富士川を渡って、いよいよ「南アルプス公園線」に入ります。
 今日はちゃんと通行時間規制をチェックしてきたので、広河原まで行けるはずです。


 奈良田までは通行規制がありませんが、実際にはかなり狭い部分もあります。このバスはどこまで行くのでしょうか?奈良田手前の「西山温泉」でしょうか。


 狭い道を一所懸命走っていましたが、奈良田の手前で先を譲ってもらいました。


 奈良田湖が見えてきました。いよいよ奈良田側の通行規制ポイントです。


 奈良田に到着です。(12:27)
 しばらくすると先ほどのバスがやってきて、ここで折り返して行きました。
 そんなやる気の皆さんを尻目に、我が家は店を広げ始めます。そうです!お馴染みのkiri家ランチタイム♪


 昼間のいい時間なのでたくさんの車が来ているかと思いましたが、ゲート前には10台ほどしか並んでいません。
 時間規制変更後、最初の日曜なのに、ちょっと拍子抜けです。もう少し多くいると思ったのですが…。


 おっ!13時の開門を前にゲートの前に並んでいた皆さんが動き始めました。(12:50)
 まだ10分前ですが、もうこちらに向かっている車はないのでサービスしてくれたのでしょうか?


 そして誰もいなくなったゲート前…。(12:52)


 こちらは先を急がないので、ゆっくりと食後のコーヒーなどを楽しんでから出発です。(13:03)


 この先はどんな道なのでしょう。時間帯によって一方通行になってしまうということからしても、かなりすれ違い困難な狭い箇所があると思うのですが…


 広河原までは17kmです。
 初めて通る道なのでちょっとドキドキです。


 いや~!!早速狭いトンネル発見です。しかも、すぐ右に斜めにもう1本掘ってある!!
 ふと左を見ると、かなり大きな、そして古びた砂防ダムもあります。


 トンネル突入!
 ブレちゃってますが、かなり狭くて怖いトンネルです。
 なんといっても壁が見慣れた平らなものではなく、デコボコとしているのが恐ろしいです!!


 渓谷沿いを伝って行くので、ところどころにこんな滝がありました。


 おや、川を隔てた向かいの山腹に道らしきものが見えます。
 もしかしてアレは、現在通行止めの「夜叉神トンネル」つながっている道でしょうか???



 
むっちゃくちゃ、コワイですぅ~~~!!
素掘りのトンネル
には、なんとも言えない雰囲気があります…。
 
(どう見ても1車線だし!)


 へー!
 やっと恐怖のトンネルを抜けたかと思うと、目の前に迫る大きながけ崩れ!!


 と、よそ見をしている間もなく、またもや次のトンネルが!!(しかし、なんつーところにあるんだ)

 道幅はたまにどうしたんだと思うくらい広いところがあったりもするのですが、トンネルのほとんどは1車線分しかないのですね。だから時間帯によって通行方向に規制をかけているわけだ!実際に通ってみてようやく納得。


 あんな沢や、


 こんな崩れを左右に見ながら…


 広河原に到着しました!!(14:17)


 こっ、ここが夢にまで見た(見てないって)広河原かっ!!

 南アルプスの山々がまわりを囲っています。
 なんとも言えない雰囲気です。


 なかなか、象徴的な木があったので写真に収めてみました。

 
来てみるとずいぶんたくさんの車がいます。山支度の人が何人も、車のトランクを開けて装備を解いていました。朝早くか、もしくはきのうから泊りがけで山登りに行ってきたのでしょう。


 周辺の探索をしてみます。
 登山客のためのものでしょうか?ここ、広河原にはバス停があります。一般車両通行禁止の北沢峠まで行くようです。
 しばらくして1台のバスが北沢峠へと出発していきました。


 そして、あのゲートの向こうへと走り去って行ったのです。
 とっても頑丈そうなゲートは電動式でした。


 北沢峠までは10kmの道のりのようです。
 この先にはどんな景色があるのでしょうか。それは自分の足で歩く人にしか見られないもの???


 ウワサをすれば、その自分の足で歩いてきた人たちが、大勢帰ってきました!!


 ちょっと、ゲートの先を見に行ってみます。


 なんじゃ、このミラーは!?
 いったい
どこを見ればいいの…。


 吊り橋の架かる川は、結構川幅があります。


 支流の奥のほうを見上げると…
 アレはもしや、万年雪!?


 吊り橋に到着です!
 来てみると意外に狭いです。


 下流には、奈良田から走ってきて最後に渡った橋が見えます。



(クリックすると大きな写真に♪)
 川に支流が流れ込んでいる、そのほんのちょっと上流のところにいるようです。


 ゲートまで戻ります。
 
ゲートの管理小屋はホントに“小屋”って感じでカワイイです。
 その左奥に赤い屋根の建物が見えます。


   こちら。


 アルペンプラザ広河原」です。
 登山を楽しむ方々には重要な場所なのでしょう。
 中には売店やトイレ、それに北岳周辺の立体模型や山の写真なども展示されていました。
 「へぇー!」と思ったのが衛星電話です。そういえば、携帯も使いモノになってないですもんね。
 おまけにここは午後4時には閉まってしまうようです。さすが、山の夕暮れは早い! 


 山の案内板も、山らしく、石組みで縁取られています。 


 あーらら、帰る車がこんなに列を作っています!(14:36)


 でもまだ時間があるので、下の川辺まで降りてみます。
 釣りをしている人がいました。こんなところだとヤマメとかがつれるのでしょうか、きれいな流れです。これも南アルプスの天然水ですね♪


丸山林道編