魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

代車TRAVIQで 富士山五合目へGO!

【2004年9月14日】
厚木I.C~御殿場I.C~県道401号・御殿場箱根線~R246~23号・御殿場富士公園線~県道152号・富士山スカイライン~富士山新五合目~県道152号・富士山スカイライン~23号・御殿場富士公園線~R249~R138~御殿場温泉会館~R138~山中湖~県道729号・山北山中湖線~R413・道志みち

 フォレスター納車までの代車として受け取った「SUBARU_TRAVIQ」。2駆でエアロつき。(笑)
 いわゆる“ミニバン”の走りはどのようなものか確かめるべく、富士山新五合目まで行ってみたのでした。

 出発はのんびり、11:30過ぎでした。
 厚木I.Cから御殿場I.Cを目指して東名高速に乗ります。


 途中、雲の切れ間から富士山の頂上付近が見えました。


 御殿場I.Cに到着しました。所要時間は40分弱でした。


 おっと、いきなり、kiri家大好物(違うだろ)の
 「片側交互通行」
 か…?


 ピンポーン、正解です。
 有名なバラライカ&名鉄菜館前です。


 御殿場でも雲の切れ間から富士山山頂が見えます。



 県道401号からR246に出るところで、30がマンホールを発見!即座にそばにあったAコープに入ります。
 Pに停めたら隣に軽自動車がいました。
 大きさを比較してみると…そんなに大きな車ではないようです。


 「ごてんばマンホール」です。
 昔走っていたD52がデザインされています。




こんなカワイイ仕切弁がっっ!!


 あ~、路上に何か色のついたものがあるなぁ~???と思って停まって見ると、なんてカワイイ「ピヨ弁」!!
 いくつか採集してみたところ、これには右下の番号の部分がありません。よーく見ると、全体に少しずつ違っています
 なんだか「間違い探し」みたいです。


 これは「75番」と同じです。
 鳥は御殿場市の鳥「クロツグミ」でしょうか。


 こんな仕切弁もありました。仕切弁と同じく、鮮やかな青が目立ちます。
 マークは御殿場の市章です。


 こちらは消火栓です。




消火栓といえば、火の用心

さすが、富士山のお膝元、なんともインターナショナルな図柄です。
「の」と「用」の間にあるのは“まとい”ですか!?


 水ヶ塚駐車場にやってまいりました。富士山からは雲がとれかけています。


 本日のメイン、TRAVIQ・代ちゃん号の記念撮影です。


 これから富士スカイラインを登ります。この時点で13:40です。


 おやっ!


 徐々に富士山が見えてきました!!


 車をおいて富士山撮影に取り掛かります。




富士山のお出ましです。


 こんな富士山や、


 こんな富士山も撮れました。


 おやっ!あそこに見えるのは富士山新五合目?
(クリックすると大きな写真に♪)


 山頂付近ははっきり見えています。


 車に戻り、ドライブ再開です。
 TRAVIQは車体重量が軽いせいか(???X-TRAILと変わらないはずなんだけど…)、快適にスカイラインを登っていきます。


 標高を上げていくと、どんどん視界が開けていき、雲もなくなってきます。


 視界が開けると、遠くの山が見えてきました。


 富士山山頂付近の見え方もずいぶん変わってきました。


 

新五合目に到着しました!!


 山頂付近のアップです。


 GPS受信機によると標高は2382mです。まあ、多少の誤差はありますけど…
 時間を見ると、30分程で登ってきたようです。


 視線と同じ高さに雲が湧いています。
 高いところに登ってきました。


 下のほうにも車道が見えます。
 うねうねと登ってきました。




どうやら南アルプスまで見えているようです。




右のほうの大きな山を拡大してみました。


 アラ、こんな車が♪


 「目合五」です。
 左側の写真は撮り忘れました。


 新五合目の車の数は少ないです。
 TRAVIQ・代ちゃん号はさびしそうです。


 kiriがあまりの景色に見とれています。




そりゃあ!…見とれるでしょ!!ね!(by kiri




斜面の植物がグラデーションのようになっています。


 車は停めたいほうだいです。
 しかし、道はくねくねです。


 でも、雲が視線と同じ高さにあると不思議ですね。


 拡大するとこんな感じ、成長しているようです。


 さて、そろそろ降りましょうか?


 降り始めました。




やっぱり南アルプスの山々はきれいですね。


 来るたびにいろいろな表情を見せてくれる、富士山新五合目、通行料金がタダなので、またちょくちょく来たいと思います。
 ありがとう、富士山!!


 下りは20分程で降りてきたようです。
 気をつけて帰ります。


 さて、途中のマック(246御殿場店)でサッサとお昼を済ませ、「御殿場温泉会館」にやってまいりました。
 ココで今日の汗を流します。


 おや、あそこに階段がありますね。


 富士山の展望台のようです。
 今日は散々富士山を見てきたからもういいですかね。
 (こういうのを見るとゼッタイ登ってみたくなりませんか?by 30)


 おお、下足ロッカーの30が空いている!


 ああ、貴重品ロッカーも30が空いている!!


 コレ、なんだかわかりますか?
 温泉会館のフロントのカウンター上には、これがドサッと置いてあるんです。なんだろうと思っておばさんに聞いてみると、
 「ゆで卵のカラ入れです」
 なんて親切なんだっっっ!!!


 なるほど、開いてみるとちょうどいい大きさです。(写真はモデル入り)
 また館内放送で、
 「ただいま温泉たまごがゆで上がりました。1コ40円です」
 などと案内が流れるんです。ゆでたてのあったかいのが食べられるんですね♪
 そういえば、以前大和村の天目山温泉に行ったときも、
 「ヤマメがおいしく焼きあがりました」
というアナウンスを聞いて、いたく感じ入ったことがありました。(笑)


 ちなみに、ここではこんなサービスカードをくれます。


 スタンプが10個たまると、タダで1回入れます♪


 駐車場にこんな車がありました。
 思わず、乗りたくなっちゃいますね。

 なんて言ってないで、さっぱりしたので帰りましょう。




山中湖に向かい、道志みちから帰ります。
途中、富士山がまた雲に隠れてしまいました。


 あら、看板の下に誰か突っ込んだの!?




と思ったら雲がなくなっていました。


 山中湖畔にやってまいりました。
 あまりにきれいなので直接道志みちには行かずに湖を一周してみます。


 ここはkiri家の近くを流れる相模川の源流です。
 ココが川の始まり部分です。


 「桂川流れ出し」です。


 川への注ぎ口付近にはこのような看板があります




こんな解説版もありました。



源流付近にオオハクチョウがいました。なにか食っています。





泳いでいます。こっちを見ているのでしょうか?


 かゆ~~い!!


やっぱりかゆい…


動きが止まりません。




山中湖からもこんなきれいな富士山が見えました。


 kiriはハクチョウに無視されています。


 夕焼けと富士山もきれいです。




とってもきれいです。




湖面に映る富士山もまたきれいです。




場所を移動したら日が落ちてしまいました。
でも、日没後もきれいです。


 端のほうはこんな感じです。




ちょっとぼけていますが、逆さ富士もゲットです。


 TRAVIQ・代ちゃん号も記念撮影です。


 帰りは道志みちを疾走しました。


 到着しました。
 昼からの出発であまり距離は伸びませんでした。

 
 昼前までドライブレポートを書き、そのあと出かけたのですが、午後から夕方にかけてちょうど富士山から雲がなくなり、絶好の富士山ビューになりました。静岡側から山梨側から何度もきれいな富士山を思いっきり満喫できました。

 ドライブといえば、道が混むのを気にして早出・早帰りを心がけるものですが、のんびり温泉に浸かってゆっくり帰ってくると、こういうイイこともあるんですね。
 同じ場所でも季節や時間が違うとまた楽しめるといういい例だったと思います。

2004年に戻る