魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

TRAVIQ・代ちゃん号ラストラン、 霧中で腹ペコ奥多摩走行

【2004年9月23日】
県道510号~R412~R413・道志みち~県道729号・山北山中湖線~R138~県道150号・富士あざみライン~R138~R139~リニア見学センター~松姫峠~小菅村~R139~奥多摩湖~R411~45号・奥多摩青梅線~都道251号・青梅日の出線~31号・秋川街道~武蔵五日市~32号・秋川街道~61号・山田宮の前線~46号・八王子あきる野線~R20~藤野~76号~藤野やまなみ温泉~県道517号・奥牧野相模湖線~R412~自宅

 TRAVIQの返却が明後日と決まりました。
 最初は文句を言っていたものの、乗り慣れてくれば結構快適で、30などはかなり愛着もわいてきたほど。
 今まで知らなかったSUBARU車の乗り心地を堪能させてくれたことのお礼に、ぜひ代ちゃんで「1000km走行」をしてあげようと思い、雲行き怪しい中、富士山方面に向けて出発したのでした。




今日はラストランだし、祭日でもあるので久しぶりに早めの出発です。(8:17出発)
 珍しく、高速を使わずに行ってみます。「道志みち」で山中湖まで行く予定です。まずは新小倉橋を渡ります。



(クリックすると大きな写真に♪)
目の前を面白そうなゴミ収集車が走っていたので、撮ってみました。なんと名古屋ナンバーです。
どおりで、このあたりじゃ見かけないタイプ???




最近の道志みちは道路整備が急速に進んで、とても走りやすくなってきています。
これは青根あたりに新しく出来た迂回路と、そこに掛かる橋です。




kiri家得意の片側交互通行で停まったときのワンショット。
アベックツーリングでしょうか。信号待ちで軽く言葉を交わしたりしながら、カッコよく走っていました。
 そういえば、このときは上下線共にたくさんのバイクを見かけました。
普段私たちが高速ワープをしているあいだ、ライダーたちはこういう抜け道を走って
“現地”に先回りしているのでしょうか???

 

「道の駅どうし」を過ぎ、山伏峠への登り途中から霧が出てきました。
これでは富士山は拝めそうにありません。結構な濃さです。
なんと、トンネルの中まで霧が漂っていました!
抜けても同じようでしたが、少し下ってグーシーハウスが見えてくるころには霧は晴れてきました。




山中湖に到着です。やっぱり富士山は見えません。
雲の薄いところなど、太陽が透けて見えそうに明るいときもあったので、
「上に出れば雲海!?」と、淡い期待を抱いてあざみラインを登ってみることにしました。
 平野方面には戻らず、そのままスワンポイントをかすめて南岸に出ます。




我が家がよく利用する、お馴染みのトイレです。忍野方面から来ると、「ロイヤルホスト」のあるところです。
湖畔の道路は往来が激しくなかなかPに入りにくいのですが、ここはちょっと広くて見通しがいいのでラクに出入りできます。
このトイレは10年ほど前に初確認しましたが、今でもたいへん掃除が行き届いていて、安心して入れるところのひとつです。
夜かなり遅い持間でも、煌々と明かりがついているところもホッとします。
道は空いていましたが、村役場の手前を右折して篭坂峠への近道を通ります。


 

突如、事故発生!!
50mぐらい前を走っていたワンボックスが、見るまに道路下の草地?に落下したのです!
スーッと右に寄っていくので「右折かな」と思っていたら、すごい急角度で降りた?…落ちたかっ!!草むらの中で停まりました。
うちとうしろの軽トラが停まって様子を見に行くと、
白樺の大木をなぎ倒し、へし折って
、やっぱりどう見ても落ちています。
中で人が動いていますが、ドアが開かないようです。


 

ようやく出てきた運転手のおじさんは無事でした。
そこへ通りかかった地元のお弁当屋さんが、親切に近くの整備工場へ電話をしてくれましたが、今日は祭日でお休みです。
落ちたおじさんは会社が御坂だそうで、電話をして車と人を呼ぶことにしました。
よく見ると大きな木を一本丸ごと切断しています。
しかし、この木のおかげで横転しないですんだようです。




 やー、それにしてもケガがなくてよかったです。
 路肩を少しはずれると急な土手で、間違いなく横転か、さもなくばひっくり返っていたところです。
でも、ちょうど白樺に当たったので、木がバネになってくれたのですね。
 確かに、ブレーキは踏んでいなかったようだったし、減速した様子もないのに道路の外へ頭が出たあたりで
一瞬止まりかけたように見えましたから…。


 

連絡もついたようだし、大丈夫そうだったので、ドライブ続行です。


 

富士五湖道路の下をくぐって、富士あざみラインを登ります。しかし、富士山は全く見えません。
急坂を登っていくチャリダーはいつも見かけます。


 

おや、このあたりでもキノコ採りの人がいるのでしょうか?演習場のそばだというのに、勇気がありますね。
運転していた30は、 「ずいぶん急角度に突っ込んで停まっているなぁ…?」と、思ったのですが…。


 

 霧の中を登っていきます。五合目に到着しましたが、結局霧でなにも見えませんでした。おまけに寒いっ!
早々に退散します。




 登るときはキノコ採りかと思って通り過ぎた車ですが、よく見ると後輪が浮いています!
やっぱり「落ちた」んですね。ハザードを焚いて、運転手も誰もいません。
しかし、どうやって突っ込んだんだろ?(路肩の傾斜は写真で見るよりスゴイ)




 来た道をそのまま戻って、今度は富士吉田方面に向かいます。
途中、さっきの事故現場をまた通ったのですが、乗用車が1台と人が1人来ていました。
でも、ありゃあレッカーじゃ…吊らないとダメかも…!!新しくできた道の駅のレーダードームです。 




 いつも気になる神社前に並んだ耕運機です。


  

今日は天気はよくなかったのですが、マンホール系はいっぱい採取できました。


 

これはカラー/角型の「制水弁」です。




 富士吉田市ですが、道の真ん中に鳥居があったので写真に収めてみました。
ここはメインストリートのようです。




今日はマンホールをよく採取します。あたりには極彩色の制水弁がワンサカあります。




R139を大月方面に向かうと西桂町を通過します。
これは「にしかつらマンホール」です。町の鳥・シジュウカラがふっくらしていてかわいいです。




 都留市に入りました。これまたマンホール、「つるマンホール」です。


 

 さて、以前から気になっていた「リニア見学センター」を見に行きます。
 いつもそばを通っていますが、見学に行くのは初めてです。




センターに到着です。何やら黒塗りの車がたくさん出入りしています???
今日は祝日で走行実験があったようで、たいへんな賑わいでした。どうりで、エラそうな人たちがいたわけです。
 しかし、午前の走行実験が終わった直後でリニアを見ることはできませんでした。



山梨放送の車です!取材に来ていたようです。




老人会や子供たちでごった返す見学センターは早々に退散します。
 だんだんおなかが空いてきました




 大月市のメインストリートを通ります。またもやマンホール収集、「おおつきマンホール」です。




 「岩殿山」です。むき出しになった岩が迫力です。城址公園のようなものがあるようです。


 

 R139を小菅村へ向かいます。一応国道ですが、結構狭い箇所もありました。
 国道のクセに「落石多し」とのことです。


 

空腹が限界に達しつつあったので、国道の脇の空き地で本日のお昼にします。すぐ下に葛野川の流れがあります。
お湯を沸かします。 実は工夫をしています。
ペットボトルに「お湯」を入れて毛布で包み、クーラーバックで保温して持ってきています。
これで、水から沸かすよりもだいぶ早く沸きます♪




本日のメニューです。なかなかおいしかったです。



お昼は終了し、「松姫峠」を目指します。ここは葛野川ダムのダム湖です。




 いきなり松姫峠に到着です。
 かなりの高所を走るので絶景を楽しみにしていたのですが、途中の道筋は濃霧で何も見えませんでした。(泣)
 もし見えていればこんな景色が広がっていたはずです!!


 

ここは大月市と小菅村の境のようです。
「峠」とはいってもしばらく尾根すじを通るので「V字」にはなっていません。




しかしなんでしょう、この看板!!
“県内車”だろうがなんだろうが、落ちるときゃ落ちると思うんだけど!!(さっきもいたし…)



(クリックすると大きな写真に♪)
 先ほど登ってきたあたりに先日通行止めだった「真木小金沢林道」の未開通部分があったようです。




小菅村に向かって下り始めましたが、こちらも霧で展望などまるでありません。
このあと、登る前から気にしていた燃料警告灯がともり、
小菅村役場近くのスタンドで給油するつもりでしたが、何かイヤな予感が…
案の定「休み」で、向かいの自動車修理工場の人に聞いてみたところ、
いつもは予備があるのだけれど、やっぱりガス欠で困ってやってきた車に分けてしまったとのこと。
「ダムの下に開いてるとこ(スタンド)あるよ。10分ぐらいだよ」
との話に、お礼を言ってドキドキしながら走り出しましたが、行けども行けどもダムは見えず…。
降り出した雨に緑の湖水が不気味に煙り、あたりもどんどん暗くなってきて、焦る気持ちを掻き立てます。
そのときでした。ラジオから「イチロー、ヒット4本!」のニュースが!!
ありがとうイチロー、おかげでどれほど元気付けられたことか!!
結局20分ぐらいも走ったでしょうか、トンネルの向こうにやっとスタンドの灯りを見つけたときは、
「ほぇ~~~っ…」と、体中の力が抜けるようでした…。
思わず20リッターも入れてしまいましたッ!!
もう、そこから「小菅の湯」に戻る気力はなく、相模原に向かって帰ることにしました。




みなさん、ガス欠には気をつけましょう。特に山中では!(マジ、JAFのお世話になるかと思った)



途中、青梅のあたりで渋滞に遭遇。 ふと外を見るとカワイイ看板があったので撮ってみました。




 五日市まで来ました。
道を間違えて警察署の裏でUターンをしようとしたら、マンホールではありませんが、きれいなタイルを発見。
kiriが大好きなキセキレイです♪


 

 ここからマンホール3連発です。まずは「五日市マンホール」「あきる野マンホール」(ミニ)



そして、「五日市おすい」(ミニ)です。




秋川街道でカッコイイ重機たちを見つけて激写!!
通りかかったおじさんにヘンな目で見られてしまいました。(笑)




秋川街道・上川橋そばのわき道です。以前、このあたりが大渋滞していた際、
カーナビを頼りにプリメーラでこの超極細の道から出てきたことがあります。(クラウンは引き返してきた…)
こうしてあらためて見ても、恐ろしいくらいに狭いです。
「今だから言えるけど、あのときドアの外、3cm無かったもん!!ガードレールまで…」(30談)




いつも通るあたりまで戻ってきたのでホッとして、「藤野やまなみ温泉」に寄って帰ることにしました。
 今日はさんざん肝が冷える思いをしたので、じっくり温まってやるつもりです♪(苦笑)



あ~♪露天のライトアップに光る霧雨が美しい…ようやく帰宅です。


 今日はTRAVIQラストランで結局1000km走行は達成しました。しかし、雨や霧でほとんど視界が開けず、写真は少なめでした。「松姫峠」はこんど晴れたときにでも行ってみたいと思います。(by kiri)

 「エアロ付きでトッポい車!」とかって、最初はちょっとやだった代ちゃん号。でも、ひざの裏までしっかりサポートしてくれる長めの硬いシートに広いフロントウインドゥは不思議と馴染みが良くて、慣れると超快適♪ベンチタイプの後部座席も謎のアイポイントの高さですっごいラクチン!!なんだかこのまま乗っていたいような気にもさせてくれた車でした。2駆の飛ぶような軽さは文字通りスカートの裾をはためかせるようで、私の知らなかったSUBARU車の走りをシッカリ教えてくれました!
 「立派な代車人生を歩んでネ!」と、感謝の気持ちをこめて労いました。 
 TRAVIQ・代ちゃん号、1000kmも付き合ってくれてありがとう!!(by 30)

2004年に戻る