魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

川上牧丘林道 ~水ヶ森林道紅葉ドライブ

2004年10月15日】
R413~R412~R20・甲州街道~R411~38号・塩山勝沼線~R140~県道210号・杣口塩山線~杣口林道~川上牧丘林道~大弛峠~夢の庭園~川上牧丘林道~乙女高原~荒川林道~水ヶ森林道~太良峠~31号・甲府山梨線~フルーツライン~ほったらかし温泉~県道303・市之蔵山梨線~R411~34号~R20・甲州街道~R412~自宅

 今日の相模原は朝から快晴。そうなると家にじっとしてはいられない
kiri家。
 紅葉にはちょっと早いけれど、標高の高い大弛峠に行けばどこかで紅葉を見られるだろうということで、川上牧丘林道を目指して出発しました。

 相模湖駅前交差点を通過します。
 今日はR20で行ってみたいと思います。勝沼までひたすら下道を走り続ける予定です。


 相模湖I.C前通過です。いつもはここからワープですが、今日はいつもと違ってR20を突き進みます。

 すぐ左手に見えてくる工事現場は、ピクニックランド前からやまなみ温泉前を経由してくる抜け道ルートの最終地点に架かる橋です。1車線で古く通りにくかったので、立派な橋に架け替えられるのが楽しみです。


 12:26、およそ2時間かかってようやく笹子トンネルを出たところにある。道の駅「甲斐大和」に到着しました。ここまで来れば勝沼や塩山もあと一息です。


 道の駅で休憩した後、まずは杣口林道を目指して疾走します。いつものルートで塩山市街に入ります。


 kiri家にとっての塩山のランドマーク、屋根の上に植栽のある家の前を通過です。本当に面白い家です。この植栽も紅葉するのでしょうか?(笑)
 このあと、R140を経由して杣口林道へ向かいます。


 杣口林道を登りはじめます。
 紅葉はこのあたりにはまだ来ていないようなので、そのまま川上牧丘林道、大弛峠方面入口の柳平を目指します。


 ぐんぐん登っています。

 去年の10月25日はこんな様子でした。やはり今年はかなり遅れているようですね。


 柳平に到着です。ここでもまだ紅葉は始まっていないようです。
 金峰牧場の木々は色づいていました。


 川上牧丘林道の柳平ゲートを通過です。
 以前はとても狭く、ずっと工事をしていましたが、すっかりきれいになっていました。
 あの、先行きの険しさを思わせる“導入部”という雰囲気が良かったのですが、見違えるような舗装路に生まれ変わってしまいました。
 脇を流れる渓谷の変わらなさが悲しいです。(泣!!)


 ようやく紅葉がきれいな場所がありました。
 でも、路肩があぶないようです。




とってもきれいです。





写真ではわかりづらいかもしれませんが、結構赤くなっています。
陽の光でとってもきれいに見えます。
正面は金峰山です。





頭の上は黄色に染まっています。





今度は赤く染まっています。
もう少し標高の低いところはこれからが紅葉の本番になるでしょう。



 八ヶ岳でしょうか、遠くの山々もくっきり見えています。

 このあたり、道幅にそう余裕はないので、ところどころにある離合箇所にうまく車を停めないと、見たい景色を見過ごします。(笑)


 Bean号も撮ってあげました。青空と紅葉にご満悦のようです♪(初ドラが悪天候だったので…)


 頂上付近にやってくると紅葉はもう終わっているようです。ベルト状に紅葉が下界へと降りてくるのですね。




大弛(おおだるみ)に到着しました。川上牧丘林道の看板がありました。



 林道の杭もありました。
 ここは終点です。24km近くもあるんですね!
 ちょうどこのあたりが道路の舗装の切れ目でした。「ここから向こうは長野県の管轄です!」ということのようです。


 こんな看板もありました。


 峠には立派なトイレもあります。


 今日は平日ですが快晴なので登山客が多いのでしょうか?峠の駐車場は混み合っています。


 「夢の庭園」まで15分とのことなので、行ってみることにしました。
 この写真は登り口にあった「大弛小屋」の入口です。この峠は少ないながらもキャンプを設営できるところがありましたので、この小屋がその運営をしているものと思います。


 夢の庭園への登りの途中に、なんと霜柱がありました!秋はどんどん深まっているようです。
 手にとってみると結構成長しています。かなり冷え込んだようです。これだけ見るともう冬の気配が感じられます。


 登りの途中で振り返ってみます。


 おお、遙か彼方に見えるのは北アルプスではないですか!!


 登山道と夢の庭園の分岐で30が記念撮影です。


 案内板自体はこんな感じです。
 左の大弛峠から登ってきました。右の夢の庭園方面に向かいます。登山道の方に行くと西沢渓谷に行けるようです。
 確かに地図上は大弛峠の東に西沢渓谷がありますが、かなり歩くようです。
 それより、川上牧丘林道から分岐して西沢渓谷の上流あたりまで伸びている「鶏冠山西林道」は今どうなっているのでしょうか?「西沢スカイライン」というたいそうな別名がつけられていますが…???



(クリックすると大きな写真に♪)
 案内板のそばに「夢の庭園」の名の由来を書いた看板がありました。こういう理由だったのですね


 今度は「つらら」がありました。氷点下まで下がっていたのでしょう。下にも「逆つらら」があります。

 上のつらら

 下のつらら


 最高部に到着です。
 15分くらい歩いて(登って)来ました。

 


 岩場にベンチがありました。
 でも、のんびり座る気になんかなれません!


 だって360度近く、ものすごい景色が広がっているんです!!


 空がハンパじゃなく青い…

 さて、ここからの眺めはっ!


 なんと、先ほどの北アルプスが空中に浮かんでいます!まるで蜃気楼のようです。


 足元を見下ろすと…
(クリックすると大きな写真に♪)


 大弛峠から長野県の川上村に降りていくガレ道が白く続いています。

 そして、さらに右手に見えているのはもしかして!?…




浅間山か!!…今日は噴煙は出ていないようです。


 金峰山のほうはというと…


 見えました。
 頂が重なっていますが、一番奥のかすんでいる峰が
金峰山(2595m)のようです。


 シンボルの五丈岩です。五丈(15m?)もあるのでその名がついたとか。
 上の写真ではかすんでいましたが、実際はハッキリ見えていました。甲府盆地からも見つけられるくらいですから、かなりの大きさなのでしょう。

 まわりを見回すと近くにある山々が視線の高さにあります。結構高いところに来たようです。


 今度は山梨方面です。




先ほど登ってきた九十九折れが眼下に見えます。




遙か彼方に甲府盆地でしょうか?市街地が見えます。




また足元を見てしまいました…


 遥か彼方にFORESTER・Bean号が待っています
 地味な色なのでX-TRAIL・洋子号のようには目立ちません。


 夢の庭園とそこからの眺めを堪能したので、そろそろ引きあげます。


 遊歩道のほとんどは「木道」です。
 起伏や落差の激しいところも、基礎の柱の高さ調節で、歩きやすく、なだらかになっています。
 実際、登るときにかなり年配とみられる杖をついた人ともすれ違いましたが、幅も広くとられていて余裕でした。
 そのおばあさんは“夢の庭園”の景観の素晴らしさに身も心も軽くなったといった様子で、ゆっくりと歩みを進めていました。


 整備されて間もないと思われるところはこんなにきれいですが、


 大きく崩れて復旧待ちの箇所もあります。


 降りてきてからよく見ると、工事の真っ最中だったようで、足場のひどかった部分はこれから工事が入るようです。


 こんなに大きな看板がしっかりと立てられていました。
 通行止め解除が6月からというのは遅いような気もしますが(富士山新五合目は4月末)、それだけ雪深いということなのでしょうか…?


 さて、30は気になるトイレの情報収集に向かいました。(笑)


 あっという間に川上牧丘林道を降りきり、焼山峠から荒川林道で乙女高原まで来ました。
 ここで遅めのお昼にします。(15:35)


 早速、お湯を沸かして、カップラーメンを作るあいだにおにぎりとゆで卵をモグモグします。。
 最近、あちこちで熊が出没しているようなので、サッサと食事を済ませて早々に退散しようとしています。
 食べている間も、なんとな~く周囲の物音や、視界の中で動く黒いモノが気になって仕方ありませんでした。(それは残飯狙いのカラス!!笑!)
 実際、この数日後に水ヶ森に熊が出たそうです。お~コワ!!


 乙女高原Pを出るときに焼山峠方向から走ってきた大宮ナンバーのグリーンのワゴンR。そろそろ中年というお年頃の女性が一人で乗っていましたが、その先の分岐で少し戸惑ってから荒川林道へ突入していきました。向こうは先が長いですけれど、どこまで行かれたのでしょうか?
 私たちは予定通りに水ヶ森へ向かいましたが、午後遅い時間からの薄暗い林道はちょっとコワいものがありますよね~…。(16:02)


 水ヶ森林道の富士山ビューポイントです。
 快晴の中、くっきりと富士山が見えます。(16:11)




どど~んと、富士山です。いやはやデカイ!!



 先日「山梨の林道事典」で見た、りんさんがカッコよく撮っていた写真をまねて、FORESTER・Bean号を入れて撮ってみました。
 どうしたらあのアングルで撮れるのだろう…???としばしの思案ののち、30が気付きました♪
 うしろにあるブロック塀に登って撮ればほ~ら、ご覧のとおり。バイクより数倍デカイ4輪でも、何とか富士山と一緒に収まることができました。(笑)
 でも悲しいかな、日が翳ってきたため、Bean号はほとんど真っ黒になってしまいました…!!(泣)


 さて、今度は太良峠から甲府盆地の夕景を見るべく、水ヶ森林道を疾走します。
 左手の木々のあいだから時折見えるピンク色の景色がものすごく気になります。きっと夕陽にあたっていい色になっているのでしょう。エーン!間に合うかな!?

 それにしてもBean号はダートでも楽に走ることが出来ます。道が左右にかなり傾いても、乗っている人間のほうはコップに入った水のように水平を保っているような気がします。とってもナイスです。(16:36)


 1台の車ともバイクとも出会うことなく、太良峠に到着です。(17:00)
 急いで車を降りて駆け出しましたが、しかーし!!
 
…ピンク色の景色はすでに終了していました。(泣)


 仕方がないので、さっき水ヶ森で“池渡り”をしてばっちくなったBean号の顔などをフキフキしてみました。
 kiriは上の展望台に登っています。
 あとから登ってきた30が奥に東屋を見つけ、見に行こうと歩き出してkiriのほうを振り向いたその瞬間、




(クリック♪)
どっひゃぁ~~~!!なんじゃ、あの富士山はッ!!



 甲府盆地の東の空に、見事な赤富士がそびえているではありませんか…。

 8月に来たときは、富士よりデカいんじゃないかというダーさん(の巨体・笑!)にカンドーしてその存在に気付きませんでした。


 見とれているうちに夕焼けの赤が、空や雲を濃く染めてきました。
 寒くなってきたし、そろそろ温泉に向かいましょうか。

 こんな日だから絶景の温泉がいいなと、「ダー岩井の写真館」にもよく登場する「ほったらかし温泉」に初めて行ってみることにしました。


 うちのカーナビの古い地図情報には温泉が載っていないのですが、“フルーツライン”を走っているうちに、桃のような何かの果実のような赤い街灯の列を発見。それをたどって行くとフルーツパークに出ました♪
 ガードマンのおじさんに聞いて公園に入ったはものの、「ホントにこの道でいいのか!?」と思うようなスゲー登り…。そして、ようやくたどりついた「ほったらかし温泉」は…写真はありません。なにせ真っ暗だったもので!!(笑)
 なんとも開放的な温泉で、こちらでも夜景を満喫♪
 湯船で聞こえてきた会話によると、「夜景を見るならこっちの湯」、「富士山を見るならあっちの湯」だそうで。




 本日の走行距離です。
 遅く出たので、あまり距離は伸びていません。
 今日は有料道路を一切使いませんでしたが、林道ドライブ・紅葉狩りを満喫することができました。
 ちょっと早い紅葉を見るべく、林道標高日本一の峠、大弛峠に行きましたが、紅葉は頂上のちょっと手前が見頃の状態でした。これからどんどん紅葉が高度を下げてくるので、他のところも紅葉狩りにはちょうどよくなると思います。

 どこへ行っても紅葉だらけの山梨県。思い切って早く出かけて、東西南北・高いところ・低いところと走り回ってみると、それぞれ違った様子が見られて面白いかと思います。


2004年に戻る