魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

三崎朝市・マグロダッシュ!!


【2005年3月6日】
R129~高浜台~R134~26号・横須賀三崎線~三崎漁港~26号・横須賀三崎線~R134~坂ノ下~32号・藤沢鎌倉線~南藤沢~R467~山王原~R246~目黒~56号・目黒町町田線~下鶴間

「マグロが食べたい…腹いっぱい食べたい…」
今年は、正月から“刺身運”に見放されている
kiri家。
スーパーでようやく特売の刺身をGETしたものの、ほんの何切れかで終了。
3月は星座も「魚座」。
ここは何としても魚を食わなければッ!!と、固い決意で早起きしてみた。



目覚ましは3時に鳴った。でもねむ~い!さむ~い!毛布と離れたくナ~イ!!
しばらく布団の中でウダウダする。でも、せっかく目を覚ましたのだからと起きてみる。
寝ぼけた頭で着替え、4:06、出発する。まだ外は真っ暗。北の空にはデッカイ北斗七星が見える。
とりあえずカーナビ・洋子の言うことは無視してR129をひたすら南下する。
車はほとんど走っていず、あっという間に渋滞の名所「金田」も通過。1時間もしないでR134の高浜台に到達。
ここもまた気味が悪いくらい空いている。前にもうしろにも1台の車の姿もなく、全くの一人旅。
江ノ島あたりまで来てようやく他の車も見られるようになった。しかし空はまだ真っ暗。見えているはずの海も闇の底である。
腰越のあたりで30、とうとう眠りの底へ。(笑)目が覚めるともう、港の手前だった。朝である。



初めての三崎朝市。とりあえず場所を確認しようと無料Pを通過して先へ進むと、右手ににぎやかなテントが!
あたりには客のものらしい車がたくさん停まっている。私たちも端の方まで行って停めた。5:55、到着である。
車を降りると海のニオイである!というか、漁港のニオイ!魚のニオイである!



とうとうやってきた朝市!物珍しさで寒さなどどこへやらである。



手前には野菜のテントが並ぶ。
三浦といえば大根とキャベツが有名だが、気候が温暖なので果物栽培も盛んである。
ま、たいていの野菜ならなんでもよく採れるのだ。
ニンジンもカゴに6~8本入って100円だったし、驚いたのは魚雷のように大きな大根である。



房総半島に負けず劣らず、春の花だって咲きまくりなのだ。
そして、奥のほうでひときわ賑わっている鮮魚コーナー!!
慌てて買わずに、まずは場内を一回りして品物と値段のチェック。野菜は帰りに買うことにする。
今日は寒いからいいが、季節によっては冷凍・冷蔵物はすぐにクーラーに入れなければならないこともある。
近海物はカワハギなどがあるようだった。天候のせいで水揚げが無かったり少ないこともあるらしいが、
今日が初めてなのでよくはわからない。ホタテやサザエは、スーパーでは見られないくらい大きかった。
ある店で、1900円のさくを1700円にしてくれるとおばちゃんが言うのでどれにしようかと選んでいると、
私たちの頭越しに、オジサンが「コマギレある?」と大きな声で訊いた。
「はいよ!」と、下の箱からオバサンが取り出したコマギレは、さくを取ったときの切れ端のようだ。
しかし、ゴッソリ入って400円。おじさんは4袋も買っていった。刺身で食えるという。
それ見習え!ということで、私たちもそれにした。さくはやめにして400円の小さな切り身にした。
買い慣れていそうな人たちの様子を見聞きするのも、買い物のコツのようだ。
それから、「しっぽ」というのも気になった。一見「えっ?」という感じだが、意外に身が入っているという。
「今日はお客さんが少ないからネー!」といっておばちゃんは400円を300円にしてくれた。
他に、大好きなジャコ600円、サバ文化干し100円×2枚、青々として旨そうなサンマの丸干し8匹400円で、
合計2300円。
野菜も気になったがそんなに買ってどうする!?と思いとどまり、それまでにした。



しかし、車に戻って唖然とする。何でクーラー積んでないんだ???…寝ぼけていたからである。
仕方がないので、いつもたくさん積んである古新聞で冷凍物を厚めに包む。これで結構もつものである。



夕べの計画では、このあと、金田漁港の食堂で500円の定食という計画だったが、
大量買いで胸がいっぱいになってしまい、帰宅することにした。
三崎の入口、三崎公園へ向かう左には岬陽館(こうようかん)、右には産直センター「うらり」が見える。



立石のあたりで、海の向こうに富士山が見えていることに気付いた。
長者ヶ崎の無料Pに停まってみたが、写真で見るとなんだかよくわからない。
帰りは洋子の案内どおりに由比ガ浜から大仏のほうへ切れ込む32号・藤沢鎌倉線に入り、
藤沢駅の手前でR467に乗った。
途中、トイレに行きたくなりおなかも空いたので、藤沢市亀井野のセブンイレブン六会店に寄った。



店の前の路上で、こんな素晴らしいMHに出会ってしまった。トイレに寄ったこともあり、ウンがよかったのだろうか。
そういえば、店の向かいにはこんな鳥もいたし、素晴らしい富士山たち(?)も見ることができた。



 8:38、無事帰宅。
 2時間以上かかったが、冷凍のコマギレも冷凍のままだった。
 腹ペコの私たちは早速冷凍のゴハンをチンして400円の切り身をいただいた。
 …ウマイ!!無言で食い尽くす。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
腹いっぱいでしばし爆睡。そのあと、しっぽの解体ショーである。
こんなものを見るのも触るのも、さばくのももちろん初めてである。包丁ったって、うちにはこんなモノしかない。(笑)
30、しっぽと格闘である。


    

皮は丈夫で厚く、硬い。こんな皮に守られたマグロの肉は、そりゃあ旨いだろうと思った。
しかし、輪切りのしっぽでこの大きさである。丸ごとだとどんなに巨大だろうか…と、少し恐ろしくなった。


    

たいへんな筋である。しかし、筋に垂直になるように切り身を取って行くと、意外に刃当たりは柔らかく、
サクサク切れる。半分切り身にして、あとの半分はスプーンで身をこそげ、たたき風にした。
慣れないせいもあってか、結構な時間と労力を要した。
これで300円なら、400円のコマギレでもいいかな…とも思ったりする。
しかし、食ってみるとなかなか味があり旨い!!


   


何と言ってもこの量!!満腹間違いナシである。


三崎朝市協同組合
http://www.misakiasaichi.com/

三崎の朝市
http://www2.odn.ne.jp/~cap98290/asaichi.htm


2005年に戻る