魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





2005年3月13日】
R129~高浜台~R134~26号・横須賀三崎線~三崎漁港~26号・横須賀三崎線~R134~坂ノ下~32号・藤沢鎌倉線~南藤沢~R467~山王原(左折)~50号・座間大和線

 ※ 05.03.06 三崎朝市・マグロダッシュ

 そのときふたりはNHKのど自慢「チャンピオン大会」を見ていた。
肴は先週買った三崎マグロ。酒は奥の松。
kiriが言った。「うまいなぁ~!!」
30「そりゃー各地のチャンピオンだもん、うまいよ」
kiri「マグロ旨いな~、やっぱあしたも買いに行くか!!」
なんだ、マグロか!?というわけで2週連続のマグロダッシュとなった。



出発は4:02。今回は忘れずにクーラーBOXも積んだ。
先週よりなんとなく車の量が多い。
走っているうちにどうにもおなかがすいてきたので、マクドナルド江ノ島店で3月のスマート・セービング♪
ダブルチーズバーガーを食べようかと思ってスルーに入ったら、
「お客さま、そちらは10時からのメニューになります」
とか言われちゃって、とっさにソーセージエッグマフィンをたのんでしまった。
マクドナルドで初めてのマフィンメニュー。少し走って左手にあったセブンイレブンのPで食す。
長柄交差点ではまだ真っ暗。
京急終点・御崎口駅を過ぎると沿道の木々に白いものが。「何の花かな?」と思ってよく見ると、
なんとそれはだった!!三浦なんて寒いわけがないと思っていたのに、驚きである。



しかし、店も開いていなければバスも走っていないような時間なのに、なぜか車の数が多い。
ということは、この同じ道を走る車は、全て朝市を目指しているとしか思えない!
三崎公園を右折すると、すぐ前を走っていたケツのデカイ黒ムラーノが「うらり」のほうへ左折して行った。
なんだ、今日はイベントか何かあるのか?と思いながら6:01三崎港到着。
ワオ!ここも車があふれている!!
ちょうどすぐ右手に停まっていた車が離脱して行ったのでラッキー駐車♪
車を降りるとさっきの“黒ムラ”がやってきた。どうやら場所を間違えただけだったらしい。



車を降りたとたんに耳に飛び込んでくるざわめき魚屋さんの威勢のいい呼び声
うーん、「市場」って感じである。
先週と時間はほとんど変わらないのにこの人の波はどうだ!マグロを買おうにも、前にもうしろにも進めない。
今日も買おうかと思っていたコマギレは既に売り切れ。他にも「売り切れました」という貼り紙のケースがある。
どうやら、常連は5:00に来て6:00には帰るというのは本当らしい。

三崎朝市協同組合
http://www.misakiasaichi.com/

三崎の朝市
http://www2.odn.ne.jp/~cap98290/asaichi.htm



今日は全て冷凍マグロを選ぶ。「上手な解凍の仕方」はしっかりネットで調べたのでバッチリ♪
眠かったのでしっぽはパス。コレも買物の注意点である。
鮮魚は帰宅してすぐに捌かないとウマくなくなってしまうので、自分の力量に見合った量を購入するのが大事。
チョ~ウマそうな大きいサンマの丸干しがあったのでGET!ワタ入りでよく太っている。
目星をつけての買物は素早い。6:33には早くも離脱である。
葉山御用邸前のトイレに寄って、今日は海まわりで帰ってみる。
森戸海岸を過ぎたあたりの逗子の海。はるかに江ノ島が望める。渚橋通過は7:14。



(クリックすると大きな写真に♪)

逗子海岸ではお約束の犬の散歩のほかに、ワカメを拾う人が大勢いた。ちょうど季節らしい。
横須賀のほうでは養殖もされているそうだ。浜に流れ着いたものを拾う程度ならいいが、
養殖をしている場所の近くでは勝手に採ることは厳禁なので、注意が必要。


(クリックすると大きな写真に♪)
逗子海岸、材木座海岸、由比ガ浜と、名所を立て続けに走破。しかも快走
夜は一面の「黒」で何もわからなかった海も、晴天の下ではすがすがしく美しい眺めである。
わき見とスピードの出し過ぎに気をつけながら走る。



江ノ島も改装済んでからは来ていない。kiriはまだ一度も訪れていないそうだ。
横浜育ちの30は親戚や親によく連れてこられたし、小学校2年の遠足も江ノ島だったし、友達と来たこともある。

そういえば江ノ島には「神奈川女性センター」という施設がある。
どの駅からも遠いこんな場所になぜ???と、強風に飛ばされそうになりながら江ノ島大橋を渡った私は、
その立地を呪ったものである。あれはまさに、試練であった。
その試練を乗り越えた先に裁判という道が開けていたのであるが、それもまた茨の道であった。

神奈川県立かながわ女性センター
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/0050/toppage/



相模原まで戻ってくると空はすっかり晴れ上がって快晴。
大山あたりもよく見渡せる。



8:46帰着。往復約5時間の旅。
このくらいの時間に起きて、のんびり朝飯なんぞを食べながら「今日は天気がいいなぁ…」などと、
騒ぎ出した虫を抑えきれず、仕度をして出かけるのが10:00!!とかいう山梨方面ドライブは数知れず…。
そう考えると、「早起き」というのは実に貴重なものである。


(クリックすると大きな写真に♪)
午後になってマンボゥと散歩に出る。冬枯れの相模川河畔はこんなものである。
夏場は迷路遊びができるほどに茂る百日紅も冬はすっかり刈り込まれて、ボウズである。
通りがかりに、去年の秋、住宅建設中にクレーンが倒れて被害に遭った梅の木を見てみた。
形のいい巨木が並ぶ中で、やはりその傷跡は痛々しい。
しかし、それでも、折れた先の枝には花が咲いているのである。



 本日の成果。ピーマン一山200円。大きなツヤツヤのピーマンが14コ。
 ハウスものだとは思うが、相模原ではハウスでもまだ採れない。やはり三浦の気候の恵みである。




 サンマの丸干し8匹で600円。どれも30cm超の大物!
これがカピカピに固くではなく、ソフトな一夜干し程度に干されている。焼くとものすごい香気が立ちのぼり、頭からしっぽまで骨ごと丸ごと食べられるのである。ワタの苦味がたまらない絶品!!



 赤身4切れ1000円
 赤身だといわれたが、食べてみると結構脂が乗っていた。スーパーではコレを「中トロ」だといって売っている!!しかも、さく1つで安くても500~800円ぐらいの値がつけられている。もう、スーパーじゃ買えないな。 



 こちらは赤身と中トロのペア500円
 小さいほうが赤身で大きいほうが中トロだといわれた。
 市場の冷凍ケースの中では真っ白に霜がついていて私なんぞにはどれがどれやら…???なのだが、店のおばちゃんのプロの目で見ればすぐにわかるらしい。



 上の冷凍写真の中の左上、いちばん大きなものを解凍して切ってみた。赤身だなんてとんでもない!!と~っても味があっていつまでも噛み続けてしまった。(笑)

 我が家でいちばん大きなサイズの皿、登場。
 こうしてみるとシシャモのようだが、実は30cm超の、あのサンマなのだ♪


※ 05.03.06 三崎朝市・マグロダッシュ


2005年に戻る