魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

   座架依オフ

05.03.20

本日はデリカ軍団のデイ・キャンプに参加させていただいた。
昨年11月13日に初めて会った方々との再会に加え、
今日はドキドキワクワクの初体験と、驚きの新しい出会いがあった。

  

概ね10:00~ということだったが、駄犬マンボゥのウ○コ搾り出しに時間がかかり、10:02の出発となってしまった。
この作業を怠ると、のちに移動中の車内が激臭に見舞われ、走行不能の事態に陥るのだ。(~_~;)
R129を左折して橋へ下る道は工事もほぼ終わってスッキリ。
橋の上からデリカの群れを探す。正確な場所など聞いてはいないが、すぐにわかるって!?(笑)
座架依橋際交差点を左折して畑の中の道を進む。河原へ降りる道はここしかないようだ。
夜になれば真っ暗で路肩を踏み外したらデリカでも這い上がれないらしい。


 

座架依橋とは、神奈川県の中央部を流れる一級河川「相模川」に架かる橋である。
座間市と厚木市依知地区を結ぶ前長250m、橋の少ない相模川には貴重な橋だ。

 あった!座架依橋
 http://park5.wakwak.com/~kcy/37zakaebasi.html

京浜河川事務所_ひと・川・まち2002 冬号
http://www.keihin.ktr.mlit.go.jp/panph/h_k_m1/h_k_m_03_w/sagami.htm

「クソマン・ゲロマン・輸送マン」が合言葉だったマンちゃん輸送作戦も無事成功。
キレイなままの到着である。


 
(左写真:クリックすると大きなサイズに♪)
 既にどどん!と並んでいるデリカにビビッていちばんハジッコに停めてみた。(笑)
 わーい、リブ隊長のランカスターおんなじサイズだー!
 ほーら、こうして見てもちっともさびしくなーい♪
 でも、左のほうを見ると…!!


 

我々が、間近で見るデリカの大きさにチビリそうになっている間にも、
テントのほうでは着々と料理の準備が始められていた。
 コレは真ん中がコンロ置き場になっているアルミテーブル。
2台のコンロが置けるので選んだという実用品!さすが、アウトドアの達人は目の付けどころが違う。
 リブ隊長の豆炭。これに豪快にオイルをかけて網をのせ、スペアリブを焼くのだが…熱し方も豪快なのだ。


 

我が家も持参したBBQセットを展開して何か焼いてみることにした。
 というか、この日は思ったより晴れ間が出ず、結構寒かったので、暖をとるのにも火が必要だった。
 お隣のアルミテーブルの配置を参考にしてみた。 なるほど、これなら使い勝手がよさそうだ。


 

おっと、リブ隊長がスペアリブを焼き始めた。寒そうなダンディーはすしさん。
 味付けはコレである!(笑)
こ~んな顔で焼くと、リブはさらに旨くなる!!


 

ワイワイ言いながら飲み食いしている間にも、次々と“仲間たち”がやってくる。
このX-TRAILがあらわれたときは一同大歓声!なかみちさんのGTである。
ウワサではジェットコースター並みの加速(笑?)だそうで、
非力な洋子号とは違って想像つかないぐらいのパワーがあるらしい。
 中身はこんな!

気がつくとなんだか人数も増えているし、より賑やかになっている。
菜緒ママのお手製ローストビーフや大トロなども振舞われて、みんなニコニコ顔。
大勢で食べると、ウマさが×人数に倍増されるような気がする。


 

ん、なんだかテリトリーも広がっているぞ。
わ~~~っつ!Beanが囲まれているっ!!



(マウスオンで写真がチェンジ)
ちっちぇ~~~っ!!
まったく、なんじゃこりゃぁ…って感じである。


 
(左写真:クリックすると大きなサイズに♪)

 
(クリックすると大きな写真に♪)
みなさん、迫力ありすぎ…。(笑)


 
(左写真:クリックすると大きなサイズに♪/右写真:マウスオンでチェンジ!)
そして、この“特殊車両”に乗せてもらい、トイレに行くことになった。
座架依橋のトイレはこれまたホラー!なのである。
私たちのいる河原から一段上がった、運動広場の一角にあるこの四角いモノ…。
これこそが、広大な座架依橋下河原と運動広場にある唯一のトイレなのである。
水道はなく、電気もつかず、もちろんボットン
菜緒ちゃんなどはブラックホールの水面に浮かぶ“物体たち”に恐れをなし、放水不可能だった。
これは、座間市に猛省を促したいものである。




ひろせ号。めでたく、30が初めて乗ったデリカとなりました。
 このSWはスチール車で、おまけにやはり特殊車両らしい。(笑)


  

“ひろせ@ふじのみや”の名にかけて、「富士宮焼きそば」を作るひろせさん。
スキを見て、kiriが運転席に乗り込んでみる。(笑)


 
完成した焼きそばに群がる人々。(笑)あっという間に1回目は食い尽くされた。


 

2回目の焼きそば。ハイエナの餌食になる前に、なかみちさんが確保に向かう。(笑)


 

今日はみなさんにかわいがられて、おいしいものも食べ放題なマンちゃん。
がんばって車に揺られると、そのあとはいいコトがあるんだヨン♪


 

おや、みんな出払っているぞ。何かあるのか?もしかしてこのラジコンのような楽しいことが…


 
(右写真:クリックすると大きなサイズに♪)
ワハハ、試乗会だった!




おおっ!のぼってるぞー!!
(運転はなかみちさんこのあと土手にもチャレンジ)


 

無事帰還
したひろせ号。(笑)
この時間になってようやく青空が見えてきた。

そして、ようやく見慣れてきたデリカ。
そういえば、朝からずっといる土手の上のあのバスが気になる。(アラブ語か何かみたい…)


 

見慣れてはきたものの、見分けがつかない!!


 

春の陽が傾きかけた河原に純白に輝くデリカが到着!仙龍号である。
都内を1時に出発したものの渋滞にハマりまくって、ようやくたどりついたとのコト。
おつかれさまである。


 

FdeD号
も同じく白。でも、仙龍号とはだいぶ印象が違う。
乗る人それぞれのカラーが出ているデリカたち。いじり倒されてうれしそうな顔のデリカたちである。
リブ隊長号は180h/kmで走るというLEGACY ランカスター
最低地上高は、kiri家のFORESTER Bean号と同じ200ミリ。
 他のサイズもほとんど変わらないのになぜか荷室が広い。タイヤハウスがジャマにならないのだ。


 
(右写真:クリックすると大きなサイズに♪)

 
(右写真:マウスオンでチェンジ!)
楽しかったオフ会もそろそろお開きである。
集合写真を撮影したのはひろせさんと夫婦でデリカさんと30の3人。
せっかくなので、集合動画(6.0MB)というものを撮ってみた。
見ても聞いても楽しめる♪
VOLUME大きめでどうぞ。


  

アウトドア達人たちの撤収作業。上左/17:58:20、下右/17:59:42 なんという素早さ!!


  


 

暗くなり始めた。
全ての資材と、マンちゃんと、今日の思い出を積み込み、帰途に着く。
マンウ〇コだけは一緒に乗せられない


 



kiri家、未知の領域に踏み込んだ初のフル参加デイ・キャンプ。
こんなに大勢の仲間たちが気軽に集まれるその雰囲気に、いたく感動した。
 車の楽しみかたの幅の広さ、人との交流の深さ、いろいろと勉強になった一日だった。
 次へとつながる新しい一歩を踏み出せたような気がした。

 帰りに河原からちょっと登ったところでこんなもの(2.6MB)を撮ってしまった!(笑)


Member's 2005に戻る