魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.







【2005年8月20日】
津久井湖城山公園花の苑地~R413~R412~ピクニックランド前信号~県道517号・奥牧野相模湖線~76号・山北藤野線~県道517号・奥牧野相模湖線~35号・四日市場上野原線~R139(途中で燃料補給)~R138~R139~道の駅なるさわ~R139~71号・富士宮鳴沢線~(JA交差点右折)~R139~道の駅朝霧高原~サークルK富士宮朝霧店~県道414号・朝霧富士宮線~田貫湖~県道414号・朝霧富士宮線~湯之奥猪之頭林道~奥之沢林道~県道415号・湯之奥上之平線~R300~道の駅しもべ南アルプス展望台5000円札富士山ポイント~県道709号・本栖湖畔線~R300~R139~道の駅朝霧高原(雨装備着用)~(白糸の滝前ファミリーマート通過)~75号・清水富士宮線~県道414号・朝霧富士宮線~県道184号・白糸富士宮線~焼きそば・お好み焼き専門店「伊東」セブンイレブン富士宮淀師店中原町のスタンドで給油~(五合目にいちばん近いコンビニ)県道180号・富士宮富士公園線~県道152号・富士公園太郎坊線~富士山新五合目~県道152号・富士公園太郎坊線~(水ヶ塚P.A)~23号・御殿場富士公園線~R246~県道147号・山中湖小山線~小山町健康福祉会館ゆったり湯セブンイレブン駿東小山店~県道147号・山中湖小山線~県道730号~R413(平野交差点・道志みち)~道の駅どうし~津久井湖城山公園花の苑地

 夏の1日は長い。せっかくの晴天を思いっきり楽しむべく、3台+1台はなおも走り続けた。


  

さて、次なる目的地「南アルプス展望台」へ向かって出発である!
本栖湖までのワインディングを駆け上がれッッ!!と思ったのだが、この日は異常にダンプが多く、
ダンプ、ダンプ、PAJERO、FORESTER、うりぼう号、どんぐり号、わた号、ダンプ、ダンプ…ダンプ、軽、
ダンプ、ダンプ…ダンプ、営業バン、ダンプ、ダンプ…と、
前にもダンプ、うしろにもダンプ、抜いてもダンプ、停まってもダンプ、振り向けばダンプで、
ここはダンプ天国かッ!?


 

展望台に到着。
あー…惜しいことに雲がかかってしまっている。晴れているとこのくらいは見えるのだが…。


  

しかしみんなまるでスイカでも運搬するような巨大なキャリアBOX付き。お土産たくさん入るネ♪
そして、未発見の下部町観光協会標語(?)看板。これは強烈だ!(他の3枚はコレ:123

さらにダンプのあとに続いて中之倉トンネルを抜けると…


(クリックすると大きな写真に♪)
そこは本栖湖。


 

まずは見とれるでしょう!記念撮影もしちゃうでしょう!
携帯の待ち受け画面用にも1枚撮っちゃうでしょう!


(クリックすると大きな写真に♪)
有名な、5000円札の富士山である。


  

日差しは眩しいが、どことなく秋が来ているような気配もある。
あっ、ここにもこんなものが!


  

本栖湖を一周してR139に出、また道の駅朝霧高原へ戻ってきた。
真っ赤なダチョウヘッドに見とれていると大粒の雨が降って来た。御三方は雨装備に変身である。
ここからはmauさんのうりぼう号がおいしい焼きそば屋さんまで案内してくれる♪



そして雨もやみ、青空がのぞきはじめたころ到着したのはココ、焼きそば・お好み焼き専門店「伊東」
お店は、なんだか昔懐かしい駄菓子屋さんのような雰囲気。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
焼きそばとお好み焼きだけなのかと思っていたらば、焼きうどんに「しぐれ焼き」というものがあった。
お好み焼きに焼きそばが入った、いわば広島風のようなものらしい。
個人的にはお好み焼きの一番下にある「山芋ネギ天(玉子入り)というのがヒジョーに気になる。


(クリックすると大きな写真に♪)
これが五目焼きそば(大盛り)だー!!
大盛りサイドビューホルモン焼き 

キャンプで富士宮の人が作ってくれた富士宮焼きそばをいただいたことはあるが、
実際に富士宮の地に来て、その“専門店”でいただくのは初めてのこと!

写真の品は焼きそばの上にかぶさるように目玉焼き状の玉子がのっているけれど、富士宮の知人によると、
玉子は“まぶして”もらうという注文方法もあるそうだ。そうすると全体に“マイルド”な味になるとか。
そして“具の追加”「イカ」!! くコ:彡。
なによりいちばん旨いらしいことは、酒飲みには容易に想像がつく。



そして、お好み焼きのように丸いマンホール♪
徹底的に富士山であるところがイカにも!…って感じ。

このとき、「満腹 → シアワセ → 眠くなる」状態だったわた&どんぐりさんのために、
すぐ近くの富丘小学校前にあるセブンイレブン富士宮淀師店でリポビタン系補給。
ところでmauさんを見かけないと思っていたら、
なんと、近くのスーパーまで富士宮焼きそばを買いに走っていた…



さて、そろそろマシンも満腹にしてやらないと。
次なる目標「富士山新五合目」を目指しつつ、スタンドを探す。
FORESTER・Bean号搭載のカーナビ・洋子ちゃんの地図データは4年以上前のものなので、
「昔ここにスタンドがあったっけなぁ…」
と偲ぶことができる“懐古モード”に突入してしまい、少し困った。
そしてどんぐり号が6000km到達!


(マウスオンで写真がチェンジ!)
ややっ!!これはなんと!(このお店)


続いてわた号も1000km達成。
そして、県道180号の沿道がだんだん寂しくなり、
勾配が急になり、標高500mを越えると、
うりぼう号の姿が遠くなってきた。(笑)
そして電光掲示板には、
「新五合目駐車場渋滞中」などと出る。
夏休み中の晴天とあっては、
さぞかし人も車も多いことだろう。
そこで、Bean号は先行することにした。
さて、どこでハマるだろうか…。


 

このあたりまで来ると、黒々と茂った樹海のような木々が道の両側を覆う。
車が途切れると結構寂しく、不気味だ。13:27



わた号、ゲートに到着。13:44



そのころのBean号。13:48



うりぼう号到着、3台揃ってGO!13:50



Bean号、七曲P(1900m)通過。13:54


(マウスオンで何か出る!)
そして、わた号にもどんぐり号にもおいて行かれた、うりぼう…14:05


  

Bean号はというと、新五合目まで上がれずに停める場所を探していた…。


(クリックすると大きな写真に♪)
しかし、今日の雲海はまたダイナミックだ!


(マウスオンで写真がチェンジ!)
山頂のほうも雲がかかったり切れたり、刻々と様子が変わる。



しかし、原付でよく来たなぁ…(笑)


 

こちら、富士山のおみやげ。
けいたい酸素の「空缶は記念に、お持ち帰り下さい。」というところがちょっと面白い。
杖は、実際に山頂まで登ると途中の山小屋で五合目より上の焼印が捺してもらえるそうだ。
それから、こんなタンクローリーを見かけた。


帰りはまたまたBean号がPの出口渋滞にハマって
しまった。新五合目のPは、売店をくるりと巻く
一方通行のロータリーのようになっているので、
混んでいて売店より下の一通手前で停めたときは、
そのままUターンしたほうがいい。
上は道が狭いし車の出入りや歩行者の横断で
結構な騒ぎである。

水ヶ塚Pで全車合流して作戦会議。
本日の温泉を決めて下山する。
御殿場に近づくと、空は青いが箱根の山に分厚い雲が
かぶさっていた。R246への合流で少し混む。


  

信号待ちでなかなか進まずヒマだったので撮ってみた。(笑)


 

R246をしばらく走り、湯舟トンネルの先で側道に下り小山町内へ向かう。
JR御殿場線・駿河小山駅の少し手前にあるのが天然温泉・ゆったり湯である。
左の建物の2F部分が風呂だ。そこから富士山が見える。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
Pからも見える。逆光でまぶしい。
今はかなり雲がかかっているが、湯舟からは雲のとれた姿を見ることもできた。



湯上りのテラスでmauさんが楽しんだのはコレ!
見えている山は明神峠・三国峠で、その向こうは山中湖である。


   

風呂から上がって18:30。夜中から走りっぱなしだったのでもー、なんだか放心状態。

帰り道を検討した結果、どんぐりさんはここからR246で帰ることに。おつかれさま!道中お気をつけて。
18:52、どんぐりさんと別れた残り4名は富士スピードウェイの見下ろせる明神峠と、絶景の山中湖&富士山が見える
三国峠を越え山中湖へ。
途中、三国峠手前でうりぼう号のライトが見えなくなったのは言うまでもない。ガンバレうりぼう!
それから道志みちに突入!!道志みちは夜、真っ暗なほうが怖くないと思うのは30だけだろうか?
道の駅どうしで小休止のあと、20:51、無事に集合場所だった津久井湖城山公園花の苑地にたどり着いた。
その少し前、20:28にはうりぼう号がこれまた1000kmを達成した!!


 雨だったり、雲がかかっていたり、
風で波立ってしまったり、カモちゃんが泳いでいたりして、
なかなかダイヤモンド富士を見るのは難しいらしい。
それをはじめて訪れたのにダブルで見ることができた。
 焼きそばも美味だったし、新五合目の雲海も見られた。
何より渋滞にも巻き込まれず、故障も事故もなかった。
初めての2輪と4輪の混成ツーリングは、
みなさんのおかげで楽しく走ることができた。
HPをはじめてから本当にいろいろな出会いがあったけれど、
この日はまさに日本一“最高”な時間を
過ごすことができたと、
富士山の写真を見ながら幸せに思い返す。

mauさん、わたさん、どんぐりさん、ありがとうございました。
またきっと、ご一緒させてください!!