魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

激走!中津川~三国&大弛峠 ダート林道ツーリング




【2005年10月23日】
道の駅大滝温泉~R140~県道210号・中津川三峰口停車場線~中津川林道(三国峠)相木川上林道~68号・梓山海ノ口線~R141~風とり~R141~68号・梓山海ノ口線~川上牧丘林道(大弛峠)~杣口林道~県道210号杣口塩山線~R140~ほったらかし温泉

 三国峠到着がほぼ12:00。腹ペコの集団が次に目指すは、「ダー岩井の写真館へようこそ」でもたびたびウマそうなメニューが紹介されている「どんぶりや 風とり」。
 舗装された下り坂を夢のように駆け下りて行くと、なにやら右手に怪しい林道が…!!

アマネ:YAMAHA セロー / 2d:YAMAHA セロー / ツバキッキ:HONDA ディグリー / どんぐり:SUZUKI アドレスV125G / mau:HONDA XR100モタード「うりぼう号」 / ミスキック:YAMAHA XTZ125 / わた:KAWASAKI KSR110「シューティングスター号」 / 和茶:PGO Alloro「真紅茶号」 / kiri&30:SUBARU FORESTER「Bean号」

その2:めざせ!風とり編

峠を越えて陽射しの明るい中津川林道・長野県側。
真紅茶号の走りも軽快だ。
しばらく下ると、右分岐がある。
なんだなんだ?林の奥に車が何台か停まっているが、
またもやダートだ。


  




(クリックすると大きな写真に♪)
なかなか明るくていい道だ♪でもちょっと狭いかも。



(クリックすると大きな写真に♪)
でもバイクなら問題なし。斜面の紅葉がきれいだった~!!





シューティングスター号の勇姿!
そして、後方から真紅茶号



アマネ号の勇姿!!




FORESTER・Bean号
デカイよ。道塞ぐなよ。



がんばるどんぐり号と
せまり来る2d号



平然と2d号の到着。
そのうしろにミスキック号。



しんがりミスキック号は余裕♪



みんな、ここに停まって何をしているかというと…



(マウスオンで写真がチェンジ!)
山懐に抱かれた高原野菜の農地が…


(クリックすると大きな写真に♪)
FinePix F450 大きさ:640×480 サイズ:112KB/113KB 



2d号発進!はやッ!!…(Bean号はほぼ藪漕ぎ



(クリックすると大きな写真に♪)
山の中を走り抜けることの…


(クリックすると大きな写真に♪)
幸せ…


(クリックすると大きな写真に♪)
C4 大きさ:2288×1812 サイズ:985KB/1.09MB



明るい日の射す山腹のトラバースから下りに入ると、だんだん紅葉が褪せてくる。
低いところではまだそれほど色付いてはいないのだ。



後ろから来たオフ車2台に道を譲ると、もうすぐに山から抜け出した。
すぐ脇の納屋に巨大な農作業車が停まっていた。そっちにもこっちにも。
このあたりでは騒ぐほど珍しくはないのかもしれない。



などと写真を撮っていると、みなさんは先の橋の上で休んでいた。
振り向けばあの山。あの緑の中から下りてきたのだ。
ここでわたさんがTOMBOさんと連絡をとったが、どうやら先に大弛峠へ向かっているようだった。



また、この橋からの景色が、なんとも素晴らしかった。
清流は千曲川(信濃川)である。ここは長い千曲川の源流域なのだ。



(クリックすると大きな写真に♪)

(クリックすると大きな写真に♪)
FinePix F450
大きさ:640×480 サイズ:111KB


 
DSU-U60
大きさ:1632×1224 サイズ:526KB



(クリックすると大きな写真に♪)

(クリックすると大きな写真に♪)
Finecam S3R
大きさ:1280×960 サイズ:514KB


CYBERSHOT
大きさ:1920×1440 サイズ:651KB





ひとりでカッコつけてる、
シューティングスター号

さて、時計を見るともう1時過ぎ。確か「風とり」は2時までだったんじゃぁ…
それ急げ!!ってんでみんな脱兎の如く走り出した。
地図を見ると、結構距離あるぞ、「風とり」!!
ところで、あれはさっき橋の下流に見えただろうか?大きさがよくわかるように電柱と一緒に撮ってみた。



今度は前方に雲をかぶった山の連なりが見えてきた。なんだなんだ?と思っていると、
出た!カゴを背負ったみたいな愛らしい特殊車両♪
モンペはいて頬被りしたおばあさんが、竹で編んだカゴをしょって歩いている姿は時おり見かけるけれど、
もしかして、これはその機械化バージョンなのか?


あ、あ、ちょっと、
置いて行かないでぇ~~~!!



気持ちのいい田舎道がほぼ直角に左へ折れたかと思うと踏切を越えた。すると、奥に高い高架橋が見えてきた。
その下を潜るのかと思っていると手前へ大きく折り返し、ヘアピンの急坂を登って台地の上に出た。
そこにはなんと…


八ヶ岳だ!!
まさに夢のような光景だった。
私たちのいるところがちょうど雲の影に入ったところで、強い日の中にある八ヶ岳が、ひときわ大きく見えた。



(クリックすると大きな写真に♪)



多分この辺のストレートのどこかにいる。
そしてこのあと、突き当たりの信号が感知式でバイクが引っかからず、
mauさんが押しボタンを押しに行った。



走りに走って13:50、ようやく「風とり」にたどり着いた。
店内はほぼ満席で、ちょうど空いた席に分かれて座った。
私たちが店に入ろうとしたとき、表に観光バスがやってきたのには驚いた。
営業は2:30までだったが、さすがにそんな人数は入りきらない。


魅惑のメニューたち!!(他にもまだいっぱいある)
  


  

思い思いのメニューを選び、待つ間も楽しい♪
というか、注文は済ませたけれど、目が、まだまだ壁のメニューを追っている。
次は何を食べようかなぁ…あの新しい札は新メニューなのかなぁ…カキフライも季節ものだよなぁ…
などなど、思いは尽きない。

それでは、お好みのメニューを拡大してご覧ください♪
(クリックすると大きな写真に♪)
アマネ&mau
ざるらーめんセット・
鳥ソースかつ丼付き(850円)

2d:かつカレー丼(850円)


ツバキッキ:
鳥甘酢丼(700円)

どんぐり:かつ丼(750円)


ミスキック:
ソースかつ丼大盛り(900円)

わた:風とり定食(1000円)


和茶:
洋風かつ丼大盛(900円)



kiri:特製肉豆腐定食(800円)

(ひみつの映像)


30:馬刺身定食(1000円)





そして、満腹の私たちを
コスモスがやさしく見送ってくれたのだった…
げぷ!


その1に戻る その3へ行く

2005年に戻る