魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.



06.02.14

前のトラックに何か書いてある。
気になって、よく見ようと近寄ると…そうかよ。(^_^;)

今日は野暮用で横浜へ出かける。
「相模原 → 横浜」といえば、R16保土ヶ谷バイパス
保土ヶ谷バイパスはいい道である。空いていれば、
狩場I.C横浜町田I.C入口の間を15〜20分程度で
走れるときもある。しかし、ひとたび混めばあっという間に
全線つながる。


相模原や八王子方面からだと、その保土ヶ谷バイパスに
至るまでがまた“試練”なのである。
がんばって渋滞のメッカ・鵜野森交差点を越え、
辛抱重ねて“神奈川県町田市”を通過し、
やっとの思いで東名入口交差点・R246を越えるまでに、
膨大な時間を要する。
それを解消するためか、南町田駅付近で
中央緑地帯の高架工事が行われている。
完成予定は平成22年とか。
ずいぶん長いこと手付かずで渋滞し放題だったが、
これでもう少し横浜が近くなるだろうか?



R246の高架が見えるこの地点で右の車窓からこの看板が見えた。ここから国道事務所の管轄が変わるようだ。


    

これが東名入口だ!そして、東名から降りてきた車が左から合流してくる。
中央道からはるばるやってきたトレーラーと東名を走ってきたトレーラーがここで合流し、
ものすごい物流となって、一路、横浜港へと向かうのである。


    

左:上川井I.C付近。渋滞が終わって道幅も広くなることから飛ばしすぎに注意とか注意書きがあったように思う。
中:新保土ヶ谷I.C横浜新道から三ツ沢線に行きたかった30は、間違えて藤塚I.Cで降りてしまった。(笑)
右:狩場I.C出口。横浜市中心部への入口。降りたところは国道1号線箱根駅伝はここを駆け抜けるのである。



狩場I.C出口。右は戸塚方面、権太坂である。今日は横浜駅東口方面に用事があるので左へ。
ちょっと混雑するJR保土ヶ谷駅前を過ぎた久保町あたり。JR東海道線と1国が平行して走る。
線路の向こうは相模鉄道・天王町駅“横浜のアメ横”「松原商店街」はここの駅前だ。




浜松町、高島町と大きな交差点を通り過ぎてもう東口だ。
そごうの先、金港町交差点。
ここまでは狩場I.Cを降りてからほぼ真っ直ぐ
道に迷いようがない。(笑)





昼になったので、作ってきたおにぎりを食すべく、路駐。
依然として建設工事ラッシュのMM地区の昼は、職人や仕事車の路駐ラッシュが起きる。(笑)
比較的静かで空いているのがここ、三菱重工ビル横浜美術館に挟まれた住宅展示場横の道。
ランドマークタワーを正面に見ながらおにぎり&麦茶。周りの車は、何か食っているか寝ているかのどちらかだ。
トイレを借りに三菱重工ビルへ行くと、



おおっ!コレはッ!!\(^o^)/
関西系ドラッグストア「キリン堂」神奈川県唯一の店舗、三菱重工店だ。



重工ビル1Fの一角はショッピング&レストラン街のようになっている。昼休みは、ビジネスマンやOLで賑わう。
タイムサービスがいかにもという感じで面白い。



海っぺりだからいつでも風は強いMM地区だが、ランドマークの周辺は特に強風注意だ。(ビル風?)
ガラスのドアが重くて開けるのが大変なことがある。



すずかけ通りを東口に向かうと、そごうの横に大きなタワークレーンが。
横浜市のマンホールはベイブリッジ柄(そういえばまだ撮ってないな)だが、ポートサイド地区に限ってだろうか、
こんなコジャレたものがあった。




さっきのタワークレーンが足元から見えた。
そういえば、ランドマーク建設工事のときのヤツには、
太郎とか花子とか名前がついていたそうだが。





  

あゝ、横浜もずいぶん開けたなぁ。知らないビルがたくさん建って、なんだか東京へでも来たみたいだ。
無遠慮に耳に飛び込んでくる騒音だけでなく、そこにいるだけで、立っている足から、座っている尻から、
轟音が振動となって伝わってくる。



混み始めた保土ヶ谷バイパスで相模原の田舎に逃げ帰ってきた。腹が減ったのだが、
「とりあえず相模原まで帰ろうよ」
と、ガマンして。
昔、コンサートなどで東京に出かけたときも、「とにかく横浜まで帰ろう」と、駅へ急いでいたことを思い出した。


2004年に戻る