魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





2006年2月24日】
R413~R412~R20~(道の駅甲斐大和・道の駅はくしゅう・道の駅蔦木宿)~R152~杖突峠~千代田湖~猿ヶ入林道~金沢林道~R20~R152~
R299~横谷峡(雪中散策~おしどり隠しの滝)~蓼科山荘
【2月25日】
蓼科山荘~県道192号・茅野停車場八子ヶ峰公園線~40号・諏訪白樺湖小諸線~県道166号・東部望月線~R18~チェリーパークライン~車坂峠~チェリーパークライン~R141~道の駅南きよさと~中央道・須玉I.C~勝沼I.C~R20~(道の駅甲斐大和)~R412~R413

 乙女の滝は知っていた。が、その奥に渓谷があることは知らなかった。いいところらしい。蓼科には何度も来ているのに、そんな近くの名所を訪ねていなかったなんて。聞くところによると、今の時期は「氷瀑」も見られるそうだ。
 久しぶりにトレッキングシューズを引っ張り出して、軍手も持って、さて、気合を入れて出発だ!





R299に入ると麦草峠通行止めの表示が目につく。
気にせずガンガン上っていくと、こんなにわかりやすい大看板がでーんと現れる。
寄る気もなくいると、こんなものでも見落としてしまうから不思議だ。
右の道へ入って行くと、にわかに細く急な下りとなる。
大型の観光バスだと見ているほうがコワくなるくらいだ。




  



道の先には横谷温泉旅館がある。手前にはPがあり横谷峡散策の観光客はここに車を停めるのだが、
旅館では館内のトイレを無料で使わせてくれる。ありがたいことだ。
車を降りると水音が高く響き渡っている。目の前が谷なのだ。4時起きで作ってきた鶏そぼろ弁当を食す。ウマッ♪
雪が薄く残る斜面を見上げるとかなり寒そうに思える。しかし、さっきも言ったように今日は異常に気温が高い。
Bean号の温度計も、この時点で外気温7度と表示している。確かに寒くない。
山道をかなり歩くという話だからコートは暑いんじゃないだろうか…と思い、ジャージで行くことにした。
でも足元は、西沢渓谷へ行くときに買ったホーキンスのトレッキングシューズでしっかりと固める。
岩場もあるらしいので軍手(厚手イボ付き♪)も装着。余計な荷物は持たない。


  
(左・右写真、クリックすると大きなサイズに♪)
渓谷が美しいということは、谷の侵食具合や岩の形なども面白いということだ。
Pから旅館の裏にかけての見上げる絶壁も、これがパイの皮なら芸術的にうまそうだと思えるような形をしていた。
遊歩道についてはいろいろなHPで紹介されているし、わかりやすい案内図もいくつも設置されている。
しかし、コレはなんだか可笑しいぞ。(笑)


 

おっと、いきなりな下りである。莚はあったほうがいいのか、寧ろないほうがいいのか?(笑)
そしてこれが「乙女の滝」。なぜか谷の反対側の右手上部から流れ落ちていて、驚いた。
乙女の滝は横谷渓谷を流れる「渋川」に注ぐ支流だったのだ。


 

しかーし!!この雪道はなんだ?…(^_^;)
少し引き返すようにして渋川を遡る。こんなに雪が積もっているとは予想していなかったが。
ちなみに、流れの底が赤いのは水が酸性だからだそうだ。


 

氷柱発見!街中の服装でここまで来て、写真を撮って引き返す女性4名。
橋発見!たもとに案内表示板が立っている。やっぱり渡ってみる。




うーん、爽快な眺めだ!岩は赤いが流れは澄んでいる。
あたりが冬枯れて色彩がなく、道も斜面も雪に覆われているところが多いので、
この赤錆色と飛沫の白の対比がなんとも鮮やかだ。


 

対岸に、また氷柱発見。ん?道がない???


 
(右写真、クリックすると大きなサイズに♪)
いや、橋だ。橋の向こうは氷柱がいっぱい!橋のすぐ上流には「霧降の滝」がある。


 
(左写真、クリックすると大きなサイズに♪)
それにしてもすごいボリュームの氷柱だ。しかしよく見ると…(笑)


 

細かいことはさておき、あの石、よく流れていかないものだなぁ…
この特徴的な形の岩は「鷲岩」。鷲に似ているからだそうだ。
このあたりの板状節理がよく現れている。Pそばの層になった絶壁も同じものである。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
また氷柱が見えてきた。今度は流れの上なので天然らしい。(笑)


 

これはすごい!斜面というより岩壁のずいぶん高いところから凍り付いている。
ここは「屏風岩」。凍結していないときの様子もまた、大迫力に違いない。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
細かい感じの箇所もある。大自然の不思議。


 
(右写真、クリックすると大きなサイズに♪)
振り返ればこの雪道。かなりの傾斜なのだ。板状節理の岩が流れに洗われている。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
さっきから思っているのだが結構登りがキツイ。
案内図の「のぼり…60分 くだり…40分」の意味を、もう少し考えるんだった。(^o^;)




屏風岩を過ぎてしばらくすると右へ川岸に下りていく道と左へさらに登って行く道に分かれる。ここは左へ進む。
運動不足な上に歩き慣れない雪道でもう汗だく。ジャージも脱いでヒーハー言いながら
「まだ登るのか?」
と何度も引き返そうかと思ったが、そのたび、
「ここまで来たんだからさぁ…」
もったいないので考え直す。すると、
ここから先は「遊歩道」でなく「登山道」と同様の厳しいルートです。
落石・浮石等に十分注意してください。
(サンダルやハイヒール等では通行できません)
という注意看板が現れた。そういえば、道が崩れてしばらく通行止めだったと、どこかのHPに書いてあった。
山肌を伝うように鋼材で作られた細い通路を辿ると、右下にちょっと想像できないような形の滝が姿を見せはじめた。



(マウスオンで写真がチェンジ)
「王滝」。
この滝は、高みの展望台から見下ろすのだ。




袴のような面白い形をしている。
さて、展望台からは、さらに先へ上へと急な階段が作られている。どう見てもこれは登山道である。
そういえば「横谷観音展望台」というのがあったっけな?と、
案内図をよく見てこなかった私たちは、無謀にも雪が積もったその道を登ってみた。




 



鎖や手すりのあるところもあったが、それにしても足場が悪く、なんとか尾根らしいところへは出たもの
のこれ以上先へ進むのもなんだか不安になってきたので、何かの施設らしい構造物のある地点で引き返すことにした。




さんざん苦労して登った雪道だったので、下りは滑って危ないのではと心配していたが、何ということはない、
下りはラクラク♪さくさくと降りてきた。屏風岩の手前あたりに右に登っていく道があり、確か「横谷観音500m」と
表示があったようだ。引き返してきて正解だったのかも。
川床がやたら滑らかに見えるところがあって、ここが「一枚岩」のようだ。


 

これもさっきから思っていたことなのだが、歩いていると何かときどきかぐわしい。それも「匂い」ではなく「臭い」のほう。
なんか動物園のシカの檻あたりで嗅いだことのあるような…と思っていたら発見!
右のヤツはひづめだな。イノシシは尖っていそうだな。これはシカっぽいな。左は何だろう?


  

もうひとつ、最後の滝があるはずだった。車で行けるらしいので洋子に案内させる。すると、R299をさらに登って、
奥蓼科温泉郷へ入り込んだ。このあたりは完全に除雪されていない。しかも谷あいで気温が低く、
雪もよく踏み固められていて少々緊張。それより、橋をふたつも渡ってまだ着かないのか明治温泉
滝は明治温泉のそばにあるという情報だったので。


 

結局、RR299からは横谷峡を隔てた反対側にある県道191号・渋の湯堀線(湯みち街道)へ出て、
それを茅野市街地方面へ下ったところでようやく明治温泉への入り口を見つけた。
「直通電話小屋」が何のためにあるのか…???と思ったが、理由はすぐにわかった。
温泉へ下りる道が細い急坂&凸凹&不完全除雪。ここを降りるのはちょっと勇気がいった。
道もすごければ除雪車もすごかった。(笑)


 

旅館前のPスペースに車を停めると、その数十m下の谷になにやら青白いものがニョキニョキ立っている。
そして、人ひとり分の幅しかないハシゴのような階段が1本あるのみ。


 
(左写真、クリックすると大きなサイズに♪)
これが「おしどり隠しの滝」だ!
マイナスイオン数は15000。王滝の25000には及ばないが立派なものである。
(乙女や霧降の滝などにも数値が書かれていた)




ところで、おしどりはどこに隠れているのだろう???(笑)


 
(クリックすると大きな写真に♪)
そして林立する「輝く氷のオブジェ」たち。


 
(左写真、クリックすると大きなサイズに♪)
オブジェのある谷はかなり足場が悪いので、滝のほうへ続く遊歩道へは立ち入り禁止となっていた。
もし、王滝を見たあとそのまま進んでいたらばどうなっていただろうか。
この階段は旅館と駐車場のある場所から降りてきた、さっきの細いヤツだ。


 
(左写真、マウスオンでチェンジ)
谷から上がってきてあらためてあたりを見回すと、なんだかスゴイものがあった。雪に埋もれているのはトイレらしい。
横にまわって見ても、どう見ても埋まっている。それから、除雪に使われているらしいナンバーもない改造車
動いているところを見てみたい。(笑)




明治温泉をあとにして半凍結の細道を登る。うーん、対向車はご容赦願いたい。(^_^;)




来た道を戻ろうとすると右のほうに湖らしいものが見えたのでちょっと行ってみる。
するとどうだ、思いがけない美しい景色に出会えた。御射鹿池という。


  

奥蓼科温泉郷は、なるほど「奥」という字がつくだけあってR299やビーナスライン沿いの別荘地より、
少し鄙びた静かな感じがする。除雪も控えめだ。(笑)
電信柱にこんな「お願い」があった。雪の少ない地域で生活しているのでこういうものも珍しく感じてしまう。
そしてこのあと、もっと珍しいものに遭遇した!


 

おおおー!!何だこれは?
雪の中でひときわ目立つこの色彩。広い駐車場にぽつりと2台だけで停まっていた。待機中らしく、あたりに人影もない。
普段なかなか近くで見る機会がないので、そばに寄ってよく眺めてみた。
ちょっと地味でユーモラスな形のヤツは、鼻先のKOMATSUのマークとこの品番で調べがついた。
長野県の雪上車のほうは、このプレートの会社名を検索してみたところ、素晴らしいHPを発見した。
株式会社 日本除雪機製作所
雪上車の動画もあるし、子供向けページも完備。「特殊車両」の世界がまた広がった。




 




Bean号を横に停めて記念撮影♪
デパート屋上の子供ショーで、みつばちハッチとウルトラマンに一緒に写真を撮ってもらったときのようなうれしさである。