魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





2006年2月24日】
R413~R412~R20~(道の駅甲斐大和・道の駅はくしゅう・道の駅蔦木宿)~R152~杖突峠~千代田湖~猿ヶ入林道~金沢林道~R20~R152~R299~横谷峡(雪中散策~おしどり隠しの滝)~蓼科山荘

【2月25日】
蓼科山荘~県道192号・茅野停車場八子ヶ峰公園線~40号・諏訪白樺湖小諸線~県道166号・東部望月線~R18~チェリーパークライン~車坂峠~チェリーパークライン~R141~道の駅南きよさと~中央道・須玉I.C~勝沼I.C~R20~(道の駅甲斐大和)~R412~R413

 雲ひとつない快晴の下、きのう行かれなかった横谷観音展望台に寄ってから一路、車坂峠を目指す。
 空も雪も何もかもが眩しい、その陽光の彼方には、霊峰富士が…!!





 
(左写真、クリックすると大きなサイズに♪)
翌朝。雨とか曇りとかいう予報は大きく外れてこの青空!よほど日頃の行いがイイに違いない。(笑)


  

朝10時。明るい陽射しが落ちているアスファルトなのに氷の花が咲いている!
上着を着なくても寒くないほどなのになぜ!?
駐車場の片隅には山荘ネーム入り専用除雪車。県の除雪車両とは違い、小さな小さなユンボである。
泥だらけのタイヤ周りを見ると、つららができていた。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
きのう除雪車が停めてあったPのそばに「横谷観音展望台」の案内表示があったので、行ってみることにする。
しかし、Pから先は一面の雪道だった。でも道は一直線で2~300mぐらい。難なく走破。それより、Pのほうが白かった




さっそく入ってみる。走ってみる。空はどこまでも高くて青くて、雪焼けしそうである。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
Pの奥からは鋭い峰が見えた。右のほうには遊歩道が延びている。


 
(右写真、クリックすると大きなサイズに♪)
通行止めになっている車道の先の道より、徒歩3分の遊歩道のほうが面白そうなのでそちらを歩くことにする。
木々の間を少し下り、また少し登ると横谷観音のある展望台だ。
北斜面には雪がかなり残っていて、きのう渓谷で見たような足跡が、いくつもあった。


 
(右写真、クリックすると大きなサイズに♪)
ここが展望台。案内図を見るときのうの王滝からはかなり登っているようである。諦めて正解だったかも。(^_^;)
渓谷にあった注意看板がここにもあった。



うわ~~~!とか、思わず言ってしまいそうな眺めが、右から左まで広がっている。
正面が中央アルプスで左が甲斐駒とか書いてあったような気がする。
だとすると右は北アルプスだろうか。そして眼下には王滝と横谷渓谷。



(クリックすると大きな写真に♪)




谷から登ってきてこの景色を見たなら、その感激の度合いはひとしおだろうと思われる。


 

雪の上に落ちた小さな松ぼっくりが陽に暖められて周りの雪が解けている。
雪に開いた穴に収めたように見えるがそうではなく、穴はあとからできたのだ。




ビーナスラインに戻り、女神湖方面へ向かう。
ピラタスの丘に近づくと、正面に大きく横岳(2473m)が見えてくる。


 

横岳のよく見える路肩に未舗装のスペースがあったので突っ込んでみる。
同じ場所で前と後ろの風景。ちょうど飛行機が白い雲を描きながら空を横切って行った。


 
(左写真、クリックすると大きなサイズに♪)
お気に入りの展望ポイント。太い丸太が1本転がっているのが目印。小さなPで未舗装だ。
Bean号はそれでも全く構わないのだが、ひざに届きそうな積雪では乗り入れ不可だった。
写真を撮っていると、ガサガサッ!と音がして、足元のガケから真っ黒いカモシカが飛び出してきた。



(クリックすると大きな写真に♪)
ここはいつもチェックアウト後のわりに早い時間に来られるので、空もガスってなくていい。
パノラマに繋ぐ前の写真はこちら。(・)


    

スズラン峠を越えて行くと、左手に絶景が広がる。




ここにもkiri家お気に入りの展望箇所があるのだが、コレはどうだ!(笑)
チャレンジの跡はあるが、やはり無理のようだ。(^_^;)
仕方ないのでBean号にはあのへんで待っていてもらう。
雪は固く締まっていて、踏んで歩いてもズボッ!ということはない。しかし、歩いている面とベンチが同じ高さ!!
ということは、雪の深さは…!!




この場所から見える景色。(



(クリックすると大きな写真に♪)
ずっと右の奥に見えている白い連なりはすごいと思う。
立ち塞がる壁のようではないか。
「山」といえば「△形」だと思っている30にはなんとも不思議な眺めなのである。




 

雪景色の中を快走して女神湖にやってきた。湖畔の木はこんな感じ


    

この40号・諏訪白樺湖小諸線は実にいい道である。牧場の白樺の、そして空のさが目にしみる。
今は牧草も冬枯れているが、やはり広い面積が一面それだけの色彩で埋め尽くされた風景というのは、
都会ではあまり見られないこともあって、旅情を誘われる分だけより美しく見えるものなのだろう。
沿道西側の長門牧場お出迎えが!(笑) おっと、よそ見をしているとこんな看板も目に入る。(^o^;)




大きなS字カーブに展望台が作られていた。見えるのはもちろん、浅間山(2568m)


    

展望台からは浅間山とその周辺の山などがよく見える。
2方向に案内版があるのだが、これがよくできていてちょっと面白い。






立科町から東御市へ入り、千曲川を渡る橋の上から。


    

しかし、なんでこんなにガソリン高いんだ!?
それから、右前方に見えるあの銀色に光る物体は…!!
そして「こもろマンホール」。こんなものもあった。




そして、地図で初めてその名を目にしたときからいつか来たいと思っていた
チェリーパークライン!!
ついにここまでやってきた。\(^o^)/




    

名前の由来は桜並木があるかららしい。




おや、こんなところに林道が。しかし一般車両通行禁止である。
葉のない白樺の枝先がぼうっと赤いのは、新芽でも出てきているからなのだろうか。



(クリックすると大きな写真に♪)


 

登るにつれて足元に残る雪の量が増えていく。
どこにでもある警戒標識だが、道の形がピッタリ同じだったので感心してみた。
これが「注意標識」だったか「警戒標識」だったか忘れてしまったので検索してみたところ、
このHPで無事、真実を知ることができた。

30は「言霊標識」を見てしまった。(笑)



(マウスオンで写真がチェンジ)
ここが車坂峠だ!!




真ん中だけ掻き分けるように雪がどけてあるPにBean号を停めようとしてバックし過ぎ、ペッコリとケツ跡をつけてしまった。(笑)
長野県側から登ってきたので、最初に「長野県小諸市」という字が見えたが、反対側には「群馬県嬬恋村」と書かれている。
 除雪されているのは長野県側の「チェリーパークライン」だけなので、嬬恋村へ通り抜けることはできない。
ちなみに、このあたりの道の様子気温はこんなもの。


 
(クリックすると大きな写真に♪)
この峠には国民宿舎高峰高原がある。売店かレストランかと思ったが、公共の宿だったとは。
小諸市の市営らしいが、高峰高原ホテルのHPを見ると、とてもそうは思えない。
うまくパノラマに繋がらなかったが、Pからは佐久盆地の広がりが見渡せる。今登ってきた道もこの通り。


 

う~ん魅力的だが、さっき入ってきたばっかりだし…。
えっ?富士山見えてるの???もしかしてコレか?コレなのか???





    

峠を越えたすぐ向こう側にアサマ2000パークスキー場があるので行ってみることにした。
ところが、そこは北斜面。いきなり半アイスバーンの急な下り坂である。\(~o~;)/ トナカイさんが迎えてくれた。


    

とにかくあたりの雪が真っ白である。
神奈川県あたりの街中の雪はグチャグチャとかき氷のように水っぽく、黒や茶の色が付いているのが普通なので、
スキー経験のない30には、この一面の純白の雪原がとても不思議だ。


    

まだまだ雪に覆われている標高2000mの世界をあとにする。
見上げると高原ホテルの特徴あるガラス窓と、その左に客室の窓が並んでいた
あの絶景が見放題ならちょっと安いかもしれない。
山を駆け下り、佐久市内を駆け抜ける。新しい広い道が作られ、紳士服の○○などの大型店が立ち並んでいた。
見慣れない長野ナンバーが珍しいが、地方の軽自動車の台数というのはやはり都市部よりかなり多いらしい。(笑)
だいぶ陽も傾いてきたのでR141を疾走、ひたすら南下する。おっ!このお店は♪(笑・次の機会に)


    

南牧村に入ると八ヶ岳(?)が見えるようになってきた。道端に雪だるま?のような物体が目につく。
いや、牛か?…その正体は…コレだった!!(笑) アイディアがいいな♪


  

しかしこの風景。ここまで来ないとこの感動は味わえない。
そして、路肩で土に還りつつある車両が1台。




まだ高原野菜も作られていない春待ちの畑。遠くに見えているのは野辺山宇宙電波観測所


  

JR鉄道最高地点を通過し、須玉I.C目指して走っていると、新しくできたらしい道の駅を発見した。
「道の駅南きよさと」である。これはいちばん手前にある建物で、うしろの山も全部敷地なのだ。
レールのような物が見えているが、これは確かケーブルカーみたいなものだったと思う。




あの形は山?それとも雲?…左に連なる山々の上空はまだ青空だ。別の方角を見るとあんな山景色も見える。
このあたりの風景は田畑の広がりの上に様々な形の峰が見えて、決して洋風ではない。
洋風な高原の雰囲気もステキだが、こんな農村風景も穏やかで落ち着く気がする。


  

須玉で乗って…勝沼で降りる。
予定よりだいぶ遅くなってしまったので、甲府盆地中心部の渋滞を避けようと、この区間だけ高速に乗ってみたのだ。
そうしたらラッキーなことに、ETCが半額になった!!1200円のところが600円である。
意図していなかっただけに非常にウレシイ♪
そして、こんなデッカイの姿も見ることができた。


  

道の駅甲斐大和で休んで、19時半過ぎ帰着。