魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.



【2006年4月22日】
相模湖I.C〜一宮御坂I.C〜R137〜34号・中道塩山線〜花見台〜大積寺林道(冬季閉鎖中)〜34号・中道塩山線〜R137〜一宮御坂I.C〜(双葉S.A)〜長坂I.C〜32号・長坂高根線〜28号・須玉八ヶ岳公園線〜清里高原道路〜(吐龍の滝)〜R141〜R299〜麦草峠〜R299〜県道480号・松原湖高原線〜R141〜風とり〜R141〜2号・川上佐久線〜滝見の湯〜馬越峠〜68号・梓山海ノ口線〜県道106号・原浅尾韮崎線〜信州峠〜県道610号・原浅尾韮崎線〜23号・韮崎増富線〜県道601号増富若神子線〜R141〜須玉I.C〜相模湖I.C

 ※06.04.15 花の国・山梨

 4月19日、R299の冬季閉鎖が解除された。「麦草峠」に雪の回廊はあるだろうか!?疑問を解消するために快晴の空の下、山梨へ向かった。
 ついでに、先週まだ咲いていなかった一宮花見台にも寄ってみることにした。

先週家を出たのは朝7時だったが、
今日はちょっと気合を入れて5:43。
ガラガラの中央道は談合坂の登りを邪魔するものとて無く、
大月あたりでちらりと見えた富士の姿は、
終日の天気の良さを予感させてくれた。
そして、笹子を抜けた私たちの目に飛び込んできたのは
この雪峰!
勝沼I.Cに近づき、広がっていく甲府盆地の上に
さらに広がって行く南アルプスの峰々



釈迦堂P.Aに入ってみた!ヒョー!!
釈迦堂P.Aからは釈迦堂遺跡博物館へ行かれる階段がある。それを登ったところからの眺めだ。
博物館の周りは、あっちこっちも桃だらけだ。
階段下のこのも、季節には美しい。

ヘタクソパノラマ/同じく大菩薩嶺〜甲武信ヶ岳方面?金峰山方面?茅ヶ岳方面?

説明に自信はないが、とにかくすごい眺めだった。
山梨へは何度も来ているが、今まで見た中でいちばん綺麗だ。
このとき、今日出かけてきたことの幸運を確信した。

こういう日に中央道で甲府盆地を駆け抜ける爽快さは格別である!!\(^o^)/


一宮御坂I.Cで降りる。ETC通勤割引で半額♪
今週の花たちはどうだろうか。ワクワクしながら走る。
一宮南小学校入口交差点
今朝は時間が早いせいかまだガードマンが立っていない。
でも、信号の下には「花見台入口」の案内が
ちゃんと出ている。
ちなみにこのあたりの信号は夜間早朝殆ど黄色点滅。
ずっと都市中心部に住んでいて、点滅する信号など
横断歩道しか見たことのなかった30には、
最初かなり珍しいものに思えた。(逆にカッペだ・笑)

桃の回廊を辿って行けば、朝日に輝く桃花
この日差しをたっぷり浴びて、日本一の桃を実らせるのだ。
そして、期待していた桃花越しの南アルプスも見えてきた!




も、もう、どこかしこも、も、も、も、ももだらけである。





花見台直下の細道も、先週今週では全然違う!(カーソルを乗せると違いがわかる)
さらに登りつめると大積寺林道入口が見えてきた。今日はガードマンがいないので林道へ突入してみる。
先週撮った林道看板
ピストンだし、冬季閉鎖中なのでどこまで行けるかはわからないが、ゲートだけでも拝んでこようと思った。
でも、現在位置からすると、ゲートなんて見えそうなくらい近い気がするんだけど…???





ところどころ見えなくなりそうだがちゃんと舗装してある。
倒木があるのもまぁ、林道らしくていいじゃないか。
右へ分岐があった。作業道か?





  

雑木林の中の古く割れたコンクリート舗装は、個人的には雰囲気があって好きだ。
落ち葉の様子からして車も通っているようではある。
橋の下に見える沢は大石川の最奥部か。




道の左右はガードレールも無く、雑草がボウボウと荒れた感じに生えまくっているが、見通しのきくところも何ヶ所かある。
雪嶺も白くて眩しいが、案外夜景もイケるかもしれない。
そんなことを思いながら登って行くと…





終了っ!!





ひーん!せっかくここまで来たのに。・゚゚・(>_<)・゚゚
こんなクレバスも、落ちなきゃどうってことないのだ。
(落ちてもどうってことなかったりして…)




しょうがないので撤収。来るときはうしろで見えなかった眺めがうれしい。
しかし不法投棄はこんなところにまで及んでいる。うつろな目が怖いのは捨てられた人形だけではない。





倒木潜り。よく見ると落木が途中で引っかかっているようだ。
落石も結構なものだが通行に支障はない。





戻ってきたぞ〜。





おお、広々とした眺め!(花見台からのヘタクソパノラマ
ちなみに花見台内部。階段がなかなかいい造りである。







なんてのどかなんだ…
ありがとう、桃・ぶどう日本一の郷!\(^o^)/




桃ももちろんきれいなのだが、(コレ全部ひらがなで書くと「ももももちろん」になる。「も」多すぎ!)
あの白っぽい花はなんなのだろう?桃の仲間?すもも?木のかたちは似ているけれど。











こんな幟(のぼり)?をいくつか見かけた。
男の子が生まれると、五月人形と一緒にこれを飾る慣習が
あるそうだが、武田信玄のイメージが強い山梨県だと、
いかにもといった感じがする。

先日と同じように桃回廊の中を下り、ももの里温泉の前に下りてきた。この看板がなんかいい。
しかし、一週間前に満開だった場所はもう終わりに近い色になっていた。




一宮御坂I.Cまで戻り、再び高速に乗る。今までのはほんの寄り道だ。
境川P.Aに入ってみた。ここも素晴らしい眺望だった。都市の向うに八ヶ岳もよく見えている。
そしてWCで出会ったものは…
これだ!!
…素晴らしい再利用法。しかもステキ♪\(^o^)/

さらに進むと空はいよいよ青く、茅ヶ岳の裾野を回りこんで八ヶ岳も次第に近付いてくる
これだけ空気が澄んでいると富士山も丸見えなのではないかと思い、双葉S.Aに寄ってみた。






あれは…!










8:55、双葉S.A。なんという富士!!
双葉S.Aの標高は337m。富士山は言うに及ばず、360度に近い展望が楽しめる。振り向けばこんなだ。
S.A自体もとても広く、ハーブガーデンや遊歩道もあり、富士山が見えるポイントも教えてくれている。
もちろん八ヶ岳も見えるのだが、送電線越しにスーパーオギノ双葉店&くろがねや双葉店とセットで見ることになる
ちなみにこれは展望塔から上り線方向の眺め。
この展望塔は4階(?)建てだが、2階からはこのすべり台で下りてくることもできる。
私たちが昇りに行ったとき、片手に串ダンゴを持った50歳くらいのおじさんが楽しそうに笑顔ですべり降りてきた。
とってもやってみたい30だった。





このくらい八ヶ岳が近くなってくると、間もなく長坂I.C左に見えていた山も気になる。




清里方面に向かって北上する。最寄の駅は甲斐大泉だろうか。こんなマンホールがあった。
そして、このあたりのガードレールは富士山である。なぜ富士山かというと、見えるからだ
ヘタクソパノラマはこちら。南に向くと左に富士山、右に甲斐駒ヶ岳から連なる山々を望む。
ここまで来れば郊外型大型店舗も無く、むしろ清里に近いので別荘地の趣すらある。




05年6月から無料になった清里高原道路に入り、全長490mの八ヶ岳高原大橋を渡る。
高いところに架かる橋で(川から橋まで110m)、谷を覗き込むと
うひゃ〜〜〜!!
である。流れているのは川俣川
そして、下流側を見やればやっぱり富士山がいる
ところで、渡りきったすぐ左のPからは八ヶ岳をバックにこんな写真が撮り放題だ。
左右の車がいなくなるタイミングをみんなそれとなく狙っている。(笑)
ところで気になるあの山たちの名は???


さて、清里までわざわざやってきたのは、「山梨の林道事典」でこの滝の写真を見たからなのだ。それは
「吐龍(どりゅう)の滝」

近くまで行ったらちゃんと矢印看板があったので迷うことはなかった。
でも、道は林道っぽい狭さの急勾配で、視線を感じて右手のほうを見たらシカ5、6頭の群れがジッとこちらを見ていた。
カメラを向けたらいっせいに白いケツを見せて逃げ出した。(笑)




どんどん降りて行くと、橋の手前左側がPスペースになっている。
わかりやすい大きなマップもあるし、 遊歩道がかなりきれいに整備されているので重装備で行かなくとも歩ける。
この、川俣東沢渓谷(龍仙峡)自然観察園遊歩道の存在を知った数年前からいちど行ってみたいと思っているのだが、
いまだに実現していない。秋がいいかな。







渓谷はそれほど荒々しい雰囲気ではなく、
やさしくきれいだ。
滝は、小海線が川俣川を跨ぐ橋のすぐ先にある。





うわっ!竜だ。
30にはシッカリと竜に見えるのだが、どうだろう?
なんでも、NHK大河ドラマ「利家とまつ」のオープニングタイトルに使われたそうだ。
この日も三脚を構えて熱心に写真を撮っている人が何人もいた。紅葉の時期はもっとすごいのだろう。
清里駅からも近いし、遊歩道も楽しいのでおススメの場所だ。








おおおっと、コレは30をおびき寄せるワナかッ!?





ここはR141にあるびっくり市
主婦はこういうところにとても寄ってみたいのだ。




もう、ほとんど全てが特売品である。30狂喜乱舞寸前。車で良かった♪(笑)
しかし、車だけでなく、こんなものあんなものもGETしてきた。うれぴぃ。





今日はよく見る八ヶ岳だが、今からあの向こう側へ、回り込む。