魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.




【2006年5月1日】
R16〜R407〜R254〜東松山I.C〜(上里S.A、駒寄P.A)〜渋川伊香保I.C〜35号・渋川吾妻線〜R145〜R292〜(渋峠)〜29号・中野豊野線〜R18(アップルライン)〜R406〜鬼無里(いろは堂)〜36号信濃信州新線〜県道506号・戸隠高原浅川線(戸隠バードライン)〜県道403号・飯綱高原浅川線〜(ループ橋)〜R18〜29号・中野豊野線〜R292〜(渋峠)〜R145〜35号・渋川吾妻線〜渋川伊香保I.C〜(上里S.A、嵐山P.A)〜東松山I.C〜R254〜R407〜R16


 ※05.05.13、14 兵越・しらびそ〜渋峠、“標高三昧” 「渋峠編」 

 「雪の回廊」。そう聞いただけで想像力の翼がふわ〜っと広がるような気がする。観光バスの天井よりずっと高くそそり立っている雪の壁。それを見上げながら歩く小さな人の姿。わけもなく「行けるわけがない」と思っていた場所に行ってみようと思った。


志賀草津は遠い。それに、雪の回廊目当ての観光客も
多いと聞く。ゆっくりと写真を撮りながら見物したいなら、
朝早いうちに行くのがいいに決まっている。
しかし、志賀草津は遠い。朝早くに降り立つには当然、
相模原をこんな時間に出発しなければならない。
そして遠いと高速料金も高い。で、ETC通勤割引(100`以内)
利用するため、東松山I.C(4:25イン)まで下道を走った。

これは関越の夜明け。



4:55、上里S.Aに到着。
S.Aの楽しみ方というのもいろいろあるが、
特殊車両好きの30はこんなところに注目してみた。

昇ってきた朝日とご対面である。そして朝ごはん
kiri:カツ丼(600円)、30:ミニソースカツ丼(350円)
カツだったら、表のスナックコーナーの「かつトースト」のほうが
気になったな…。
そのあと、駒寄P.Aで時間調整。この特徴的な山(なんだっけ?)
が見えてくるとほどなく渋川伊香保I.Cだ。6:06ゲート通過
予定通りの通勤割引♪



渋川市街地はなんだか懐かしい気がした。
それは、こ〜んなところをさんざんさまよって、
あのお店を探しまわったからだ!!\(^o^;)/

それはさておき、早朝の町を走りぬけ、東村を通過し、
一路、草津方面を目指す。
途中、満身創痍の大木のある交差点を通った。
もはやオブジェといっても差し支えないのではと思うような
金具の食い込んだ幹が痛々しい。
しかし、こうまでして保たれているところを見ると、よほど古くからある
大事な木なのではないか思われ、あとで調べると、果たして
日本のケヤキ三銘木の一つで、「槻木(つきのき)」とも呼ばれている
国指定の天然記念物、群馬県吾妻町原町の「大ケヤキ」だった。
そういえば交差点名が「槻木」だ。
足元を見ると、なんとマンホールがあの大ケヤキだった

しばらく走るとR145のおにぎりが現れた。東村を通ったのだから
吾妻川の南岸、35号線を走ってきたことになる。初めての地域だし、
道路が並行して2本通っているのでどちらだかわからなかった。
マンホール写真を撮っておいてよかったという好例♪
(持っている地図も市町村合併前のものでヨカッタ)

あたりの景色が町や農村から渓谷のような雰囲気に変わってきた。と思ったらもう川原湯温泉まで来ていた。
このあたりは5月でも新緑はまだまだである。
ところで、前を行くプリウスのワンちゃん、さっきから落っこちないかどうか心配なんだけど…(~_~;)
と、ワンちゃんの心配をしていたら丸岩(1124m)が見えてきた。




戦国時代には丸岩城という城があったそうだが、どうやって資材を運んだのだろう?
国道のあたりは標高560mほどらしいので、見上げる高さは実に500m以上!?

何となくあたりが賑やかになってきたと思ったら長野原草津口駅前を通過。
長野原町のステキなマンホールもお出迎えだ♪




このあたりはまだ桜が満開で驚いていると、もっと驚く景色が目に飛び込んできた。
これから、あの山に向かうのだ。うーん、スゴイ。
R292はきれいな道だったが、結構わしわしと登った。登って上って登りつめたところでこの看板
道の駅草津運動茶屋公園だ。




初めて訪れた草津の町はレストランや土産物屋や巨大な観光ホテルが立ち並ぶ近代的な町だった。
湯気の立つ川沿いを浴衣姿で温泉まんじゅう…という絵が頭の中にあったのだが、それはこのへんのことではなさそうだ。
今日は雪の回廊を見に来たのでそちらを目指す。
建物がなくなって枯木立の中を進む道に入った。またまた登る。一体どれくらい高いのか。
そりゃそうだ、国道で日本一高いところへ行くんだもんな。(^_^;)





うわ、出た!雪山だ!
雪の少ない地域で育ったのでこんなものでもとても珍しくて大騒ぎしてしまう。



このあたりはキジが降りたりシャクナゲが咲いたりするらしい。

今回は買ったばかりのおにゅーのデジカメ「IXY」と、
こないだ電池切れで困ったFujiちゃんの2台で写真を撮っている。
で、このときはまだ気付いていなかったのだが、
2台の「時計」が10分近くズレていたのだ…!
だから、このあたりの写真は
順序が逆になっていたりするかもしれない。(-_-;)







  

ああ、この風景…ダーさんのHPで何度も見た雪の残る斜面…
とうとう自分でここへやってきたのかと思うと感無量だった。

カーブには雪が溜まっていて、ひとつひとつクリアするたびに標高が上がり、あたりの雪もだんだんと増えてくる。









広々とした笹の葉の台地。右に巨大なひとつながりの壁のような山が見える。
解けた雪と解け残った雪の描く模様が、30にはこんなふうに見えた。(笑)





右側にちょっと広い駐車場があり、目の前にはさっきの大きな壁がどーん!と広がっている。









うおお、うまく合成できなかったので30特製「切り張りパノラマ」だッ!(笑)
雰囲気だけでも…(^_^;) (ホントはもっとすごい)

さすが朝早いと人も車も少なくて撮影がラクである♪
さらに進むと雪溜りの雪はどんどん増えこんな看板(カーブは緩いけどよそ見するなって?(^_^;) )に注意しながら登って行くと、
さっきのトカゲがあんな高さに迫ってきた!





あれは草津の町だろうか、下界が見えた。
このあたりには背の高い木や草の類がほとんどないので眺めを遮るものがない。
だから高さがじかに感じられて、自分が虚空に投げ出せれているような気さえする。





なんだ、あの山!?





上の写真は旧デジ(Fujiちゃん)、下はNEWデジ(IXY)。
富士フィルムの名誉のために言うが、
このときはまだ画素数の設定を変えるとか何も考えていなかったので、このサイズでしか撮っていなかったのだ。
もったいないことをした。
…この不思議な山塊は、白根山である。初めて見るその異様な光景に慄いた。
「あの山、何?」
「しらね!」
「えー、知らないの?」
…(-_-;)
実は、知らなかった。音に聞く白根山がここにあるとは、知らなかった。
しかしこの雪原はなんだ!神奈川の平野部だと、積もってもひざ下10cmぐらいにしかならないのだが、
それで電車もバスもみんなストップして大騒ぎになる。
なのになんだ!この気の遠くなるような雪の量は…。
不思議な色をした池のそばも通ったようだが、このときはとにかく雪の回廊を全力で目指していた。





…うおっ!
雪の壁が立ちあがってきたか!?しかもなんだ、あの「道」は。

ありゃっ!?
風の通り道かな???








キターーー!!o(・∇・o)














コレよコレ!!この場所に来たかったの!!
あゝ、ホントに来ちゃったよ。自分の車で。自分で運転して。雪があるのに車で来ちゃったよ!
ウソじゃないぞ、夢じゃないぞ、マジだぜ…
この写真を撮りたいがために、わざわざ早起きして一生懸命走ってきたのだった。
うう、感動。・゚゚・(>_<)・゚゚・
この雪の中、道路標識はこんなことになっていた
さらに、この雪の壁を上から見下ろすと…








あのへんにいたんだー!!\(~o~;)/
いやはや、圧倒的な雪の量である。
ダンプ一杯分の土砂ってすごい量だと思うけど、ここの雪はダンプなんかじゃ量れない。








両側雪だらけの道をただただすげーすげーといいながら進む。
すると右手に「日本国道最高地点 標高2.172m」の碑!
せっかく他に車がいなかったのに逆光だし…(泣)
空もなんだか霞んでしまっていたが、もしすっきり晴れ渡っていたらそうとうな景色が広がっているのだろうなぁ。





道が平坦になり、左右に広々とした駐車スペースがあらわれた。
スキー場らしい。ということは、ここが渋峠か?








あっ!このバス停はっ!
(「渋峠」がウレシイkiri / 「渋峠」がウレシイ30





犬がいた。
名前はインディー君渋峠ホテルの名物犬のようだ。



 

インディー君に遊ばれる30。(笑)