魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.









【2006年5月28日】
相模湖I.C〜都留I.C〜R139〜おむすびのおおみや〜R139〜県道705号・高畑谷村停車場線〜黒野田林道〜R20〜県道212号・日影笹子線〜R20〜34号中道塩山線〜R137〜御坂路さくら公園〜R137〜蕪入沢上芦川林道〜(日向坂峠)〜水ヶ沢林道〜(新道峠)〜芦川村すずらんまつり〜蕪入沢上芦川林道〜36号・八代芦川三珠線〜R358〜(GS)〜中道往還(県道113号・甲府精進湖線)〜R358〜36号・八代芦川三珠線〜大窪鶯宿林道〜金川曽根広域農道〜(県道308号・鶯宿中道線、29号・甲府玉穂中道線)〜みたまの湯〜金川曽根広域農道〜(29号・甲府玉穂中道線、県道308号・鶯宿中道線)〜34号・中道塩山線〜R20〜勝沼I.C〜相模湖I.C

 ※03.10.31 鳥坂峠・御坂みち「HONDA Z」サヨナラ走行 …紅葉の蕪入沢上芦川林道写真がいっぱい
 ※04.09.28 Bean号、霧の林道デビューで鹿出没!夜のダート走行で夜景満喫 …鶯宿峠からの甲府盆地の夜景
 ※04.08.16 富士山&盆地ビュー …大窪鶯宿林道の詳細
 ※04.06.05 芦川村すずらんまつり〜田貫湖 …初めてのすずらんまつり
 ※05.05.24 8000オフ  …すずらんまつりの楽しみ方
 ※05.11.18 おおみやのおむすび&黒野田林道〜猿橋 …黒野田林道の紅葉と富士山&パノラマ写真
 ※05.11.20 御坂みち・芦川村の紅葉 …蕪入沢上芦川林道の紅葉と八ヶ岳まで見渡せる絶景写真
 




林道アタックの前に燃料補給である。
芦川村にも2軒のスタンドがあったが、1軒は休み、
もう1軒は営業していないようだった。
このあたりが町場と違うので注意が必要だ。
ここも、従業員は隣のレストラン坂本屋から出てきた。

今からアタックする道は県道113号・甲府精進湖線
どの地図にも色つきの線で載っている立派な「県道」だ。
しかし、実際はその半分ほどがダートの、「山道」なのだ。
“開かずのゲート”のウワサがあり、
04年の秋に来たときはゲートこそ開いていたものの、
「4000m先通行止め」の看板にひるみ、断念したのだった。
ところがわたさんはいちど走っていると聞き、
じゃあ行ってみるかということになった。



前回来たときも不思議に思った“谷を望むベンチ”は健在だった。(こんな景色が見えるらしい)
さて、このカーブを右へ回り込んだところにゲートが…開いてるじゃん!\(^o^)/
前回は涙を呑んでこの道を引き返したのだった…などと思っていると、うしろからフツーの乗用車が来るし。
でも、今のところいたって平凡な道だし…ダートといっても極めてフラット&ちゃんと新しい砕石で埋めてあるので、
走りやすいこと眠くなるほどだ。



しかし、こんな場所で下を覗き込むと、すげー高さに驚くこともある。



あとはだいたい同じような雰囲気の土の道が坦々と続いている。振り向いても緑の草木が見えるだけ。
道幅はこんなものだが、草の生えていないところだけが道というわけではないので、別に狭くはない。



そして、ここが右左口峠。「うばぐち」と読む。
今来たほうが上九一色村。これから下りていくのが中道町。上九の看板は半ば木に埋もれている
「峠」と明記した感動的な道標はない。この解説板だけが、ぽつんとある。他には何もない
仕方がないので並んで写真を撮ってみた。



下りはじめると甲府盆地が見えてきた。また、今日はよくこの花に出会う。



R358との交差ポイントまで下りてきた。ここではガードレールひとつを隔てたすぐ向こうをR358が走っている。
を潜って反対側に出る。
集落の中をゆるゆると下って行くとマンホール発見!
中央に「中ミチ」の町章があるが、既に中道町甲府市に呑み込まれている。



さて、念願の中道往還を走りきって感慨深いところだが、ついでにもう一本行ってしまおう♪
今度はR358右左口トンネルを潜り、上九一色村からもういちど芦川村へ戻る。

あ、ツバキッキさん、なんか見られてますよ。(笑)



36号・八代芦川三珠線沿いの鶯宿峠入口までやってきた。ここから入ってしばらく行くとゲートと林道看板がある。

熱い友情の看板撮影風景。(笑)



到着、鶯宿峠!!(案外近いのだ)

この峠は中道往還の1本東の道なので景色も似ているが、こちらのほうが標高が高いし、
芦川側から登ってくると、目の前に一気にこの展望が広がるので、感動が大きい。
もっとも、本当の鶯宿峠はもう少し尾根を東へ行ったところにあるようなのだが。
しかし、甲府盆地の中央から北西の韮崎市街まで、天気さえよければ南アルプス八ヶ岳も一気に見通せる爽快さ!
この場所からは夜景もまた、とんでもなくきれいに見えるのだ。


    

鶯宿峠からは東へ名所山林道が延びていて、黒坂里道林道に接続している。
まだ走ったことがないので、そのうちセットで来てみようと思う。

名所山線に興味津々のシューティングスターと、後ろ髪をひかれる思いのディグリー。(笑)



以前来たとき、数ヶ所で舗装工事が行われていたので、
もうダートはなくなってしまったのではないかと心配したが、
ちゃんと残されていた。道幅の広いフラットダートである。

ここでも桐の花が随所に咲いていた。
ツバキッキさんがすごいピントの合わせ方で
撮ってくれた一枚に感動♪

フラットダートだなんて思っていたら、池発見!!(笑)
バイクのお2人のために、少しでも水深を減らそうと思って
派手にダイブ!!\(^o^)/
(どうせ洗車するのはアタシだからね)
でも、チョット怒っちゃったかも…(~∀~;)



下る途中にも広場があって、盆地をバックに愛車の写真が撮りたい放題である。




まだまだ空は青いが、時間はもう4時半。
温泉に向かうことにする。
金川曽根広域農道を西へひた走り、「みたまの湯」へ。
途中、トコトコ走る農耕車発見!カワイイー♪

みたまの湯Pから西の山を見ると、
山腹を横に走るラインはきっと林道♪
いつか走ってやる。(´∀`)ニタリ

そして湯上りのお約束はコレ!
 わた1わた2ツバキッキkiri&30

本日は、終わってみればお日柄もよく…という、一時はどうなるかと思った天気だったが、
そのせいか車が異常に少なく、2輪と4輪という組み合わせのツーリングがまたも成立したのであった。
聞けば、わたさんも夕べはヘベレケだったということで、
酔っぱらいの思いつきでも“根性”さえあれば大丈夫だということが証明された、まことに有意義なツーリングだった。
(なんか、だいぶ違ってるかも…???(^_^;))

何はともあれ、トラブルもなく楽しく走れてよかったです♪また一緒に出かけましょう。


2004年に戻る