魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.









【2006年8月9日】
R413〜R412〜R20〜R152(杖突峠、高遠)〜R361〜県道207号美篶箕輪線〜(卯の木交差点)19号・伊那辰野停車場線〜(三日町交差点)R153〜まつくぼ・JR小野駅・道の駅小坂田公園〜東山山麓広域農道〜63号・松本塩尻線〜R143〜(大口沢交差点)57号〜(田沢北交差点)R19〜55号・大町麻績インター戸倉線〜大町市街地〜R148〜白馬村

【10日】
R406〜大出の大吊り橋・白沢洞門〜R406〜白馬村八方・黒菱林道〜R148〜県道45号・大町アルペンライン〜扇沢駅・黒部ダム〜県道45号・大町アルペンライン〜
県道31号〜県道33号〜R406号〜いろは堂〜36号・信濃信州新線〜31号・長野大町線〜県道475号・信州新中条線〜12号・丸子信州新線〜R143〜12号・丸子信州新線〜(鹿教湯交差点)R254〜R152〜長門温泉やすらぎの湯〜R152〜(山寺上交差点)17号・茅野小淵沢韮崎線〜(八ツ手交差点)県道425号・松沢富士見線〜R20〜道の駅信州蔦木宿・道の駅甲斐大和〜R412〜R413

 ダーさんのHPで初めて見た「いろは堂」の「おやき」。おいしそうだった。その、手に持ったときの熱さと、鼻をくすぐる匂いが漂ってきそうな写真に惹かれた。でも、地図を見るといろは堂はあまりに遠かった。“夢のおやき”だった。
 今年のゴールデンウィーク、運良くその「おやき」に辿り着くことができた。あまりのウマさに、そのあと百貨店催事にも買いに出かけた。

 ※ 06.05.01 志賀草津・雪の回廊〜鬼無里のおやき



アルペンラインを大町へ戻り、GSに入った。なんと、リッター160円!!…(-_-;)

気を取り直して、大町街道から「オリンピック道路」というやつを目指す。地図を見ようと停まったら、なぜかクジャク小屋の前だった。
クーちゃんとナナちゃんの住まいらしい。こちらがクーちゃんかな?
途中から右へ切れ込んで朝走ったR406に合流、再び白沢洞門へやってきた。しかし、朝と違って北アルプスは白く霞んでしまっていた。



さらば、白馬。またいつか。



      

R406は、これまたたいそうな国道だ。洞門手前の尾根のようなところが落ちたらしく工事をしていたが、洞門の東側は
ほぼ林道といっていいような狭いワインディングだ。長野と白馬を結ぶ道だが、冬季は閉鎖されるのだろうか。
なんとも山深く、たま〜に民家がポツンと見えたりする。国民宿舎があるのが不思議なくらいだった。
畑の中に大きなクレーン車がいて何か作業をしていた。そう、畑や田んぼも谷間に沿って、あまり大きくないものばかりだった。
時刻は2時近く。もうおなかは空きまくりで、一刻も早く、あのおやきにありつきたかった。






おやきだ。いや、いろは堂だ。





なぜか、「帰ってきた〜」って、気がする…。



    




(いろは堂スノボ)





さあ、食べるぞ!えーと、「あざみ」「野沢菜」「ネギミソ」「切干大根」もはずせないなぁ。それから…
HPでチェックしていた夏のおやき「なす」「ささぎ」もシッカリ注文♪大量注文を終えて、しばし待ちである。
待っている間にどうぞと、「野菜ミックス」をひとつサービスでいただいた♪

ちょうど他のお客さんが絶えたところで、私が地図を2冊も抱えているのを見た若おかみが「どちらから?」。
神奈川ですか!?…息子が厚木のほうに行っていて…アラ、相模原!…まぁ、お近くでした?じゃ、もうひとつ…
などなど、話弾んで、もうひとつ「ささぎ」をサービス。(笑)

ウハウハしてたらさっきの注文が焼き上がり、卓の上になんと12個ものおやきが並んだ!(*`▽´*)




全て完食。
(最初の野菜ミックス1個も含む)

(拡大:左のお皿右のお皿



 

お土産に「なす」を4個包んでもらって、大満足(腹)でお店をあとにした。
カエルのじょうろが竹ぼうきと一緒に置いてあった。




いろは堂のすぐ隣にある「旅の駅」のトイレで「下水道排水設備検査済証」を発見。
鬼無里村にあるお宅には、みんなこれがついているのだろうか?
右は、鬼無里の「おすいマン」。

おやきも食べたし、あとはどこかで温泉に入って帰るだけだ!…時刻は3時半。うちまで300kmぐらいかな?
今回の旅の野望は「オール下道」。
金持ちでもないくせに、「遠出=高速」と思い込んでいた我が家。電車の旅なら鈍行か急行しか乗らないのになぜ!?
夏休み中で慌てて帰らなくてもあしたも休みなので、どこまで下道で行けるか試してみることにした。
地図を見ると、電車も国道も通っていないところを「主要地方道」というのが走っている。
まずは、鬼無里村から小川村を経て信州新町に至る「36号・信濃信州新線」だ。




山に向かって緑の中を登って行くと…
やっ!なんだあれは!?
左の建物に、何か見えた。停まってみると、




「こっ、これは…」
開けてみた。
電話帳も備え付けてある。(1992年版だけど)
30が受話器をとって耳に当ててみたが…応答ナシ。(~_~;)

場所はバス停「萩の峯」前


  

しかし、この民家とも思えない小さな建物はいったい???…
正面から見上げると、






このあたりでは牧畜が盛んだったのだろうか。
この山奥で集められた牛の乳を、どこへどれほどの時間をかけて運んだのだろう。





鬼無里村と小川村の境を越えた辺りの大洞高原
「星と緑のロマン館」というのがあって、この一帯に宿泊施設やグランド、工房などの施設が点在している。
だから、マンホールもこれだ。
小川村にはもうひとつ大いなる自慢がある。それはこれ





ものっすご〜〜〜く雄大な北アルプスの山々を眺めることが出来るらしい。
この日はあいにくだったが、検索すると、信じられないような雪山の写真が出てきたりして驚く。
5月頃の北アルプスはまだ雪だらけなので、その頃にこの道を走ってみるとイイことがあるかもしれない。
ちなみに、この“広場”の規模はこんな
バス停・待合所・トイレ・自販機・公衆有線・観光案内図まで揃って至れり尽くせりだ。




このあとはえらい下りで、31号・長野大町線に合流する辺りだったろうか、ステキな“ベンツ”に乗ったおじいさんを見かけた。
まるで、おじいさんが生まれた朝に買ってきた…ようなベンツである。
いや、それほど古ぼけてはいないが、おじいさんに付き従う忠実な秋田犬のように、ピッタリと風景に嵌まっていた。





影もだいぶ長くなってきた。時刻は4時をまわった。


いったん31号に出たが、このあと再び36号に戻って南下を続ける予定だったが、なんと、通行止めである!!


ちょっと様子を見に行ってみたが、路肩が大きく崩れていて、その先では工事車両が道を塞いでいた。
仕方がないので県道475号・信州新中条線を通ることにする。迂回といっても大した距離ではないし、
犀川を渡る手前で36号と合流している。それに「県道」だから、安心して走れるだろう。



31号を東に進み中条村に入った。
近隣市町村の中では小さな村だが、
HPは可愛らしい山姥と北アルプスの絶景が迎えてくれて
楽しい。(^_^)
で、その「県道」なのだが…

“険”だった。(-_-;)

ガサガサと草を掻き分けるようにして軽自動車サイズの道を
ガンガン登って行くと、超鋭角の分岐点に出た。
一応舗装はされていたし、こんな)があった。
路線名が書いてあるので間違いではなさそうだった。
近くに、捨てられたベニヤ板みたいな手書きの看板があり、
半信半疑でその通りに切り返して(だから、狭いんだって!)進むと、
山の上の畑&住宅地に出た。そこはもう信州新町で、
さっきの鋭角分岐は町村境の峠らしかった。




サプライズの475号を走りきり、すんげーわかりにくくて一度通過しちゃって戻った路地からR19に合流、
おお、町に出た!と思ったらすぐ左折して新町橋を渡った。
このときの犀川の雄大な流れは、山の中から出てきただけにちょっと感動だった。
その道は既に“アルプス展望道路”と紹介されている12号・丸子信州新線で、コイツに乗ってしまえば、あとはまっすぐ
道なりに鹿教湯温泉まで降りられるのだ。
(と、簡単に思っていたが、実際は細かい分岐がいっぱいで、十字路やY字に出るたびに「?」マーク点滅しまくりだった)

ところで、信州新町のマンホールに描かれているヒツジはどういう意味があるのかと調べてみたら、「ジンギスカン」が有名らしい。
信州新町観光協会HPでは、信州新町の人がジンギスカンが大好きで、花見の宴会でもジンギスカンを食っていることや、
「ジンギスカン街道マップ」なんてものも紹介している。
きっと運動会や盆踊りでも「ジン・ジン・ジンギスカーン♪」と歌われているに違いない。(推測)
ちなみに歌詞は、「ジン ジン ジンギスカーン ヘイブラザー ホーブラザー ナイスブラザー ゴーブラザー」
だそうである。




あっという間ではなく写真がないだけなのだが、麻績村坂井村へとやってきた。
信州新町と麻績村の間に大岡村も通っているのだが、マンホールには出会わなかった。
それに、もう夕霞でアルプスの展望も望めなかった。しかし走っている間中、ずっと平地ではなく「山」の上にいる感じで、
山間部の暮らしって、こういうものなのかなぁ…と、今まで知らなかった暮らしの風景が見えて新鮮だった。





R143から再び12号に分岐した辺りで見かけただろうか。
田沢ナニガシという知り合いがいることを思い出し、
「名前がよくねーなー!!」と笑い懐かしむ。
青木村は東急電鉄の創始者五島慶太氏の出身地だそうだ。





午後6時28分、ようやく鹿教湯温泉に着いた。
いや〜、最後の山越えが結構スリリングで…(^_^;) 長野県の“山”懐の深さを思い知った旅だった。




さすが、鹿が教えてくれた温泉。かわいい親子鹿だ。



そろそろ温泉に…と思ったが、鹿教湯温泉についての知識が全くなかったので、地図で帰り道の途中にある
道の駅「マルメロの駅ながと」やすらぎの湯まで行くことにした。



  

広々としていてゆっくりできた♪
オリジナルのマルメロシャンプーマルメロソープがと〜ってもいい香りで癒される。売店で売っていた。ほしかったな。
夜10時まで(受付は9時半まで)営業というのがウレシイ。



  

マルメロの駅はR152沿いにある。R152って、行くときも通った道じゃん!一周してきたわけかな。
せっかくの初訪問地だが、もう暗くてマンホールは撮れない。風呂にも入って帰って寝るだけなので、のんびりと…
そういえば腹が減ってきたぞ。
どうやら、ひとり6個と半分のおやきを全て消化し尽くしてしまったらしい。

10時をまわって道の駅蔦木宿。出かける前は、帰りはここの「つたの湯」に入ろうかとも考えていたのだが。

今さら店に入って食べるのもなんだし、コンビニのおにぎりじゃ悲しいし、
がんばって帰って家の近所のすき家に寄ろう!ということに決定。がんばって帰る。

それにしてもR152・大門街道というのは恐ろしく暗い道だった。果てしなく続くかとさえ思われる一本道で、
大門峠を越えたところでようやく知った道に接続。ちょっとホッとする。(^_^;)



 

何でこんなに時間がかかるのか、30の運転がトロいからなのか、とにかく帰り着いた。




そして、旅のお土産たち。





この携帯ストラップはなんともユーモラスで30のお気に入りである。

        
雷鳥左/雷鳥右/雷鳥正面/雷鳥背面/雷鳥下から