魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.









【2006年8月9日】
R413〜R412〜R20〜R152(杖突峠、高遠)〜R361〜県道207号美篶箕輪線〜(卯の木交差点)19号・伊那辰野停車場線〜(三日町交差点)R153〜まつくぼ・JR小野駅・道の駅小坂田公園〜東山山麓広域農道〜63号・松本塩尻線〜R143〜(大口沢交差点)57号〜(田沢北交差点)R19〜55号・大町麻績インター戸倉線〜大町市街地〜R148〜白馬村

【10日】
R406〜大出の大吊り橋・白沢洞門〜R406〜白馬村八方・黒菱林道〜R148〜県道45号・大町アルペンライン〜扇沢駅・黒部ダム〜県道45号・大町アルペンライン〜県道31号〜県道33号〜R406号〜いろは堂〜36号・信濃信州新線〜31号・長野大町線〜県道475号・信州新中条線〜12号・丸子信州新線〜R143〜12号・丸子信州新線〜(鹿教湯交差点)R254〜R152〜長門温泉やすらぎの湯〜R152〜(山寺上交差点)17号・茅野小淵沢韮崎線〜(八ツ手交差点)県道425号・松沢富士見線〜R20〜道の駅信州蔦木宿・道の駅甲斐大和〜R412〜R413




5:40、白馬大橋からの眺め。

いつもの旅なら絶対にこんな時間には起きていないのだが、今日は黒部ダムを見に行くため、早起きをしたのだ。
夕べ、フロント脇でもらってきた「白馬めぐりマップ」で見つけた「白馬大橋 日本の道百選」
まさかこんな景色が見えるなんて思ってもいなかった。起きて、たまたま外に出たkiriが輝く峰を見つけて大騒ぎになり、
カメラ掴んで宿を飛び出しただけなんだけど。
川下はこんな具合で、見る間に霧が流れてきて山を隠してしまった。私たちはタイミングが良かったらしい。

ついでに、「大出の吊橋」にも行ってみることにした。





取説を読みもしないで使っているデジカメなので、同じところを撮ってもずいぶん違って写る。
カーソルをのせると入れ替わるので、好きなほうの写真をどうぞ。(笑)
一応パノラマも作ってみたけれど、なんだかイマイチ…(^_^;)


これで気を良くして調子に乗り、ダーさんのHPで見た、白沢洞門からの北アルプスを見てやろうじゃないかと、
R406を駆け上がった。





うひょ〜〜〜、空が青い♪

下りでは、さっき橋で視界を遮ったのもこれだったろうか、雲海が見えた。
こんな景色を見ながらこの道を下って白馬に向かう幸せ。



 

山を下って小さな踏切で線路を跨ぐ。右手に白馬駅が見える。小さな駅だ。





駅舎もシンプルで小さい。これが、冬はどれほど賑わうのだろう。
信号を見上げれば白馬、タクシーの上にも白馬(笑)
しかし、こう山を見上げることが多いと、つくづく「電線ってじゃまだな〜…」と思う。



チェックアウトのためいったん宿に戻る。
あんまり空がきれいなので写真を撮りに行って来たと言うと、
「上までですか?」
…それってもしかして、マップに載っている
「黒菱林道」のことだろうか?
宿のご主人がこんなにいい天気は珍しいと言うので、
じゃあ、行ってみようということになった。
そういえば、きのう来るときに、手前の交差点に
「展望道路」という矢印があった。
いいところに泊まったものである。

別荘が立ち並ぶ細い道を進んで行くと林道看板が現れた。
そして山肌を縫って走る細い道。看板には「幅員4.0m」と
書いてあるが、この状況下ではグッと細く狭く見える。
まぁ、しらびそ峠へ行ったことがあるので驚きはしないが、
それでもちょっと背中の辺りがゾクゾクしてくる。



おっ、牛だ!
わーい牛だ!\(^o^)/ モー、こんなに近いゾ♪o(*^▽^*)o
うちの近所にも牛舎はあるが、
どうもこの大型の哺乳動物が珍しくて仕方がない。
同じ白黒でも、パンダを見てもこれほど嬉しくはないから
不思議だ。ちょっとコワさもある。










なっ、なんだこの眺めはッ!!想定外だぞ…

さらに進むと…










大きくして見ます?(

正面の尖っているのが白馬鑓ヶ岳(2903m)、右の頂上が平たいのが杓子岳(2812m)、その右が白馬岳(2932m)で、
この3つが「白馬三山」と呼ばれているのである。
鑓ヶ岳の左の尾根の、いちばん高い大岩が天狗の頭(2812m)だ。



驚異の展望に慄きながら林道を登りきると、そこは黒菱第3ペアリフト乗り場だった。





駐車場からはさらに気になる道が続いていたがゲートで封鎖されていた。残念。

ここで、きのう買っておいたコンビニおにぎりの朝食。しかし、食いながらもリフトで上まで行ってみたくて仕方がない30。
「でも、高いんだろうなぁ…もしかして1人1000円とか!?」
時刻は7時半。黒部ダム見学の時間が気になるkiriはさっさと大町に向かいたい。
ここで、神様がkiriにトイレに行けと命じた。トイレから戻ったkiriが「リフト乗ってみようよ」と明るく言ったのだ。
「えっ、なんで、なんで!?」
トイレの帰りにリフトの料金を見てみたところ、なんと往復500円だというのだ。
白馬村観光局公式サイト参照!意外に安いゾ♪)



神様、ありがとう!!念願かなってウレシイ30♪\(^o^)/(何の神様だ???)




リフト自体は、下に生えている草に足が届くくらいの高さなのであまりコワくはない。
しかし、振り向いちゃったりなんかするとやっぱりコワイのだ。

着いたところは黒菱平。リフトのそばに建物があった。そういえば下から見えていた
なんと、それは長野五輪スタートハウスだった。
長野って、善光寺のあるところじゃないの???スキーをこんなに遠いところでやっていたなんて…」
ウインタースポーツに縁のない30には不思議がいっぱいである。(~_~;)
「だって、こんなところをどうやってスキーで下りるの???」
やっぱりわからない30である。

下からは見えなかったが、このスタートハウスの後ろには、こんな景色がある。



じゃあ、パノラマで見てみよう。


右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳と見てきて左を向くと、
五竜岳(2814m)と双耳峰の鹿島槍ヶ岳(2889m)見えている北峰は2842m南峰が2889mだそうだ。

そして、見下ろせばこの眺め。



雲に浮かんでいるのは志賀・草津の山々だろうか。それを東に見るなど、初めてのことである。




黒菱平からさらにグラートクワッドリフトに乗れば第1ケルンまで行ける。そこから先は登山装備が必要になる。
でも、これで十分だと思った。



木道が緑の中へ延びている。やがて2000mを越える峰に至る道だ。
あまりに澄んだ空気に陽射しがとても眩しく、朝だというのに日焼けしそうだった。
リフトの動く音や人の声が遠くに聞こえるが、全体、あまりにも静かだった。
空間の広がり、というものを感じた。ビルや木立に切り取られることのない空の青。
こういうところへ来ると、やはり地上は「下界」だなと思う。




下りのリフト。
だんだん下の地面が近づいてくるのが
ちょっとさびしい気分になるひととき。

ふと、紅葉の時期はどんなだろうと乗り場の人に尋ねてみると、
「3段になりますよ」…へ?サンダン???
上が白、中が赤、下が緑の3段だと説明してくれた。
うぴょ〜〜〜ん、そんなになるのォ!?\(◎o◎)/!
「そのころ、また来ます!」

再来を約して、さらば黒菱平。



スゴイ景色だったネ〜…と、余韻に浸りながら来た道を戻る。
黒菱第3リフト乗り場への道はこれ1本だけだ。
従業員の人たちは毎日この道を上り下りしているのだ。
なんだか羨ましいような気もする。
乗り場と別荘地の間は牧場なのか何なのか、
ところどころに牛がいた。

あー牛だ。あー、あれは何だ!?
かなりの斜面を、土煙をあげながら疾走する車両がいた。
もう少し下のほうでも、同じように濛々と土を巻き上げて作業する
この車両。よく見ると、大きな木の枝をロープで引き回して、
地面を均しているようだった。
牧草地にするのだろうか?そいでもって、
そこに雪が降るとスキー場になるのだろうか?
真夏の今では、真冬のこの地が想像できない。
もう、さっきのスタートハウスはあんなに上の方だ。



別荘地帯へ下りてきた。このあたりは和田野
鬱蒼と繁る和田野の森だ。
森を抜けた交差点の角は白馬カナディアンロッジ
ここの車は宣伝効果抜群だ。

国道を走っていると…、
長野県警パトカーにロックオンされた!?

違ったみたい。(*^。^*)





なんだか、のどかすぎる道だ。(笑)
でも、この馬はちょっと怖いケド。(^_^;)