魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.



【2006年8月20日】
相模湖I.C〜河口湖I.C〜R139〜71号・富士宮鳴沢線〜R139〜道の駅朝霧高原〜R139〜県道414号・朝霧富士宮線〜田貫湖〜県道414号・朝霧富士宮線〜72号・富士白糸滝公園線〜R469〜72号・富士白糸滝公園線〜76号・富士富士宮由比線〜22号・三島富士線〜春山農道愛鷹林道(数100mで通行止め)〜春山農道〜22号・三島富士線〜76号・富士富士宮由比線〜72号・富士白糸滝公園線〜R469〜72号富士白糸滝公園線〜県道180号・富士宮富士公園線〜(富士山やさいセンター)〜R469〜北山工業団地迷走〜県道414号・朝霧富士宮線〜75号・清水富士宮線〜R139〜道の駅朝霧高原〜林道二ツ山線アタック(通行止めで退散)〜別荘地迷走〜鳴沢林道〜軽水林道〜富士林道〜船津林道〜県道716号〜県道701号・富士上吉田線〜R138〜道の駅富士吉田〜R138〜県道717号・山中湖忍野富士吉田線〜県道729号・山北山中湖線〜R413・道志みち〜道志の湯〜R412




茶畑の中をそろそろと進んで行くと、道が二股に分かれていた。
目立つ分岐なので写真を撮っていると、
左の草むらの中に…

それって、林道杭じゃんっっっ!!

バックしてみた。(笑)


 

杭自体は古くなさそうなのだが、あまりに苔むしていたため気付かなかったのだ。
起点だか終点だかはわからないが、ここから先が愛鷹線らしい。GO!!

最初はまだ舗装路が続いていた。ちょこっと茶畑もあった。

しかしそのうちダートに変わり…




5分もたたずに終了である。
謎の痕跡(?)もあったが、当分の間車両通行止めと書いてあるし、なす術もない。




登った道をトボトボと戻る。
実はここ、展望ポイント。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
ガードレールもロープも縁石もないので景色がスッキリしている。彼方に駿河湾。
もし愛鷹林道を走ることができていたら、もっと大きく、あの海が見えていたのかもしれない。

ところでまだ9時前だ。このまま帰るのもつまらない。
富士線でも走ってみるか…って、来た道をぐるりと戻るんじゃないか!
いや、来た道を戻ればいいだけだ。(モノは考えよう♪)




さっきも似たとこ通ったな…(^_^;)

なんか、すごいマンホールを見つけてしまった。「かぐや姫」って富士市だったか!?
と思って調べたら、富士市は「竹取物語」発祥の地だとか。
でも地面にこんなものがあると、ちょっとビックリするぞ。


この広い道はR469。
お、この先の大きなカーブは、
さっき海と富士山を両側に見た場所かな。
よく見ると左側に
「→村山浅間神社」の看板があるではないか!
10万分の1の地図しかないのだが、うまい具合に
元村山という地名と浅間神社の鳥居のマークがある。
そして、すぐ先で右へ72号線が分岐している。
このレポ製作作業にGPSデータが使えれば
何の問題もないのだが、
あいにく30はその技を使いこなせない。
こうして記憶を頼りに地図を辿るだけである。





ちょっと寄り道してみたッ!!\(^o^)/
懸案事項の一つだった「富士山やさいセンター」やっぱり、記憶どおりの場所にあった。
活きのいい野菜や果物、海産物などの食材やちょっとした日用品まで、なかなかワイルドに売られている。


 

ようこそ富士山のやきそばへ」の手書き看板。おみやげ用詰め合わせセットも売られているようだ。
野菜は地の物ばかり。何だったか忘れたが、スーパーではあまり見かけないような野菜もあった


 

残念ながら干物は品切れ。きっと安かったのだろう。

「DASH村」でやっていた「わさび入り中華まん」を探してみたのだが、残念なことに売っていなかった。(泣)
しかしかわりに「ヤング焼き」なるものが…!!
今、写真を見ていて、ヤング焼きのうしろに見えているたくさんの手書き文字が気になってきた。




右の大きなヤツは…
夏に生ビール・台地の宝石 朝採りらっかせい うり出し お早めに
左の3枚には…
「食の安心安全食育
「家庭による子供の生活習慣病の予防に」
新鮮野菜と鮮魚を 」
「お母さん朝食
「健康に梅・中梅・小梅 いろいろ」
「地元朝採り  」
「夏だビールに落花生
「お子様のおやつに枝豆家族みんなでスイカ

おおお、誰が書いているのか、なにやら確固たる信念のようなものを感じるが…。(^_^;)


 

我が家の買い物。富士の名水で作られたらしい豆腐、富士の名水で育ったらしいセリ、あと、ネギとジャガイモかな。
これも富士山の火山灰で育ったと考えたい。(そんなんでウマイか?)
奥に見えている輪ゴムの箱がいい。




富士山やさいセンター、ほぼ全景。


 

なんだか犬率も高かった。
このあとは72号線に戻らず、R469で道の駅朝霧高原に向かった。
ところが途中、北山I.Cのあたりでおかしな道に迷いこんでしまった。舗装が新しくて道幅が広く、やたらときれいだ。
方角は間違っていないようなのだが…???ちょいと路肩に停まって地図を見ていると、
すぐうしろを走っていた群馬ナンバーの車も停まっておじさんが降りてこちらへやってきた。そして、
「あのー、富士五湖のほうへ行くにはどっちへ行ったらいいんでしょうか?」
ワハハ、おじさんも道がわからなくて困っていたらしい。しかし、静岡相模ナンバーについて来てどうする!?(笑)
地図によると、どうやら新しくできた北山工業団地へ迷い込んだようだったので、
「うちもそっちへ行くのでついて来てください」
といって一緒に走り出した。道は極めて単純で、ほどなくR139に出ることができた。
通行量も少なく、晴天の下、緑あふれる富士の裾野をのんびりと北上した。
富士五湖方面というなら途中から75号線〜71号線に入ったほうが早そうな気もしたが、このままR139で行っても
先で合流するし、何よりわかりやすいだろうと思ってそのまま走り続けた。
群馬のおじさんも何の疑問も持っていない様子でそのままうしろをついてきた。
道の駅の前まで来たので、私たちは進入専用の右折レーンに入った。
うしろのおじさんはそれと察して「パッ!」とクラクションを鳴らしてそのまま先へ走って…行かずに、ついてきてしまった!!
「ありゃりゃ?」と思って停まり、うちはここに寄って行くからと言いに行こうと降りると、おじさんもすぐ後ろに停まり、
「ありがとうございました!」と言いながら、なんと車に積んであったタオルを2本、くれたのだ。
いや〜、義理堅い人である。(^_^;)業務用(?)らしく、社名入りだった。
おじさんは道の駅にも入らず、そのままにこやかに走り去って行った。道中の無事を祈りつつ見送った。
大したことをしたわけでもないのに、とてもうれしくなってしまった。


  

実はここに寄ったのは、先日わたさんのブログに出ていたここの名物、「こけももソフト」が、すんごいウマそうだったからだ。




こけももこけももこけももこけももこけももこけももこけもも…
ちょっと言いにくいがなんとなくかわいい響きの「こけもも」とは、こういうものらしい。


 

ソフトコーナーは大人気なので列に並ぶ。








こけもも&ミックスだー!!\(^o^)/

実はソフトクリームの果実系が得意でなかった30。ものっすごく鮮やかなピンク色にもドキドキ。
しかし、ひとくち食べてみると、

うんま〜〜〜o(*^▽^*)o

もしかして食わず嫌いだったのか!?それともこけももが飛びぬけてウマいのか!?
とにかくウマいぞこけもも、甘酸っぱくてサワヤカ、香りもスッキリ♪もうひとつ食えそうなくらいウマい。
もう何度も来ているのに、これを食べたのは今日が初めてだ。あゝ、今まで損をしていた…。
バニラもまた一番人気というだけあって、ミルク味のなんともいえないコク。
道の駅朝霧高原にお越しの際は、真冬でもなんでもぜひぜひこけもももソフトをっ!!あら、もが多い。
そうそう、こんなものも売っていた。今日は寄らないが、ここまで来たらこういう楽しみもあったな。



こけももの香りに包まれてニコニコ歩き回っていたら気になる階段をみつけた。この表示も気になる。
登ってみるとベンチがあり、その向うに広い空があった。富士山展望台ということだが、にわかに黒雲が広がってきた。
朝は最高だったのにネ。実は反対側の眺めのほうもすごかったりして。(山が近い!)





道の駅をあとにして71号線に向かうと、なんだかすごい車両が普通に道路を走っている。
この人なんか帽子やモミアゲのあたりも雰囲気出ている!
詳しくは「特殊車両」118〜参照のこと。


 

そして、黒雲巻き起こる富士山に向かう広い道路は村道 富士ケ嶺(ふじがね)6号線
この先に待ち受けているのは一体…



「鳴沢線入口まで行かなくても地図に道があるじゃん」
…この場合の道は、「地図にある」というだけで、通れるとは限らない。
しかも「二ツ山林道」といえば、確か大荒れのガレ林道で2輪でも難しいという前に通行禁止じゃなかったっけ!?
鳴沢線終点と軽水線が交差する変形十字路でも閉ざされたゲートを見た記憶があるぞ。
30は絶対に通れないと思ったが、kiriは行けるところまで行ってみようという。
それならということで、ここは富士1ばんゴルフ外周の西端である。正面入口手前の道を右へ右へと進んで行くと、
左右草だらけの道はやがて大きめの三叉路に出る。正面は藪。
左の柵のあるほうがゴルフ場外周沿いの道で、柵の向こうじゃプレー中。彼方に二ツ山が見えている。



なんてわかりやすい形状。
右へ行く舗装路の先は墓地のようだった。突然キジのような尾の長い鳥が2羽藪から飛び出し、
あっという間に反対側の藪に走りこんでいった。一瞬の出来事でビックリした。
ビックリしているともう1羽出てきて走っていった。
もしかしたら、突然イノシシやタヌキなんかが走ってきたりするのか!?
そして左の道なのだが、まず道幅いっぱいの水たまりがあり、藪の草や潅木が派手にはみ出している。
それも人力じゃ薮漕ぎなんてできそうにないくらい固くて痛そうだ。
他にもゴルフ場の外周なら、秋山カントリークラブの周りが神野栗谷線というダート村道だった。
しかし、こりゃ、どう見ても軽トラサイズだし、だいたい「道」じゃないんじゃないの???という感じだった。
すると後方からオフロードバイクが3台やってきて、爆音を残してスイスイと「道」の奥に消えていった。
「なら、行けるだろう」…とは全く思わなかったが、とにかく発進。



いつもなら豪快に飛び込む水たまりなのだが、今日は左右がギリギリ(たぶん。実は見えない)なので慎重に進む。
そのときの動画。音量を上げると「ベコバコッ!ベコッ!」という音がするが、
右側面かどこかに潅木の枝が当たった音と思われる。(^_^;)
ポツポツ雨も降ってきたりなんかしたが、最初のうちはわりと普通に走っていた。なんでもない1車線幅。
少し進むと前からさっきのオフ車が戻ってくるのが見えた。
「やべ、どうしよう」と思ったら、オフ車は吸い込まれるようにスイッと藪の中へ姿を消してしまった。
「ハリャッ!?」と思って藪を覗き込むと、道とも思えない泥土と木々の間を、蛍光色のメットが遠くへ見え隠れしていった。
それはとても車の入れるような道ではなかったし、だいいち今のBean号の状態では右にも左にも曲がれない。(笑)
さらに柵と藪の間を進んで行くとどんどん道幅が狭くなっていって、というのは路面が狭まっていったのではなく、
左右上(下はない)からの草木の侵食がものすごくなってきてしまって、
ドアを開けるどころか、窓を開けただけで植物たちがいっせいに車内に入り込んでくるぐらいになってきた。
車による薮漕ぎである。軽トラなら“薮抜け”ぐらいだったかもしれない。
このときはベコバコと枝が当たったり折れたりする音と共に、
「キィ〜…キュィ〜…」と枝が車体を擦る音がしている。(^o^;)




ワッハッハ、ついに出た、大げさに頑丈なゲート。\(~o~;)/
しかも奥には更なる天然ゲート!
ゴルフ場から垂直に登り始める「地図にある道」、これが二ツ山線だろうか?
柵に沿った道の先はというと、




終わっていた…。
(いや、車でなければ絶対行けそうな気がする)



鳴沢線軽水線と合流する変形十字路へ行くには
こっちの方角だが???と思ったが、
あとで林道看板をよく見たらこの道には名がなく、
やはりゲート&天然ゲートの道が二ツ山線になっていた。

繊細な金網で囲ってある中は植林されているようだった。

よっこらしょと方向転換して、もと来た道を戻ることにする。
…って!?








こんなとこ通って来たのかよッッッ!!

ど、ど、ど、動画を撮ってみた。
スガシカオの「甘い果実」のプロモーションビデオって、もしかしてこんな感じだったか。
笹が洗車機のようだ。
前半のゴギゴギ音も身の毛がよだつが、そのうち前方右側に見えてくる路面の陥没も大したものだ。
Bean号を買うとき、オプションで大きなバイザーをつけるかどうか考えたのだが、
「これで十分ですよ、うるさくないし」と担当S氏に言われてつけるのをやめた。
もしつけていたらこういうときジャマだったな…なんて思う。
ところでこの道、全線舗装だったのネ。(今ごろ気付いた…)


 

 

ゴルフ場専用車両がたくさんあった。\(^o^)/
(詳しくは「特殊車両」をどうぞ♪)



なおも懲りずに地図にある道を辿ってみると、行き止まりでこんな看板があった。
引き返したが、とうとう地図の上では道を見失ってしまった。
あたりは牧草地らしく、巨大な牧草ロール(?)が転がっていた。



でも、もう近いのでその方角に適当に走って行けばそのうち着くだろうと思った。
ところが別荘地に入り込み、最後はゲートが立ちはだかっていた…。(泣)
結局最後は71号線に出て渋滞のR139に合流、道の駅なるさわ先のモービルのある交差点からふじてんリゾート方面へ入る。
ここが鳴沢林道軽水林道富士林道への入口である。
ところでモービル手前の石材店でキリギリスみたいな車両を発見。無限軌道付き。
他の石材店でも見かけたので、石屋さん専門の車なのかもしれない。