魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.



【2006年10月1日】
相模湖I.C〜須玉I.C〜R141〜道の駅南きよさと〜R141〜県道480号・松原湖高原線〜R299〜白駒池P〜(徒歩)白駒池一周・高見石往復〜R299〜県道480号・松原湖高原線〜R141〜風とり〜R141〜2号・川上佐久線〜滝見の湯〜68号・梓山海ノ口線〜県道106号・原浅尾韮崎線〜信州峠〜県道610号・原浅尾韮崎線〜黒森〜本谷釜瀬林道観音峠大野山林道〜木賊峠〜池の平林道〜黒平〜荒川林道〜焼山峠〜川上牧丘林道杣口林道〜県道210号・杣口塩山線〜R140〜38号・塩山勝沼線〜R411〜R20〜R412〜R413





(※ クリックすると大きなサイズに♪)
池畔のドウダンツツジ。巨木だ。街中で生垣に固く刈り込まれたものと同じ植物とは思えない。



 




(※ クリックすると大きなサイズに♪)
対岸に白駒荘。あそこからずっと左へと歩いてここまで来たわけだ。
右の鮮やかに赤いのがこの池でいちばん赤くなる株か。写真でよく見た木だ。




(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)
この岸辺からあの木までの色彩の饗宴がすごいのだ。
さっきから悩んでいるが、天気や光のせいか、カメラの取説を読んでいないせいか、どうも思った色の写真が撮れない。
だから実際の色は、ここに並べた写真なんぞとは比べ物にならないほどに美しい。



 
(※ クリックすると大きなサイズに♪)

 
(※ クリックすると大きなサイズに♪)

 
(※ クリックすると大きなサイズに♪)





(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)

さっきの十字路まで戻ってきた。
30、フンドシを締めなおして…じゃなくて靴の紐を締めなおして、高見石目指していざ、出発!
熊でも出てきそうな深い林の中の道だが、幅は広い。2人で並んでも歩けそうだ。
特に広いところではこんなものが転がっていたりした。
それに、なぜかタイヤの跡のようなものがついているところもあった。
夜中にオフ車でも登ってきているのだろうか?それとも管理関係車両か?
いちどだけ若いカップルに出会って、サルが出たよりビックリした。



 

30分近く登ってきたあたりで右に分かれて行く道があった。そのあと少ししたら右側が見通せた
もう、すぐ目の前が高見石小屋だった。なぜだか写真を撮り忘れている。



 
(※ クリックすると大きなサイズに♪)
この小屋は、高見石小屋の有料トイレ。厳しいオキテがある。




トイレのそばから上を見上げると、
小屋の右に岩が積み上がっているのが見えた。
どう見ても「石」ではなく「岩」。しかも巨大。
そして点々と赤いマーキングが…。
これを登るらしい。(^o^;)



(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)
て、天に向かって…





だいぶ登ってきたような気がしたので振り返ってみると…
うひょーーーーー!!
なんだろ、あの山?(^_^;)





上まで登りきると、眼下に白駒池がぽっかりと見えた。



 

どちらを見ても、ちょっと信じられないような風景。それに石積みの上なので足場もない





「高見石」とは、まことに不思議なところだった。
軍手が大いに役に立った。




(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)
下りルート。登ってきた道ではなく、白駒荘の先へ出る距離の短いほうを下りることにした。
看板の地図では登ってきたほうが「緩やか」で、こっちが「急」だということだが…
急とかいう問題じゃないような道だった。(~_~;)



 




道は険しいが、足元のかわいい姿の草花たちが応援してくれている。うっかり足を滑らせて踏んづけたりしたら大変だ。



 

最後の最後へ来て階段が作ってあったが、ほぼ岩場のハードな道だった。
登ってくる人たちは大変そうだった。




(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)
おおおっ!コレは、毒キノコとして名高いベニテングダケ!?
本物を見たのは初めてだ。
今にも池から這い登ってきそうなあいつも面白い。
こういった普段見ない植物に出会えることも、標高の高い場所へ来たときの楽しみのひとつだ。

帰り道、今日3度目の十字路で高見石制覇のガッツポーズをとるkiri。嬉しそうだ。(笑)

11:12、Pに戻るとほぼ満車。大型の観光バスも数台停まっていた。来るなら朝早くがいいかな。





出番終了。ご苦労様。





R299へ来たならここへ寄らなきゃ♪風とり。本日のオーダーはコレ!!




(※ カーソルを乗せると写真が替わる♪)
鳥ソースかつ丼、大盛り
アツアツの超ジューシーでウマウマ!(言葉になってナイ・笑!)



 




店を出て満腹の腹を撫でながら風にあたっていると、国道を黄色い特殊車両がトコトコ走って行った。



 

運動して食ったらあとは風呂♪南相木村滝見の湯を目指す。
大人350円、時間制限ナシの嬉しい温泉だ。
途中、南相木川に架かる岩鼻橋の欄干にステキな鳥と花と木があった。










 

温泉に着くと、まさかの満車!?商工会の赤い幟がたくさん立っている。
そしてかなりの雨が降り出してきたのに西部運輸のトラックをステージにして、何かイベントが開かれていた。
実は、年に一度の「商工祭」が開かれていたのだった。全然知らずに来たんだけどね。
ステージではちょうどラストのビンゴ大会が始まったところのようだ。
私たちが高見石にいた頃は村で採れたまつたけの重量当てクイズなんかやっちゃっていたらしい。(笑)
ところで、滝見の湯ではコレが禁止だっ!!\(~o~;)/



 

なんかひどい雨になってきたが、山越えで帰ることにした。馬越峠信州峠を越えて木賊峠と、峠を3つ越えた。



 

荒川林道を駆け上がり…


 

乙女高原から琴平ダムへ降りてきて、杣口林道を下って塩山へ。
温泉出てから2時間超。でも、他に道がないんだもん。





帰宅したのは20:00だった。