魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.



【2006年11月1日】(30ソロ・ドライブ)
相模湖I.C~勝沼I.C~R20~R411~38号・塩山勝沼線~R140~道の駅はなかげの里まきおか~県道210号・杣口塩山線~杣口林道~川上牧丘林道(大弛峠・夢の庭園まで往復)~焼山峠~荒川林道~(乙女高原)~黒平~御岳林道~野猿谷林道(往復)~御岳林道~黒平~池の平林道~木賊峠~観音峠大野山林道本谷釜瀬林道みずがき林道松平林道~県道610号・原浅尾韮崎線~塩川ダム(みずがき湖)~23号・韮崎増富線~茅ヶ岳広域林道~(宮久保交差点・韮崎I.C北交差点)~竜地交差点~6号・甲府韮崎線~武田交差点~舞鶴城公園付近から市内迷走(笑)~上阿原町交差点~R20~一宮御坂I.C~相模湖I.C

 ※ 03.10.25 「大弛峠」リベンジ成功!
 ※ 04.10.15 快晴の川上牧丘林道~夢の庭園~水ヶ森林道~太良峠
 ※ 06.10.08 川上牧丘林道でえぼらぁ~さんに遭遇!! 




さっき走った道を逆走して黒平の集落を抜け、三叉路から池の平線へと向かう。
その途中、素晴らしい一木に出会った。









この日いちばんの紅葉かもしれない…。
足元にも、踏んではもったいないような木の葉たちがたくさん。後ろから4駆が1台来て抜いていった。
こんなに見事に色付いた姿を、見る人も少ない山の中に晒しているなど、なんともったいない…。
この秋、この色を見る人が、他に何人いるだろうか。
足元を見、また木を見上げては立ち去りがたい思いでいっぱいだった。









池の平線起点。林道杭拡大





池の平線の最も特徴的な場所かもしれない。
ここの山砂は白い。文字通り砂っぽく、白い。溝に流れたそれなど、キラキラしてとてもきれいだ。
その昔の水晶採掘場もそう遠くはない。同じ火山活動でできた山なのだろう。





造林されたとも思えないシラカバ林や、
色とりどりの広葉樹が山を覆っている。
1ヶ所、真っ赤な葉がたくさん繁っている場所があった。








路肩に落ち葉が積もっているのでその分道幅が狭く見えるが、実際は…狭いところもある。(笑)
しかし離合箇所はちゃんと設けてあるし、何より通行量が少ないので、あまり困ることはない。
困るどころか、のんびりと紅葉を楽しみながら走ることができるので非常に快適だ。
池の平線の終点からは木賊平(とくさだいら)が延びているが、この日は通行止めだった。
ここで甲府市とはおさらば、この先は北杜市である。





すぐ先で右手の谷側が大きく開け、瑞牆山(みずがきやま)方面が木の間越しに望める。
登りつめたところが大きな三叉路で、左右に走る道は観音峠大野山線である。
三叉路の十数m先に木賊峠のPがあるのでちょっと見てくる。
東屋やベンチがあり、よく晴れていれば富士山も見えるそうだ。
さて、戻って観音峠大野山線を瑞牆山方面へ進む。標識ではこうだ。



  

カラマツ林の中の急坂をどんどん下って行くと、やがて正面、五里山(1673.2m)越しに
雄大な瑞牆山(日本・山梨百名山/2230.2m)が広がってくる。送電線がなければかなりいい眺めだ。
ちょっと谷あいに入ってきたかなと思うあたりで右から木賊平線が合流してくる
池の平線の終点から延びてきてここへ出るわけだ。



 

左の深いところに沢が流れるようになり、道はどんどん下って行く。
谷底に近づくとモミジの木が増えてくる。コレがすごい。









この先は本谷川渓谷。紅葉の名所である。
大きな三叉路に出ると、観音峠大野山線は終わり。左右の道は本谷釜瀬線
車数台が停まれるPがあるので小休止。
本谷釜瀬線で瑞垣山荘を目指す。途中の金山付近からの瑞牆山。奇怪な山容が次第にはっきりと見えてくる。
右カーブの外側に大きな駐車スペースが。それもそのはず、曲がった途端にこんな景色が!!



  

瑞垣山荘は瑞垣登山の基地。大駐車場があって観光バスも来る。
その先、カラマツ林の間のストレートを下って行くと、何でこんなにデカいんだと思うくらいの巨大な三叉路があらわれる。
(なんだかさっきから三叉路多いな)
右の奥にきれいな観光案内板があり、そこから「みずがき林道」が始まっている
他の林道は大体「○○線」と書いてあるのだが、この林道は「みずがき“林道”」という表記になっている。




林道名は難しい漢字を使わずにひらがなで、道は林道とは思えない広さ&洒落たガードレールで整備されつくした
もちろん舗装路、法面も緑化され、シラカバの造林中ところどころに美しい色合いのモミジが配置され、
至れり尽くせりのなんだこの道!?と考える顔が変になってきてしまうほどだ。





あ、展望台みたいだ。












でっ、出たぁっ!!…て感じの奇岩の塊。





展望場所で驚いていたら、その先にジャンボ駐車場があって、そこからはさらに大きな瑞牆山を仰ぎ見ることができた。
デカ過ぎ。
駐車場もデカ過ぎ。立派な売店もあるし。なんで?なんで?とさっきから思っていたが謎が解けた。
植樹祭があったからだ。それで整備したのネ。
名前がずっと気になっていたみずがき林道へ初めてやってきて、今まで遠くからしか見たことのなかった瑞牆山も
間近で見ることができた。ここへ来たことがなかったなんて、“モグリ”だよな。
さぁ時刻ももう2時半。本日の最終目的地、小川山線を目指す。






なんだこれ。聞いてないぞ。
というか、山梨県HPの林道規制情報になかったぞ!!


しかも、工事箇所ってそこんとこちょっとだけ?あら、看板のうしろにみずがき林道の杭が隠れていた。
でも、じゃ、松平線は通れるんじゃないの?
何でここから通行止めなの?
ちょっと変じゃない?
県庁HPに情報出てないし。
…と考えてそのまま進むと、すぐに松平線の分岐に出た。しかも、松平線はゲート大解放
問題ないじゃん。
ただし、ここでもやはり小川山線方面はあらためて「進入禁止」ということなので、断念。





で、これが松平線からの眺め。
じっと見ていると、なんだか鎧武者か巨神兵のようにも見える。動き出しそうでおっかない。




松平線はほぼ全線ダートだが、砕石が敷かれたフラットダートなのでごくフツーに走れる。
塩川支流の釜ノ沢を回りこむ山襞を縫う、明るく開けた林道だ。
ガードレールもついているし道幅も広い。なぜ舗装されていないのか不思議に思うような道だ。




最後は長野県との県境、信州峠のすぐ手前に出て終わる
こちら側には「進入禁止」や「全面通行止め」の看板はない。





15:00、帰るべし。
ああ、どこを通ったら早いだろう?4時間はかからないよな…などと思いながら家路に着く。



  

水車のあるそば屋を通過、鹿鳴教大橋を渡って塩川ダムの堰堤を走る。





みずがき湖は静かだった。
霧山トンネルを抜けたら増富ラジウムラインに合流。
ステキな特殊車両なんぞと出会ったりなんかしながら「茅ヶ岳広域農道」を目指した。
山梨の林道事典にもよく登場するので、いちど自分でも走ってみたいと思っていたのだ。





カーナビ・洋子をいろいろいじって、
ダイワヴィンテージゴルフ倶楽部の脇から広域農道に入った。
ちょっと走ると???なんだろうと思ったらコレだった。
明野町(あけのちょう)に入る。





なんて爽快な道なんだ、広域農道!!
信号も交通量も少ないし、市街地を迂回しているので混雑もしない。
こんなに素晴らしい道があるのに、今までわざわざ並んでまでして長坂韮崎から高速に乗っていたとは…。
また、農道らしいこんな風物も見られた。(レタスヘボ
フラワーセンターの前に差し掛かると、右手にふるさと太陽館。ここの温泉はこの景色を見ながら入れるのだろうか?
「農村公園」も気になったが、今日は遅いのでパス。




韮崎市突入。トイレらしき建物を見つけたので停まってみた。
実はここ、「銀河鉄道展望公園」という立派な名前の公園だった。
夜景が素晴らしいようだが、日没の今でも雰囲気は十分だ
検索すると夜景の写真が見つかる。とてもきれいだ。ぜひ、夜に来てみたい。





また気になるものを見つけてしまった。ちょっと走っては停まり、なかなか家に帰れない。(笑)

   





宮久保交差点昇仙峡ラインにぶつかり合流。
ほんの何十mか先の韮崎インター北交差点でまた外れる。





双葉町双葉JCT付近まで来て、
夕方のR20の渋滞を恐れて、逆に市街地へと迷い込む。



   

なんだかいろいろなところを走り回ったが、山梨在住の方なら、ここがどこかおわかりだろうか?
舞鶴城公園のそばも通ったし、最後は上阿原町交差点からR20に出た。
そのへんで力尽きて、一宮御坂I.Cから高速に逃げ込んでしまった。




ところで、この日は11月1日だったか。なぜかというと、カーナビ・洋子がこんなカッコで出てきやがったからだ。
なんだそのホネは!(笑)