魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.






【2006年12月10日】
R413〜R412〜ピクニックランド前信号〜県道517号・奥牧野相模湖線〜76号・山北藤野線〜県道517号・奥牧野相模湖線〜35号・四日市場上野原線〜R139(おむすびのおおみや)〜赤池交差点〜R358〜36号・八代芦川三珠線〜川浦交差点〜金川曽根広域農(歌舞伎文化公園トイレまで往復)〜金川曽根広域農道〜富士川西部広域農道〜富士川大橋〜青柳2丁目交差点〜県道413号・平林青柳線〜丸山林道〜池の茶屋林道〜丸山林道〜奈良田〜西山温泉湯島の湯〜奈良田〜丸山林道〜池の茶屋林道〜丸山林道〜県道413号・平林青柳線〜富士川西部広域農道〜富士川大橋〜金川曽根広域農道〜県道311号・栗合成田線〜長塚交差点〜R20〜Mobil〜R20〜一宮御坂I.C〜相模湖I.C

※ 05.05.24 8000記念オフ「林道編」
※ 04.07.04 「南アルプス公園線」リベンジ成功!!「丸山林道編」
※ 03.09.23 いわゆる「林道」初体験!丸山林道



おおみやのおむすびを食べたり、つつじの道をちょっと登ってみたりしたあと、出発。
丸山(1910.8m)を西側へと巻いてくるとどんどん青空が見えてきた。
途中、こんな場所があったのでトライしてみたが、ダメだった。(笑・ウソじゃん!)
さっき池の茶屋線から見えた雪山のようなものが確認できないかと思ったが、しかしなかなか霧が晴れない。
ふと足元を見ると枯れ枝や木の実がいくつも落ちていた。なんだかかわいらしい♪



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
しばらくすると道はダートになった。残り少なくなった貴重なダート区間だ。
このあたりはあまり日が入り込まないのだろうか、水気が多い。
そして、ダートが舗装化されつつある現場に差し掛かった。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
人間対自然の闘い、最前線だ。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)

(※ クリックすると大きなサイズに♪)
おっと、行く手にダンプが停まっている。しばし待ちである。
左下を覗き込むと 、小石がパラパラと崖の下へと転がり落ちていった。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
待っていると、背後の山から太陽が昇ってきた。
時刻はもう10時半過ぎだが、山襞が深く切れ込んでいる西側斜面では、この時間まで日が射すことはないのだ。
明日から来年春までの冬季閉鎖期間中は、完全に凍り付いてしまったりするのだろう。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
砂利を下ろしたダンプ退場。モータグレーダが均してくれた。(すげー、ああやって使うんだ!)
恐縮しながら走り出すと、こんな重機林道名物のあんなものが点在していた。
チラリと見えた砂防ダムが恐ろしい。



削り落とされず切通しになっている箇所。生えていた木が何本か助かったわけだ。
黒々と敷かれた新しいアスファルトは湯気が立ちそうで、まだガードレールもつけられていなかった。
確かに、このあたりから転落したら引き上げるのは全く無理だろう。

谷向かいの山腹にこれから通る道が見えてきた。
谷を流れるのは北湯ノ川増穂町早川町の境になっている川だ。あの山腹の道はもう早川町なのだ。
というわけで、霧の渦巻く谷底へと橋を渡るために下って行く。


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
いくつかの橋を渡ってまた登りにかかる。
なーんだか落石が多いな、ガードレールもひん曲がっているし…と思って見上げるとこんなだ


 

今度は早川町側から増穂町側の道が見える。ここの谷の奥までの“往復”が結構長い。


 
(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)




南城山(1652.5m)の東側から西側へ出た途端、雲の向こうに何かが見えた。
あれは…
















(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
南アルプスだ!!






なんて大きいんだろう…

と、壮大な景色に見とれていると、






あ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!
あれ!見て!

 

いのぴぴッ!!(^0_0^)



シッポがかわいい…(*^_^*)♪
生いのししである。
「来年はイイことありそうだ」、と思った。




(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
いのししの尻尾の余韻に浸りながら、南アルプスの見える林道を下る。そろそろ丸山線も終わりだ。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
しかし、丸山線の特に楽しいところは、この最後の部分だったりもする。(~∀~;)



懐かしい鉄塔が迎えてくれる。




丸山線完走。時刻は11時半になろうとしている。(寄り道とか脱輪とかおむすびタイムなんかしてるからだ)
ここより先、南アルプス北岳へと続く道は一足先に「冬」である




奈良田湖畔。このあたりにしては珍しく空が広い場所。


 
(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
西山ダムと奈良田湖。塩見橋という吊り橋があったので渡ってみようかと思ったが、風が強くて寒かったので断念。
車に戻ると…こ、こんなに汚かったっけ!?\(^o^;)/
ま、乗っているぶんにはわからないのでよしとする。(何かおかしなこと言ってるか?)



 
(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
11時48分、「西山温泉 湯島の湯」に到着。いや〜〜〜、長い道のりだった…(^_^;)



町営の日帰り温泉施設ということで、山の中には不釣り合いなジャンボでデラックスかつハイカラな、
お金のかかっていそうな建物を想像していたのだが…
公園か何かの広場のような広大な駐車場の、そのいちばん奥に、気付かないくらい小さくぽつりと建っている。
実にこじんまりとした、和風とも洋風ともつかない、不思議な味わいの手作り風建物だった。
温泉のすぐ左手にコテージが3棟あって、右には古ぼけた体育館らしきものがある。
手前の農産品販売所のような建物にもほとんど人けは無い。



こちらがコテージ。休憩・宿泊ができるそうだ。



駐車場の奥、体育館脇には足湯も作られている。湯舟のオーバーフローを利用しているようだ。
しかし、「地面、いきなり足湯」で意表を突かれた。子供なんか入って泳いじゃいそうだ。
足湯からの眺め。(笑)



引き戸を開けるとすぐに券売機と貴重品ロッカーがある。
受付に出してさらに奥へ入ると、まるで大きな東屋のような雰囲気のホールになっている。
屋根はあるが壁はないみたいな。ここまでが土足。この日は向かって右が男湯、左が女湯となっていた。
壁に「男風呂と女風呂は毎週月曜日に交代します」と貼り紙がしてある。


  

下駄箱も手作りの雰囲気プンプンで、小学校のころを思い出す。脱衣場も同じく。
とにかく「鍵」なんてものはなく、表示も「プレート」ではなく「貼り紙」という表現がふさわしい。
棚の上には、何かのあき箱に模造紙を貼って作った「忘れ物」入れが置いてあった。
洗面台というようなものはないが、鏡と手洗い場、ドライヤーは1台アリ。


 

  

ここの特徴はなんといっても「塩素無添加、非加熱、無加水の100%源泉かけ流しの露天風呂」だ。
内湯はなく、お湯の出るカランもシャワーもない。
そりゃ一体どうなっているのか?というと、洗い場に大きな木でできた「樋」があって、
流れてくる湯を手桶で汲んで使うのである。源泉が熱いときには蛇口の水でうめる。
湯は流れっぱなしで、そのまま外の湯舟へと流れていき、湯舟のオーバーフローは駐車場わきの足湯へ流れていく。


 

湯舟は石造りの丸い風呂と、桧の四角い風呂、それに天然岩をくりぬいた小さな岩風呂の3つがあった。
お湯はヌルツルで硫黄のかおり。ボディソープ・リンスインシャンプーは備え付け。タオル販売アリ、木曜定休。



   

(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
 17年8月OPENのまだ新しい施設だが、伊豆・戸田の「壱の湯」を髣髴とさせる佇まいだった。
kiri家としてはものすご〜〜〜く気に入ってしまったのだが、なんといってもアクセスが…(~∀~;)
5月末〜12月初旬の間なら丸山線を使えるが、それ以外は37号・南アルプス公園線1本のみ。
なんとも山深い早川町の奥地である。



運動会でもできそうな広さだ…。
(西山・奈良田温泉郷案内図)