魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.






【2006年12月10日】
R413〜R412〜ピクニックランド前信号〜県道517号・奥牧野相模湖線〜76号・山北藤野線〜県道517号・奥牧野相模湖線〜35号・四日市場上野原線〜R139(おむすびのおおみや)〜赤池交差点〜R358〜36号・八代芦川三珠線〜川浦交差点〜金川曽根広域農(歌舞伎文化公園トイレまで往復)〜金川曽根広域農道〜富士川西部広域農道〜富士川大橋〜青柳2丁目交差点〜県道413号・平林青柳線〜丸山林道〜池の茶屋林道〜丸山林道〜奈良田〜西山温泉湯島の湯〜奈良田〜丸山林道〜池の茶屋林道〜丸山林道〜県道413号・平林青柳線〜富士川西部広域農道〜富士川大橋〜金川曽根広域農道〜県道311号・栗合成田線〜長塚交差点〜R20〜Mobil〜R20〜一宮御坂I.C〜相模湖I.C

※ 05.05.24 8000記念オフ「林道編」
※ 04.07.04 「南アルプス公園線」リベンジ成功!!「丸山林道編」
※ 03.09.23 いわゆる「林道」初体験!丸山林道



   

(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
さあ、帰ろう!来た道を戻ると奈良田湖の横で身延駅行きのバスとすれ違った。
ちょうどバスに隠れて見えないあたりにバス停がある。立派なトイレ付きの待合所兼乗務員宿泊所だ。
急勾配をジグザグに縫って一気に高度を上げていく。左手には、遠く広河原方面の景色が見え隠れする。
夜叉神峠鳳凰三山の方角だ。



   

(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
さあ、丸山線登りはじめのお楽しみ♪
ガードレールもある完全舗装なのにボロボロガタガタで、そのへんのフラットダートよりタチが悪い。
こういうの、「舗装ダート」って呼ばない?(^◇^)
激狭のヘアピンなんかもあるのにダンプが轟々と通ったりするから道路の真ん中も盛り上がりまくり。
そこで路面のクレーターなんかにハマったらカッコいいエアロパーツにもヒビが入っちゃうだろう。
町乗り用のカワイイ軽やアーバンテイストな高級車はどうにも似合わない、丸山林道なのである。
免許取りたての若いのがデートなんかで来たら、絶対シクる。(来ないって)
おっと、伐採作業だ。




このあたりは道幅が車一台分しかないのであの陥没はよけられない。
ああいうのが気にならない人と車じゃないと、走っても面白くないと思う。(^^)



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
落ち葉でどこまでが道なのか全くわからないが、ここの路肩は溝ではなかったので脱輪の心配はない。(*^^)v
それより、谷側が怖いからって山側に寄り過ぎたりして岩で「ガリッ!!」と、やらないように。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
林地帯を抜けると右手に南アルプスが見えてきた♪



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
いやっほう!丸山線でもここは特に眺望のいい場所!
南城山のもうすぐ最南端付近で、右のほうの山に遠く延びていくのは、開削中の足馴峠(あしならしとうげ)と思われる。
開通した折には、ぜひ向うからこちらを眺めてみたいものである。
あっ!シカだ!!
今日は出会いが多い。


そして、南城山東側斜面にまわり込み、湯ノ川の谷を望むと…








あんなところに人工構造物作るなよ…って感じである。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
前を見ているぶんには普通の景色だが、下を見るとこうである。
あ、またいのしし!
さっきより遠くて写りが悪い。でも、あのシッポは間違いなくいのししだ。
このあとしばらくして、牛じゃないかと思うくらい巨大なシカも2頭目撃した。
午前中のいのしし同様、斜面を連れ立って歩いている様子だったが、そのうちの一頭の頭には立派な角が生えていた。
あんなに迫力のある大きなシカは動物園でだって見たことがない。
感動しているうちに走り去ってしまったので、写真を撮れなかったのが残念だ。



谷を渡ってまた工事現場。


  

こうしてみると、初めて来た2003年とずいぶん様子が変わってしまっている。
04年はまだ未舗装だった。05年は工事が始まっていた。そして06年がこうだから、来年のシーズンには、
すっかり整備されてスーパー林道のような顔をした路面が都会の低床車を易々と迎え入れているのかもしれない。




働いているロードローラー。



こんな素晴らしい景色を眺めながら走れるのは結構なことだが、




こういうところでは路肩を踏み外さないよう、注意が必要。かなり高い。(~_~;)

しかしそのうち左手にこんな絶景が現れる!!








奈良田と早川町の間に立ちはだかる南城山と、その山腹を縫って走る丸山林道。

そのうしろで雲を纏っているのは、いずれも2700〜3000mを越える山々。笹山とか農鳥岳とからしいが、
どれがどれだか私には見分けがつかない。この距離から見る標高差100mなんて米粒ぐらいの差だろう。
動画も撮ってみた。
そして、これだけ見晴らしがいいということは、足元だってこんななのじゃ〜〜〜!!\(~o~;)/





(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
どちらがお好み?





ずいぶん手前で見えた足馴峠線が近付いてきた。

思うのだが、もう少し前に来ていれば景色はもっと素晴らしかったのではなかろうか。
いや、景色はみんな素晴らしいのだが、紅葉の時期に来ていれば…惜しかった。





朝、広場のおじさんたちが見ていたものがどうしても気になって、池の平線に寄った。
雲があって見えないが、これはもう絶対、富士山が見えるに違いない。(あとで調べたら本当に見えた!)



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
遠くの山に日が当たっていてきれいだ。Bean号には当たらなくてよかった。\(~o~;)/
盆地目指して山を降りる。




3時半過ぎ、丸山線完走。
朝入ったのが8時50分だったので、7時間近くも増穂・早川の両町の境目あたりをウロついていたことになる。
楽しいんだな、コレが。(*^^)v



平林の屋並の中へと下って行く。あゝ、町に帰ってきた…気がゆるんだら道を間違えてしまった。(~_~;)
何とか場所を見つけてUターンすると、そばのお宅の玄関先にスゴイものを発見!!
降りてきた盆地は既に日が落ちて、振り向いたら櫛形山のシルエットが燃えるようだった。







“外輪山”のてっぺんにだけ日が当たっていた。長い一日だった。