魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.









【2006年12月23日】
R413〜R412〜R20〜長塚交差点〜県道302号〜鵜飼橋北詰〜県道310号・小石和市部線・白石河原八田線(笛吹川サイクリングロード・市川大門山梨自転車道)〜白井河原橋〜R140〜道の駅とよとみ〜R140〜4号〜富士川西部広域農道〜青柳2丁目交差点〜R52〜県道406号・小宝鰍沢線〜高村光太郎文学碑前〜立石清水線〜箱平線〜八雲池公園箱平線立石清水線〜鰍沢町観光駐車場〜県道407号・十谷鬼島線〜富士見山線(崩落復旧工事通行止め)〜県道407号・十谷鬼島線〜R52〜(側道)〜県道403号〜身延町西島地区(同じく通行止めで撤収)〜R52〜県道421号・遅沢静川線〜早川橋〜37号・南アルプス公園線〜湯島の湯〜37号・南アルプス公園線〜早川橋〜県道410号・栗原飯富線〜R52〜富士橋〜4号・市川大門鰍沢線〜R140〜(白井河原橋)〜R140〜石和町東高橋付近〜県道301号・白井河原八田線〜セリア生活良品館・スーパーオギノ〜R20〜勝沼I.C〜相模湖I.C

 ※ 05.12.26 高下ダイヤモンド富士、再び
 ※ 05.12.20 高下ダイヤモンド富士(30ソロ・ドライブ)



   

(※ クリックすると大きなサイズに♪)
八雲池は公園になっている。しかし地味だ。増穂町HPでも場所ぐらいしかわからない。
実は東屋やトイレがあったりするが、山奥すぎて怖いくらい静かだ。人に会うと逆にビックリするかもしれない。
そのトイレも“冬季閉鎖中”なのでもと来た道を戻る。
写真が傾いているのか自分が傾いているのか車が傾いているのかよくわからない写真が撮れた。




さっきの水たまり箇所。
過去に幅1850mmのゲートを通ったことのあるBean号なら楽勝である。(Bean号は全幅1735mm)


(※ クリックすると大きなサイズに♪)
だって、左右にこ〜んなに余裕が…(^_^;)


(※ クリックすると大きなサイズに♪)
落石とガードレールの間をするりと抜けて本線に戻り、清水地区に向かう。
しばらく行くと道に分岐して行く道があった。「作業道 立石山線」という杭が立っている。
その左側にはちっちゃくてかわいいユンボがいた。


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
おおお、出口だっ!!(笑)
最後は山の中の道より狭い感じがした。(塀は圧迫感あるよね)
林道名にもある清水地区というのはこのT字路を右折して登って行くようだ。こんな道だ。今日はパスしよう。




にゃにゃっ!?どこにくっついてるんだ?




突然目の前が開けた!うわ、あれに見えるは…!!
やまなみがずいぶん下のほうに見えるけど、もしかしてここ、相当高い…???(GPS見ろよ)



山肌につけられた細い道をどんどん下りて行くと道ばたホイールローダが鎮座していた。
なんかカニさんっぽい♪(^_^)




そして、ホイールローダの向うには十谷(じゅっこく)の町並みが見えていた。


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
町中へ下りて行くと「観光駐車場」の看板が見えたので行ってみると、観光休憩所(町営バス待合所)があった。


(※ クリックすると大きなサイズに♪)
休憩所には立派なトイレがあり、観光マップやパンフレットなどが置いてあった。
そして、このY字路は五開茂倉林道の起点でもある。これも走ってみたい林道のひとつだ。



山向うの湯島の湯まで、冬季閉鎖のない富士見山林道で行ってみようと思っていた。
県道407号を少し下り、開柳橋を渡って赤石切沢川のほとりへやってきた。30が撮っているのはこれ。
ものすごく錆びているが、「富士見山林道 工事現場入口 (株)依田組」と読める。
この先か…などと思っていると、地響きを立てて水色の生コン車が坂を登って行った。一抹の不安…。


 

道なりに山のほうへ入って行くと、左路肩に林道杭発見。




ところがッ!!\(~o~;)/
さっきの生コン車はもしかして…と、ちょっと入ってみると間もなく全面通行止めの看板が立てられていて、
木々の向うに水色の車体が覗き、工事の轟音が鳴り響いていた。スゴスゴと引き返す。途中にあったきれいな開設標。
しかし、「直路沢橋付近で崩落」だし、「身延町」へは通り抜け出来ません」なのだから、
橋の先の身延町から林道に入れば行けるはずである。
そう思って西島のあたりから再び切り込んだがまたもや工事中。
仕方なく諦めてR52へ戻ろうとすると、とんでもなく狭い路地へ入り込んでしまった。それがなんだか不思議な通りで、
連なる民家の手の届きそうな(ホントに届くぞ)軒先に、クリスマスイルミネーションの飾り付けがわんさかしてあるのだ。
あとで調べると西嶋西町地区の毎年恒例行事だそうで、身延町のHPでも町の出来事として紹介されていた。
R52に出たら身延町役場の先から県道421号夜子沢方面へ向かう。
間遠トンネル手前の「ループ」が気になっていたのだ。
しかし、ループよりもっと気になるものを見つけてしまった…。









(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
なぜ!!住宅の上に戦闘機が???
ヘリもあるし…(^o^;)


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
早川橋を渡って37号南アルプス公園線で湯島の湯に向かう。途中の採石場(?)でまた特殊車両を発見。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
11:20到着。日の出が7:20ごろだったので4時間の旅だ。
それにしても広大な敷地だ。車のそばから37号線のほうを振り返ると、右手にこ〜んなグラウンド(?)が広がっている。
奥のちょっと高くなったところは公園っぽくなっている。


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
どう見ても相模原市の昔の平屋の市営住宅みたいな雰囲気だ。
入口(というより「玄関」)が引き戸なのに「コテージ」。中は一体どうなっているのだろう???
こんなことが書いてあるがここは自炊方式だ。
うちの車が着いた音で、隣の農園組合の建物からおじさんが1人出てきてくれた。券は受付に出しておいてくれとのこと。
私たちの券は014800と014801番。その前が…9:14???営業は10:00からじゃなかったっけ?(^_^;)
確かに受付に人が常駐していなくてもよさそうである。(笑)




今日は立ち昇る湯気澄みきった温泉を、
動画で撮ってみた。
帰り際には年末年始の営業もチェック♪
足湯もシッカリ楽しんできた。(kiri30





荒涼とした感じの谷底の道。谷が深いので日もなかなか入らないのだろう。実に寒々しい。



ちょっとコワいトンネルと、派手な崩落ですっかり埋まってしまった道路。
左右にガードレールが見えているので道があったことがわかる。
林道黒桂線という杭が立ってはいるが、もちろん通行止めである。ゲートのすぐ先がもう崩れている。




甲府盆地に戻り、スーパーオギノでほうとうを買って帰った。