魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.

インプレッサWRX試乗

【2007年2月17日】
R412〜R413(道志みち)〜山中湖・平野交差点〜県道729号・山北山中湖線〜忍野村の角屋豆腐店〜R138〜道の駅富士吉田〜R138〜県道730号・山中湖小山線〜小山町健康福祉会館のWC〜R246〜74号・小田原山北線〜山北町健康福祉センター(さくらの湯)〜74号・小田原山北線〜R246〜R129

 正月に、JEFさんの銀色に輝くインプレッサを見てから、一度乗ってみたくなった。
 スバルのお店に行ったら「WRXの試乗車あります」というので予約した。






 当日、出されたのは「STI」だった。

こんなところにも「STI」
動いたところはこんな感じだ。あまり感動がないかな?
こないだの点検のときの代車、LEGACYワゴンのほうがカッコよかった










せっかくのインプレッサなので、道志みちを走ってみた。ひゃっほう!
ということで、後部座席の荷物にももちろんシートベルトだ。








気付いたらこんなところにいた。(笑)

ここまで来れば忍野村も近い。冷蔵庫の玉子が少なかったことを思い出した。
二十曲峠へ行く途中のうみたて玉子屋さんがウマいというウワサを聞いていたので行ってみた。
しかし「準備中」の札が。(泣)
戻って忍野村内を走っていると、セブンイレブンのある三叉路の角に旨そうな豆腐屋さんがあった。





豆ふの駅 角屋豆腐店

“あの”豆腐屋とは違う。(笑・車も違う)

豆腐を売っているお店なのだが、入ると食堂のようなカウンターとテーブル席があり、
「ご試食なさいますかー?」と声がかかる。
この忍野ではうどん屋もそうらしいが、試食は当たり前のことのようである。
試食の寄せ豆腐。温かくて旨い!他にしそ豆腐・ごま豆腐・一味唐辛子豆腐も出してくれた。なんて気前のいい!!
しそと寄せと、見るからにウマそうだった絹生揚げを買った。これがまたメチャクチャ旨かった。
近いんだから、また来よう♪





ここまで来れば当然、吉田のうどんである。

あまりさまよいたくなかったので、簡単に道の駅富士吉田へ。





道の駅のPはいつも激混みだが、数m先のレーダードームのPはガラガラ。
停めるならこっちがラクだ。





珍しく山中湖南岸を走る





目指したのはここ。あいにくの天気で富士は見えない。
この左側のスペースに入ったらば、出るのが大変だった。分厚いタイヤを履いたFORESTERとの違いを思い知った。





三国峠を越えたらは、富士スピードウェイが見えるこの勾配18%の急坂。





お、お、落ちていきそうだ〜〜〜!!雪の日には来たくないな。





これでも、三国峠からもうかなり下ってきているのだけれど。





R246谷峨(やが)付近から東名高速を望む。左下に見えるのは東京電力嵐発電所
このすぐ右で高速は都夫良野(つぶらの)トンネルに入る。



R246宮地交差点手前を鋭角に左へ下ると、「さくらの湯 → 」というピンクの看板が目に入った。
すぐに山北町役場の前に出て、いくつかのピンクの看板の矢印に従って進むと、
簡単に「さくらの湯」のある山北町健康福祉センターに着いた。





センターのすぐ北がJR御殿場線山北駅だ。そして、Pの隣にもうひとつの山北駅があった。





D5270号である。



  

ちょっと中を見ることもできる。





すぐ向うの線路に、現在の御殿場線の列車が来た。





さて、温泉に入ろう!ロッカーは100円戻って来る式





棚に、ひな祭りらしい手作りの人形が飾られている。
いかにも地域の公民館という感じで、小山町の福祉会館に似た雰囲気だ。





さあ、もうひとっ走りして帰るとするか…
と思ったら厚木市街地の渋滞に思いっきりハマる。





営業時間ギリギリで帰庫。
いやぁ、しかしよく走るネ。(^o^;)vぴ〜す

ブレーキパッドを新調したBean号に、豆腐と道の駅で買ったネギと温泉BAGを積み替えて家路に着く。

乗った瞬間、
「イヤ〜ン、なんかヘンなんだけど!!」
と騒ぐkiri。(笑・8時間も乗ってたらね)

kiri「もう、(免許)オートマ限定でもいいかも」
30「オートマだと左手でおにぎり食べられるし♪」
kiri「鼻ほじれるし」


ちなみに、この日の運転はオールkiri。30は20mでエンスト2回で挫折。
30「カインズホームの荷物運びの軽トラはちゃんと運転できたのに、なんで!?」

STI、恐るべし。

2007年に戻る