魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.







【2007年5月26日】
R413〜R412〜ピクニックランド前交差点〜県道517号・奥牧野相模湖線〜76号・山北藤野線〜県道517号・奥牧野相模湖線〜35号・四日市場上野原線〜R139(おむすびのおおみや)〜R20(道の駅甲斐大和)〜徳行西交差点〜5号・甲府南アルプス線〜開国橋〜スーパーセンタートライアル〜まちの駅くしがた〜ファミリーマート甲西町川上店〜R52〜十谷入口交差点〜県道407号・十谷鬼島線〜五開茂倉林道〜五開林道〜五開小塚林道〜五開林道〜五開茂倉林道〜37号・南アルプス公園線〜
湯島の湯
【27日】
37号・南アルプス公園線〜丸山林道〜池の茶屋林道〜丸山林道〜足馴峠林道〜丸山林道〜県道413号・平林青柳線〜富士川大橋〜金川曽根広域農道〜シルクふれんどりぃ〜金川曽根広域農道〜R20〜初狩小学校入口交差点〜県道712号・大幡初狩線〜県道705号・高畑谷村停車場線〜R139〜35号四日市場上野原線〜県道517号・奥牧野相模湖線〜76号・山北藤野線〜県道517号・奥牧野相模湖線〜ピクニックランド前交差点〜R412〜R413


※ 06.12.10 冬季閉鎖前日、丸山林道 西山温泉 湯島の湯
※ 05.05.24 8000記念オフ「林道編」
※ 04.07.04 「南アルプス公園線」リベンジ成功!!「丸山林道編」
※ 03.09.23 いわゆる「林道」初体験!丸山林道




南アルプス山あいの邑、湯島(ゆじま)
谷が深いというより聳え立つ山が高いので、日没が早い。



構想5ヶ月。前日の台風並みの豪雨、前夜の呑み会(約1名)、当日の渋滞、つい先ほどの法面崩落、
店休日によるマシンのガス欠危機等、数々の障害と山道を乗り越え、我々はついに辿り着いた。
宴の場、湯島の湯・コテージA棟&B棟に。



戸惑うほど広い敷地の隅に立つコテージの前に今日の戦いを終えたマシンたちが並ぶ。なぜか間に軽トラ乱入。
コテージという言葉の響きは洋風だが、「玄関」は「引き戸」である。おまけに鍵はコレ!(笑)
中へ入ると、畳敷き8畳間に壁は洋風腰張り。しかし押入れはふすまではなく板戸。照明は見逃した。
トイレは洋式でウォシュレットではなくウォームレットだった。
台所はクリナップの流し台で、魚焼きグリルのついたパロマの2口ガスコンロ。
冷蔵庫の置かれたほうの壁には、ものすご〜くDIYっぽい棚が作られていた。
A棟には湯沸かし器があったがB棟にはなかった。調理器具は備え付けということだったが、
湯沸かしポットと炊飯ジャー、必要最低限の鍋、フライパン、荒い桶、水切り桶と、湯のみとお椀ぐらいなので、
台所大移動の勢いで鍋だのザルだのを持ち込む作戦はやはり成功だった。



西山自然農園 管理事務所

新しい休憩所
足湯の前、管理事務所の隣に新しい休憩所が建てられていた。もう、足湯からの眺望はないと思うとちょっとさびしい。


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
どんな人が設計してどんな大工さんが建てたのだろう。どこか日曜大工の味わいが漂う温泉の建物たち。
足湯も手作りっぽい。この素朴さが湯島の湯の魅力だ。
随所にある貼り紙とか案内表示が全て手書きで、セロテープや画鋲で貼ってあったりする。
手書きの張り紙にいいことが書いてあった。宿泊だと晩のお風呂タイムも長いし、朝風呂にも入れるのだ。
ホームページにはない情報だったので一同大喜び♪



さっそくみんなで風呂に…。いや待て、ここの洗い場定員は5名だった。(^_^;)
まず先鋒4名が突入。A棟で待機の3名は…フライング!(^◇^)




B棟では宴の準備進行中。ピンチヒッターの「おつまみ居酒屋」が100円の品であることは内緒だが、
燻製たまごはkiri家御用達コトブキたまご直売所に月に一度しか入荷せず、3時間で売り切れるという逸品である。
サラダのキュウリとトマトはまちの駅くしがたで買った地場野菜。包丁を入れたときの瑞々しさに目を見張った。
おしんこは相模原で買ってきたが信濃食品の野沢菜漬けだ。しょうゆ味が美味い。
ティッシュも3箱持ってきたが、この日のために心を込めて縫ったおしぼりが活躍してくれるとウレシイ。(^_^)



第一陣が帰ってきた。湯上がりのタオルがいい雰囲気である。
楠精肉店のコロッケ(小)と串カツ♪オーブントースターも電子レンジもないだろうから積んで来ようかと思ったのだが、
さすがに思いとどまった。それよりソース積んで来いよ。(^o^;)



左:ガマンできずにお先に乾杯 / 右:全員揃って再び乾杯


  

リクエストしていた肉ジャガをもらってとってもうれしそうなツバキッキさん。(*^_^*)
ダートであれだけシェイクされてもビクともせずサクサク感を保っている楠精肉店のグレイトな串カツ。ウマ〜!



紙皿にプラコップに100本100円の割箸でも宴会は成立する。(*^^)v


(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
潰れないように、くっつかないようにと祈りながらタッパーに詰めてきた48コのギョウザたち。いい色に焼きあがった。
kabuさんが喜んでたくさん食べてくれた。初めて味見をして作ったが、これからはいつも味見をすることにしよう。
わたさんが白魚のような指で剥きあげた燻製たまご。
酔っぱらっているのにほぼ同じ位置で撮影しているところがスゴイ。\(^o^;)/




ここで30風呂タイム。戻るとどういうことになっているだろうか…と見上げる空に、月がポチッと。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
うわっ!!食い尽くされてるッ!\(^o^;)/






 

ほぼ30の要塞と化した小さな台所で新たな作業が始まる。それは楽しい参加型のイベント。


  

相模原の水で仕込まれたピザ生地に30特製のピザソースを塗ったところでツバキッキさんが呼ばれる。
この台所に大人2人は狭いが、スマートなツバキッキさんなら大丈夫。kiriだと腹とケツがつかえて事故発生の危険大。







(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
30と一緒にピーマンを並べるツバキッキさん!
男の公約を果たした瞬間である。

ピーマンが終わったら、なすとウインナーも並べてくれた。
ツバキッキさんがダンナ様だったら、仲良くお料理が作れそうだ♪o(*^▽^*)o





  

ピザと茶碗蒸し…不思議な組み合わせだ。
あと、ピヨ・なす・まいたけ炒めも作り、残すところ豚キムチと明日のうどんのみとなり、クーラーBAGは空になった。
30、完売のポーズ。
気が付くとこんな人が3人いたので、デザートに移ることにした。
相模原市にあ宇宙科学研究本部の売店で買ってきた「SPACE FOOD」宇宙食だ。





なんっつーか、こう、食べなきゃわからない味だ。(全然わからない説明だ)他に「大学いも」と「きな粉もち」があった。
きな粉もちはトレー付きで、水を入れてフリーズドライ加工(?)されたもちを投入するというものだが、
果たして宇宙でトレーに水なんか入れられるものだろうか???(笑)
このきな粉もち、なかなかイケルということでkabuさんがしょうゆをつけて食べてみた。
「…きな粉がうまいんだな」
宇宙食を食べたところで星空を見に外へ出た。七つの星が柄杓の形に並んでいた。
時刻は夜中の1時過ぎ。一体何時間飲み食いし続けているんだろう?







爽やかな朝。



(※ カーソルを乗せると写真が替わる!)
朝風呂の時間である。




まだ誰も入っていない源泉100%かけ流しの澄み切った湯。
最高の贅沢。




南アルプス公園線、朝の静寂。
もっとも、この道は朝から晩までうるさいということはまるでないのだが…。
バスもそんなに来ないし。(^_^)

実はこのとき、30は偏頭痛の発作に見舞われB棟の布団で唸っていた。(~_~;)
偏頭痛には出まくる周期というものがあるのだ。便器とも友情を深めていて特効薬も効かない。
申しわけないけれどmauさんにうどん作成を頼んだ。
用意してきたのはうどん好きのmauさんが「勝負うどん」に決めているカトキチの冷凍うどん。
つゆには夕べの残りのピヨ・なす・まいたけ炒めを投入してもらう。



おお、なんて美味そうな「mauどん」!!
さすが、うどんマスター、mauさん。\(^o^)/
アレンジで「mau丼」とかも作ってほしい。(笑)




みなさんの朝ごはんが無事にできてヨカッタ…mauさん、大感謝デス。(T_T)
わたさんも後片付け、ありがとうございます。m(__)m




結局10時までに復活できなかったkiri家は脱落、
10時半近く、2輪隊のみなさんには南アルプスの絶景目指して出発していただいた。
残念無念。ご心配いただいて大変申しわけない。きのうの分も一緒に走りたかった…。・゚゚・(>_<)・゚゚・


  
(※ クリックすると大きなサイズに♪)
西山・奈良田温泉郷。kiri家の山梨通いの発端となった丸山林道のある、早川町の奥地である。
荷造りをして、心配してくれた管理人さんたちにお礼を言い、湯島を出発したのはほぼ12時。
そのころ2輪隊は、3000m級の南アルプスの絶景を眺めながら、池の茶屋線終点に到達していた。