魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright c 30 All Rights Reserved.

 泳ぎマン散

07.06.16、17



梅雨入りしたんじゃなかったのか…。
と、誰もが思うような晴天と暑さ。しかしアジサイが咲いているところを見ると真夏でもなさそう。
そりゃそうだ、まだ6月半ばだもの。
マンボゥと散歩に出ると、
ヘビがっっっ!!\(◎o◎)/!! ~>゜)〜〜〜

そういえば去年もそうだった。近所の畑で除草作業があると、ヘビが追われて出てくるんだった。
1.5mぐらいあったろうか。たぶんアオダイショウ。
マンボゥが異常に反応したが、「面白いモノめ〜っけ♪」としか思っていないのだろうなぁ。(~_~;)




(※ カーソルを乗せると何か出る!)





草むらのマンボゥ。くつろいでいるように見えるが、実は暑い。





親水公園。浸水公園だったら怖い。
ここから本流へ流れ出るまでの間は河原の一番奥まったところなので、犬を連れた人が多い。
というか、犬が多い。
しかもデカイ。
そして、泳ぐのが大好きな大型犬といえば…





レトリバー。
さっそく、ご挨拶タイム。\(^o^)/
真っ黒とか白黒とか茶色とか、大中小他にもいっぱい!
この場所へやってくる犬たちはみんなしつけのいい犬ばかりだ。
ご近所の犬より遠方からわざわざ来ていることのほうが多いようだ

泳ぎだしたっ!!
実に気持ち良さそうに悠々と泳いでいる。あのデカさと迫力はまるで巡洋艦のようだ。(笑)
水際で呆然としているマンボゥ。
真似して泳ごうとするがなかなか上手く泳げないマンボゥ。
シッポは水中で振らないと意味がないと思うぞ。





余裕の笑顔。





ひがみマン。





翌日。今日も夏日で暑そうなアジサイ。





川は涼しそうだ。
特訓の成果か、泳ぎながらシッカリ方向転換もできるようになったマンボゥ。
向こう岸まで泳ぎまたこちらまで戻ってくる
なぜ泳ぎながらシッポをフリフリするのかは不明。(笑)





しかし、岸が砂地や固い岩場だったりする場合はいいが、
漬物石のもうちょっと大きいやつぐらいのが積み上がったような場所は苦手らしい。
石と石の間に足が落ちてとても歩きづらそうだ。
苔で滑ったり藻が絡んだりすると面白いように転ぶ。やつの「4駆も」地上でなければ威力は発揮できないらしい。
もっとも、いったん水に入ってしまえば、
きのうのレトリバー顔負けの見事な泳ぎっぷりだ。





シッポぷるぷる。

こりゃ、夏も楽しめそうだ。海にでも連れて行くか♪▽・w・▽


2007年に戻る