魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.




【2008年7月5日】
JR橋本駅前(車組集合)~肉の田口~東名厚木I.C~(足柄S.A)~東名富士I.C~R52~道の駅とみざわ~剣抜大洞林道~R52~県道37号・南アルプス公園線~
西山温泉湯島の湯
【6日】
37号・南アルプス公園線~丸山林道~池の茶屋林道~丸山林道~櫛形山林道~長峰林道~小作・双葉バイパス店~R20~桔梗屋工場アウトレットショップ(車組)~白彩(2輪隊)・いちやまマート塩山店(車組)~R411~(柳沢峠・奥多摩湖)~東青梅駅前(解散)


※ 07.05.26、27 南アルプス湯島の湯 温泉宴会ツーリング
※ 06.12.10 冬季閉鎖前日、丸山林道 西山温泉 湯島の湯
※ 05.05.24 8000記念オフ「林道編」
※ 04.08.20 快晴の富士山、完全一周&剣抜大洞林道リベンジ成功!!
※ 04.07.04 「南アルプス公園線」リベンジ成功!!「丸山林道編」
※ 03.09.23 いわゆる「林道」初体験!丸山林道

 車組(FORESTER)…30・わたさん・いとみさん
 WG(ツバ爺&Hero“G”)…ツバキッキさん:シェルパ、HERO-HEROさん:GPZ / TRACさん:エブリィ号 / mauさん:ディグリー号





うげ、濃いぃぃぃぃぃ~~~…







こちらはお台所チーム。




(マウスオンで焼肉!!)
今年もカンパ~イ!!

今年のメニューは鉄板焼き。
去年いろいろがんばりすぎて30が力尽きたので、今年はお酒も控え目で。(^o^;)



(マウスオン!)
どんどん焼かれるお肉たち。


 

林立する空き缶たち。
以下、酔っぱらった人たち。(笑)




ツバキッキ「わたさん、そこさわっても何もないよ」




尻を出すな、尻をっ!!




布団敷いて、構えて、何しようってんだ!?
 

布団プレイ




撮るほうが驚く




帰らなくていいってイイネ♪



(マウスオン♪)
いとみ「天の川がキレイ…」
30「流れ星に何かお願いしなきゃ!」
TRAC「あれ、人工衛星だよ」
(マジきれいでした。ちょっとすごい)






(マウスオン!)
爽やかな湯島の朝。谷が深いので朝は天上からやってくる。


 

朝の弱い光が白く柔らかい。


 

宿泊者は朝6時から入浴可能。贅沢な朝風呂だ。



(マウスオンで…)
そして起き上がれない人も約1名…。(-_-;)




女子チーム、朝風呂inです。


 

行ってきます!
 

あ、間違えちゃった!?




正しくはこちらです。




庶民的なんだか洋風なんだかよくわからないがステキな内装。


 



この手桶で汲むシステムが楽しいのだ。




 

どちらもワープロ・PCにない書体。手書きか!



(マウスオン♪
この日の男湯。



(マウスオン♪
2007年の元日、高折のダイヤモンド初日の出を見たあと、お正月も営業のここへやってきて一番風呂に入った。
あの時は9時半に着いてしまって、まだお湯が張っていなくてしばらく待った。(笑)
受付のおばあちゃんが「半分だけどどうぞ」と入れてくれたので入ったら、本当に半分ぐらいしか入っていなかった。
手すりに着いた水滴がそのまま凍りついていた。(^_^;)




この日の女湯。
このくねった樋から温泉が流れ込んでいる(10秒)。奥に見えている岩風呂のお湯と眺めはこちら♪(12秒)
動きが速くてちょっと目が回りそうな全体の様子(27秒)。



(マウスオンで、(」゜□゜)」!!)
露天風呂の向こうは早川の流れである。



(マウスオン!)
7:50、空から降ってきた陽が谷の底を隅々まで目覚めさせる。


 

腹も目覚めた。


 

帝国ホテルのバゲット&各種スープにカチョカヴァロにカップラーメン
こういう寄せ集めな朝食というのも自炊ツーリングの楽しさだ。






(もちろんマウスオン!)
今年の記念写真。







湯島の湯を出発して奈良田へと向かう。


 

すぐに西山温泉だ。こんな山の中なのに恐ろしく立派な温泉旅館が建っている。
吊り橋から見えるのは、慶雲館の名物、温泉の噴水!?




ポンプを使っていない自噴泉の源泉のバルブを開くとこうなるらしい。
うまい具合に陽が当たって虹ができたところを狙って撮るのが、ここの温泉のファンの楽しみだとか。
この西山温泉、今から1300年前の開湯だというから驚く。



(マウスオン!)
奈良田トンネルを抜けるとそこは奈良田湖。
1957年に鹿島が作った西山ダム。



土砂の流入が多いので、なぜかダム湖の中に「島」があったり、



(マウスオン!)
上流側はほぼ河原のように埋まっていたりする。
水の色はいつも濁っている。前に見たときもこの色だった。
もっと下流で合流してくる雨畑川や、その上流の雨畑湖も、同じように石灰を溶かしたような青灰色だ。
西へ山を越えた大井川や井川湖も同じような雰囲気だった。南アルプス山塊南部の特徴ででもあるのか。


 

もうひとつここの風景で特徴的なのは、向かいの山がやたらと近くて壁のように高いこと。
町場ではこういうところはまず見ない
この右側の路肩が大きく膨らんで駐車スペースになっている。
さっき私たちを追い越して行った2輪の集団もここで停まっていた。


 

真ん中へんに吊り橋がかかっていて、向こうは何か公園のようになっているように見える。



(マウスオンでわた&いとみ → TRAC♪)
無邪気に渡りたくなる。




フォトジェニックないとみさんなのだ。(*^o^*)


 


さあ、いよいよ復路、丸山林道を走る♪

さっきの2輪集団は奈良田湖から引き返して行った。
やっぱり丸山林道は走りたくないのか?(^o^;)もったいない…。


  2008年に戻る