魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.



モトプラ市町村ナンバーの旅



【09.07.19】

 

今日はモトプラ市町村ナンバーの旅・原付ツーリング。
バリバリ小排気量の原付なので堂々と参加する。2種なのでR16も堂々と駆け抜ける。
青梅越えも考えたのだが、簡単そうなR16 → 県道218 → R299で行くことにした。
飯能駅付近がちょっと複雑だが、走っているうちに数年前に車で来た記憶が蘇ってなんとか突破。
でも、町を抜けたあたりに新しいバイパスができていて、ちょっと間違える。
結局朝5時半出発で集合場所のサンクス東吾野店に着いたのは8時半の一番乗り。
やっぱり遠いなぁ…。




9時頃到着のどんぐりさんのジェベルと一緒に


 



本日の主役、シロンα@ラビット号!!(笑・なぜ主役?)


 

本日のメンバーは、9名。
わたさん:KSR110・グリーンモンスター号/mueさん:CB750/かずきちさん:HONDAベンリー80
ツバキッキさん:黒いKSR110/どんぐりさん:SUZUKIジェベル200/やまふじさん:KSRⅡ
三多摩の悪夢さん:Buell 1200/シロンαさん:富士重工・ラビット号
30:YAMAHA JOG・ISO号




5月に念願の普通MT免許にステップアップした30、ジェベルを借りて「8の字」をやってみる。
今日は山中のツーリングに備えて13リッターのタンクが満タン。さすがに重いッ!!
出発前から筋肉痛の「予約」が入ってしまった。鍛え方が足りないぜ。


 

どんぐりさんのパフォーマンスが可笑しい!


 

右のミラーにやまふじさんが♪うふ。
ケツ持ちはツバキッキ“G”さん。
実はさっきサンクスを出発するとき、大型やオフ車に混じった1台の原付スクーターが
奇異の目で見られていたことには気付かなかったことにしておこう。(笑・いつものことじゃん)


 

おっ、なんだなんだ、停まっているぞ!どうした?




何かあったのか!?










………。











(マウスオンで時速…)
コイツが 遅い!! のだ。
(お待たせしてスミマセン)



(マウスオンで日射しが!!)
あちぃ~~~!!



(マウスオンで(^◇^)!)
歩いて5分で絶景ポイントだというのでみなさんで「プチ山道」を登る。
ここは「関東ふれあいの道」の一部だった。 


 

坦々と登ったり…




ランランと登ったり。




着いた。
これはわたさんの撮った写真。




やまふじさんはちょっと引いて。




ツバキッキさんはエコロG!



mueさんの視点。(笑)




30も同じだった!!




この写真を見ていて「高山不動尊奥の」という文字に気付いた。多分草に隠れているのは「院」。
検索してみると、30分ほど下ったところに成田山新勝寺、高幡不動等と共に
関東三大不動のひとつと言われている「高山不動」があるそうだ。御本尊は不動明王。
そういえば、あの時何となく気になって格子の隙間から中を覗いたら、
火焔光背を背負ったいかつい形相の仏画?のようなものが見えた。
ここはいくつかの滝などを経由したりする人気のハイキングコースになっているらしく、
私たちがいる間も首にタオルをかけたハイカーたちが「こんちわ~!」と元気に挨拶をしながら登ってきた。








武甲山だ!









薄曇りではあったけれどなかなかの眺望。富士山も見えるらしい。




ここで印象的だったのはこの花、





合歓(ねむ)の木。
気になって私も撮ろうとしたのだが、逆光だったり、どうしてもうまく撮れなくて諦めた。
これはmueさんの1枚。


 

くつろぎのひととき。




男は背中がものを言う。




マウスオンで間違い探し!?


 

お茶目なやまふじさんとシロンさん。




あれ?ツバキッキさんは?と探すと、風景撮りの真っ最中。




マウスオンで間違い探し!?Part 2




撤収。




マウスオンで陽気なみなさん。
(実は、遅いISO号を待ってくれている)




そして刈場坂峠に到着!!






それぞれの到着の様子。




mueさんカッコイイー!!




シロンさんカワイイー!!






30はこれが2度目の刈場坂峠。初めて来た時が最初で最後の茶店風景だった。



(マウスオンで間違い探しPart3)
いやぁ~~~、着いた着いた。




はい、記念撮影するからちっちゃい順に並べて!


 

mueさんカメラ / シロンさんカメラ


 

ツバキッキさんカメラ / やまふじさんカメラ


 

わたさんカメラ / 30カメラ



(マウスオンでもう1枚♪)
刈場坂峠の9人




これは初めて見る風景だという人もいるのではないだろうか。

ここでとうとう30に、「ジェベルに乗ってみろ指令」が!!
先週は駐車場を3周したくらいだったけれど、今度は「公道」でしかも「林道」である。




うわ、乗っちゃったよ…えーと、出たら右だよな…
(なんだか不安そうな三多摩の悪夢さん!?




わた「はいチーズ!」(うしろでどんぐりさんがISO号スタンバイ中)
でも、ああ、どうしよう、大丈夫かな…
曲がれずにコケたらどうしようかとか、いろいろな思いが渦巻いて、なかなか走り出せない。(泣)




どんぐり@JOG・ISO号 VS 30@ジェベル200




行きまーす!!




さて、何事もなく走りきれるか!?




ジェベルを追うISO号!(笑)



(マウスオンで写真がチェンジ!)
走り出す時にミラーを調整するのを忘れて困ったので、ちょっと広いところで停まってみる。
ついでにギア何速で下りているか曲がっているかとかクラッチ操作について教えてもらったり。





ブレーキランプ点きッパ。



(マウスオンで、いる!)
なんとか無事、刈場坂峠~白石峠間を走りきった。
もうちょっと乗ってみる?ということで、続けてまた走り出す。















………。















 

さて、待つ人たち。
先行の5台がひたすら待っている。
後続は、Buell、ラビット、ジェベル、KSRツバキッキ号。
なぜかちっとも降りてこない。
ここで思いつくことといえば、

「ま・さ・か…(゜∀゜;ノ)ノ

である。特にどんぐりさんの顔色が。
しびれを切らしてわたさんが様子を見に戻る。
と、…





















(」゜□゜)」






















ラビット号ピンク!!

じゃなくてパンク。






(マウスオンでジェベルの無事確認!)
携帯は通じないわ、空気を入れても全然入らないわ、ものすごく困っているはずなのに、
なぜこんなに楽しそうなんだろう!!(笑)




マウスオンで空気入れ入れ奮闘中。




バルブのキャップが吹っ飛んだそうで、ホイールもアッチッチだそうな。
何か刺さっていないかと探したら、こんなものが!?どうやら傘の骨っぽい。
ほぼ同時刻に同じ道を走っていたのだから、誰が踏んでいてもおかしくなかったわけだ…。(>_<)


 

パンク修理キットを試してみるも直らず、近所にバイク屋さんも無いそうで、
うわさのやまふじトランポ号の出動が要請された。
その間にお昼ご飯をということになったが、可愛いウサギちゃんが人さらいに遭うといけないので、
シロンさんを残して7台で下山する。


 
(マウスオンで写真がチェンジ!)



上って上って向かった先は、都幾川町の「くぬぎむら体験交流館」。
ところが、団体さんが入ったばかりでものすごく時間がかかりそうだとか。



(マウスオンで間違い探しPart4)
じゃあ、残念だけれど他へと、移動を始めたとき、30が道路を踏み外した。

迂闊だった。道幅のあまりない下り勾配の舗装路へ左折で出た。
出たとき、直進し過ぎて右の路肩へ(左に倒し込むかハンドルをもっと左に切ればいいものを)。
やわらかそうな土で、あれじゃ落ちたら上がれないな…と一瞬で思った。
でも落ちる、と思ったらやっぱり落ちた。落ちたあとどんなふうに転ぶのかまでは想像できなかった。
ガンッとメットの顎が接地して左足首の上にISO号のシートが乗っていた。
向こうにどんぐりさんが見える。90度曲がって左に倒れたようだ。
下手にmueさんがいる。「大丈夫?」とか言ってくれたがはっきりした言葉の記憶がない。
慌てて足を引っこ抜き、起きあがったら坂の上から車が降りて来ていた。
またまた慌ててISO号を引き起こし、とにかく車を行かせる。
「ダメージない!?」
どんぐりさんの声に、左の肘や足首が何かなっているとは思ったが、動くので「はい」と頷き、
とにかくエンジンをかける。が、かからない。
「惰性で下まで行ける?」
 と、どんぐりさんが言ってくれる。すぐ下の道幅のあるところで見てもらう。
「かぶっちゃったかな」
 何度かふかしてもらったら、かかった。


 

現場はあの坂の上の方。

遅れたので急いで降りて行くと、mueさんが知らせてくれたようで、
先の交差点でみなさんがUターンして来てくれた。
わた「大丈夫!?」
申しわけなくうなずくことしかできなかったダメダメな30。(T_T)
御心配おかけしてスミマセンでした。<(__)>


  

町へ下りてみたけれど、さすが3連休でどこも満員御礼。
で、本日のお昼はコンビニ弁当ということに決定!
わた「おにぎりと、サンドイッチと…」
わたさんがシロンさんの分を買い込んでいる。


 

えーと、ツバキッキさんがアイスを2個も食べていたので遅くなってしまった!(笑)
最後尾到着~!!



(マウスオンで写真がチェンジ!)
秩父の舗装林道で楽しそうにコンビニ弁当を広げる無差別級ライダー集団。(笑)
ヒビだらけの停止線の向こうは枝道でほとんど通行がなく、くつろぎまくっていてもほぼ迷惑にならないのだ。


 
(マウスオンで写真がチェンジ!)
あの赤い箱の詳細はコレ!横浜中華街、市場通りにある「翠光園(すいこうえん)の中華菓子。
崎陽軒のシウマイや有明のハーバーと並ぶ横浜の名物♪
昔は毒々しい合成着色料の色とコッテリとした油とものすごい甘さで好き嫌いが分かれたものだが、
近年は改良されて甘さも脂肪分も控えめで、ちりばめられたナッツ類も健康食品と思えるような美味さだ。
中華菓子と聞くと、スーパーやコンビニのパン売場わきで串団子や栗まんじゅうや
お供え用のカラフルなお饅頭たちと一緒に売られている小さな「月餅(げっぺい)」を連想する人も多いだろうが、
本場の月餅は、それらとは全くの「別物」なのだ。
熱々のジャスミン茶やウーロン茶でいただくとサイコー♪(*^_^*)







ところで、暑いからって脱いだら肘が赤かった。
さっきパンク修理キットが出てきたツバキッキさんのBOXから、今度は絆創膏とか塗り薬が出てきた。
ちょっとドラえもんのポケット並み。
肘って、自分で絆創膏を貼るのが難しい場所だ。
30「どこだ~~~???」
わた「貼ってあげなよー!!」
というわけでツバキッキさんに貼ってもらった。ありがとうございました。
絆創膏のサイズが各種取り揃えなところがすげーと思った。







2時間ほどもかかったろうか、ようやくやまふじさんが到着!
3連休だし各所でお祭りをやっているし、激混みの秩父を激走して戻って来てくれたMr.メロス・やまふじ。




なぜレールが2本?と思ったらこういうことなのネ。軽ワンボックスより高いから。




この傾斜は厳しい!




力持ち結集で搭載完了!




時刻は午後3時半近く。本日の作業終了。
というわけで、ここで解散です。おつかれさまでした。




マウスオンで、パトカーに追われるやまふじ号。(うそ)




(こうなったら全員マウスオン!)



ひとり、林道を帰るわたさん。ちなみに、30の後ろのカゴに入っている物はコレ!

6台でさっきのコンビニで休憩して、一路R299を目指して南下。
299は新しくバイパスができたそうで、出た途端にものすご~く広くていい道!ここで流れ解散になった。
でも、16号まで一緒のどんぐりさんが引っ張ってくれた。
笹井交差点手前のコンビニで最後の休憩をしていると、たぬきさんから電話がかかってきた!
今日は朝からタイヤ交換のあと、大名栗やら西名栗やらあちこちを走り回って、
今は今日の始まりのサンクスにいるという。
待っていたら15分ほどで到着。





うひゃっ、午前中に交換したばっかなのにもう減ってる。(*_*;)




今日はお世話になったジェベル…。




どんぐりさん、本当にありがとうございました。
普通なら、免許を取ってまだ一度もMT車に乗ったことの無い初心者に自分のバイクなんか貸したら、
もしかしたらひっくり返して壊しちゃうんじゃないかとか考えそうなものなのに…。
おかげさまで自信が持てました。
がんばれば、何か違う地平が見えてきそうな気がします。
いえ、気がするだけでなく、必ず。




小谷田立体でどんぐりさんと別れ、たぬきさんに連れられて八王子方面を目指す。
R16は大渋滞なので、ひたすら裏道を行く。
途中の信号で「あの道は何?」などと話している様子を後ろから見た車の人は、
道に迷った横浜ナンバーの原付オバサンが道を聞いているところだと思ったに違いない。


 

横田基地を迂回したらしい。踏切を何度も何度も渡り、福生や拝島の地名を見た。
そしてようやく見覚えのあるところへ出てきたと思ったら、そこはもうR16堂方上交差点のそばだった。


 

今日だけで245.5km走った。1月17日の納車から半年で、3474.9km。
この中古のヤマハのメーターが「99999」を越えたとき、
「00000」に戻るのか、それとも止まってしまうのかが謎のままだ。
“Xデー”は今年のうちに訪れるのだろうか。




帰宅後、脱いでみたらあちこちにすり傷やら青アザやらでビックリ!
筋肉痛は3日で治ったが、膝と肩がまだヘンだ。
こういうときに保険証が手元にないというのは非常に困る。
そんな身分でニューマシンのことを考えるなど、どうかしているというものではあろうが…。
義務に優先する快楽はないのだし。
しかし、初めて乗って走ったオフ車がわたさんのセローでも、ツバキッキさんのシェルパでも、
たぬきさんのXRでも、mauさんのディグリーでもなく、どんぐりさんのジェベル200とは。
これはもしかして
「運命」
とでもいうやつなのだろうか。


※ わたさん、mueさん、ツバキッキさん、やまふじさん、シロンαさん、
お写真たくさん使わせていただきました。
ありがとうございます。


< 総走行距離/245.5km >

2009年に戻る