魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


【09.07.25】



冷し麺!!
じゃなくて、「川越I.Cまでの最終コンビニ」ってとこが気になった。
今日はその先、「川越2りんかん」を目指して来た。
夕べ9時頃突然決まった「仲良し原付ツーリング」の集合場所なのだ。
メンバーはツバキッキさんとどんぐりさんと30の3名。
原付だけでのんびりお散歩ツーリングなので集合ものんびり10:30。
ここまで、家からR16をどんどこ走って3時間。入間I.Cと小谷田交差点を過ぎ、
左へ斜めに入っていく高倉4丁目の信号までは、何度か「古都オフ」に来たのでわりと覚えていた。
が、時間が遅いことと天気が好転したことで車が多く、集中力が切れてきたし、
慣れない道でちょっと危ない気がしたので休憩。
珍しく朝っぱらからリポDなんて注入してみる。レジの女の子がかわいかった♪




着いたら誰もいない…。
2人とも既に来ているものと思い込んでいたので、場所を間違えたかと焦りまくる。
が、ほどなく2人そろって仲良く登場。ホントに仲良しなんだから、もう!(^_^;)
待っている間に見つけた地域で一番店の悩み。




お散歩ツーなので、過巻きタコを目指すことになった。
何のことかわからないですね。「かまきたこ(鎌北湖)」です。珍しい変換だ。
この写真、コンビニから出ようとしているところなのだが、
見ようによってはコイツがお手洗いみたいだ。


  

渋滞にハマったり、すり抜けしなかったり、道を間違えて地図を広げたり…
やたらと30ばかり登場して恥ずかしいし申しわけないのだが、
写真を撮っているのがツバキッキさんなんだからしょうがない。



(マウスオンで写真がチェンジ!)
廃墟系ムードが漂う鎌北湖。
さっき川越から日高にかけて少し降られたその雨がこの辺りでも結構降ったらしく、
濃密な湿気が、さらに雰囲気を醸し出している。




どこもかしこも濡れそぼっているので、仕方なくベンチを雑巾で拭いてコンビニおにぎりタイム。



(マウスオンで写真がチェンジ!)
30だけ尻の下にスーパーのレジ袋を敷いている。ずるい。




グリーンラインで出会った謎の木。ものすごくいい形だと、どんぐりさんが気付いた。
大きくなったらどんな木になるのだろう?



(マウスオンで写真がチェンジ!)
奥武蔵グリーンラインというのは、山梨の林道に慣れた30の目にはわりと単調に見える。
その名の通り、緑一色の中をただ走っているように思えるからだ。
そんな中、「お!切通しだ」と思える場所があった。色の変わった岩が剥き出しになっている。


 
(マウスオンで写真がチェンジ!)
ツバキッキさんが登ってみた。岩の向こうは絶壁で、アンカーが打ってあったようだ。




ああ、こういう道。山梨でよく走ったなぁ…。
あの頃は車を入れて、よく写真を撮った。
車は停める場所を選んだ。撮影中も前後から他の車が来ないかと気になって仕方がなかった。
バイクだって場所は選ぶが車の比ではない。それにこのグリーンラインはわりと道幅が広いし、
路肩が落ちているようなガードレールも何もないところはあまりないので、余裕だ。




敢えて真ん中を行く。



(マウスオンで写真がチェンジ!)
開けたところがあったと思ったら斜面に畑が作られていた。
林道の途中、山の中に民家がある。
普通の田舎のお家だ。ぽつりぽつりと、緑の木々に埋もれるようにして建っている。
道から家まで、正面でなく脇から細い小径があったりして、それがまたすごく細くて急だったり、
苔むした石積みの草叢に消えて行ったり、左右に生えている草や花の様子に何ともいえない風情があったりする。
考えてみたら、車の時とは「少し違う」気はした。
車だと、停めて閉所から「外」へ出る。しかし、バイクは最初から同じ外だ。近いというより、そのまんまだ。
何だろう、こうして林道へ来るまでに、バイクで「外」を走るということのカルチャーショックみたいなものは
もうあちこちでたくさん感じてしまったので、感覚が鈍ってしまったのだろうか。
それとも、林道に向かない街乗り用小排気量スクーターで走りづらいからだろうか。


 
(マウスオンで写真がチェンジ!)
昔は林道が珍しくて、こういう場所ではいちいち停まって写真を撮っていた。だから、ものすごく遅かった。
もっとも、あのころは気ままにひとりで走っていたからというのもあるのだろうけれど。
今のISO号に乗っている限り、単独で県東部を出るとか、市街地を離れるということはできないだろうと思う。




ちょっとした段差でものすごい衝撃。乗っている方もつらいが、ISO号もいつか分解するのではないかと思えてくる。
何より、タイヤが全く地面に食いつかないので、ウエット路面や苔はもちろんのこと、
下の土砂が流れた陥没した舗装などもいちいち気になって仕方がない。
路面ばかり見ていて回りを見ていないから山梨の林道よりも単調に思えるのかもしれない。



(マウスオンで写真がチェンジ!)
つまり、ISO号での林道走行には限界があるということだ。




昼のにわか雨はどこへやら、どんどん空が晴れ上がってくる。


 



展望スペースのある売店はしまっていた(閉店した?)が、涼しげな東屋で一休み。先週見たような文字が。
「関八州見晴台」…ここは先週のツーで調べた高山不動を通るハイキングコースの途中らしく、
リュックを背負った家族連れがヒーハー言いながら通過して行ったりした。







茶店の展望席からの眺め。
このあと、、先週食べられなかったソフトクリームをGETするためにふれあい牧場へと向かう。
キツイ登りでISO号が20h/kmに喘いでいたら、ツバキッキさんが見つけてくれた!!




とれたて野菜だー!!
魅惑の品揃え♪





ナス、キュウリ、ピーマン、ジャガイモ、青唐、ミョウガ×2
ISO号が誇る余裕の積載量の見せどころだが、

重くなってしまった…












もうすぐふれあい牧場♪でも、…


























(マウスオンでっ!!)
こんなにきれいな景色なのに…。












牛が横断する様子を見てみたい。




モーレツお食事中。

ところが…売店がお休みだった!!



(マウスオンでたそがれ中)
ショックでたそがれるISO号。



(マウスオンでたそがれ中)
ショックでたそがれるツバキッキさん。




ショックを受けながらも何か思いついたようなどんぐりさん。

「もしかして4時で終わりかな」

もう1件先の牧場まで行ってみようということになったのだが、現在時刻に気付いてしまった!
急がねば。






































なぜに(」゜□゜)」







まあ、こういう日もあるということで。




展望駐車場への坂にチャレンジしたが、危険なのでリタイア。
どんぐりさんも途中で戻ってきた。上はさらに苔だらけだったらしい。




こっちが気になったのはツバキッキさん。



(マウスオンでお花畑!)
薄暗くなり始めた林の中を駆け下りてきたらサッと目の前が開けた。
すぐ足元がお花畑で、濃いピンク色のちょっと変わった花がたくさん咲いていた。
なんとか祭りというのぼりがたくさん立っていたけれど、あれが花の名前だったろうか?失念してしまったが。
あとでツバキッキさんに聞いたら「エキナセア」だったと教えてくれた。
和名「紫馬簾菊(むらさきばれんぎく)」というそうで、免疫力を高める効果があるとかで注目されている花らしい。
ちなみに「馬簾」とは、火消しが振り回している「纒(まとい)」にいっぱいついている
細長いヒラヒラの吹き流しみたいな部分のこと。
エキナセアの花の形をよく見てみると、確かに似ている。




前を行くツバキッキさんが突然停車したと思ったら…(笑)
もう立派なマンホーラー!!
カタクリの花のようだが、だとしたら小川町MHか。
小川町と言えば、ファッションセンターしまむらは、元々この町の「島村呉服店」であったとか。



(マウスオンで閉店)
山を下りてまたもや地場産野菜をGET。
もう林道で飛び跳ねないので、安心してトマトが買える。
あと漬物とズッキーニ。
プラムとかいろいろ買いたかったが、そんなに買ってどうする!?と考えてやめた。
しかし、田舎の夜は早い。
ここもソフトやおやきのコーナーは既に終わっていて、売店もほどなく閉まってしまった。




ISO号、本日2回目の給油。ここで入れないと帰れない気がした。
そういえば周りにいた車がみんな「熊谷ナンバー」だった。此処どこよ!?




先週みなさんとお別れした田中交差点のコンビニまで帰ってきた。
やっぱり買ってしまったこの形!(笑)
こりゃあ、リベンジ決定。
しかし、2週連続で埼玉の山の中のコンビニまで来てこんな時間にアイス食ってるなんて…
(明るいけどもう19:00





< 総走行距離 293.4km >


2009年に戻る