魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.

と・ほ・ほ…ライダーS!

紅葉狩り遠足

千葉:もみじロード・小松寺

【09.11.29】

mixiのコミュニティ「と・ほ・ほ…ライダーS!」のツーリングに参加させていただくことになった。
2日前のコミュ参加申し込みから3日目にしていきなりツーとは。いや、世の中そんなものか。

 

雲の残る空の朝焼け。なんとか天気がもってくれることを願いつつR16を南下する。
集合場所は久里浜のフェリーターミナル。強風で道路の端から端までフラフラしながら観音崎へ。
白い波頭が砕ける荒々しい様子。ここまで来れば久里浜は目と鼻の先…と思っていたけれど、
ここまで1時間で着かなかったのだから情けない。日曜の朝っぱらで道はガラガラだというのに。


 

車では来たことがあるものの、バイクなんて、フェリーにどうやって載っかっていただろう???
全くわからず、とりあえず建物の正面まで行ってみた。
コミュ管理人:ゲッター・洋さんの長身が目に飛び込んできた。
ひゃーっ!巨大なオンロードバイクが何台も停まっている…。見慣れないので驚いてしまう…。

はじめましてのご挨拶。今日の参加者は、
ゲッター・洋さん、nikkuさん、シンさん、cbさん、それに私。




実は、千葉の山中の道で房総半島を縦断するようだし、みなさん排気量の大きなマシンのようだったので、
「是非参加させてください!」と言い切る自信がなく、久里浜でお話をうかがってみて、
大丈夫そうなら連れて行っていただくことになっていた。でも、
「大丈夫ですよ」
「大丈夫ですよね」
の二言三言で、気付いたらもう往復切符を買っていた。




 
(マウスオンで写真がチェンジ)
8年数ヶ月ぶりの東京湾フェリー。行きの船は「かなや丸」。


 

おお、バイクって、こうやって積まれるんだ!壁際に固定とは。
船が揺れたらどうするのだろうと思っていたけれど、疑問解決。
バイクに縁のなかった今までの人生では気にしたことのなかった風景。
あとでゲッターさんから聞いたけれど、海が荒れている時は
停めた場所によって海水をかぶるときもあるのだとか…。
そっ、それはタイヘン!




YOKO号もしっかりと緊縛プレイ。



(マウスオンで写真がチェンジ)
久里浜漁港。あの丘は久里浜緑地。コスモスなどの花で有名な「くりはま花の国」




心配だった空が、出航の頃になって晴れてきた。
快適な船旅は30分少々。あっという間に浜金谷に着いてしまう。
浦賀水道があまりに狭いので陸地から離れていた気もしない。

浜金谷港で船から降りる。ドキドキしながら前を行くゲッター・洋さんとシンさんのあとについて行く。
見慣れない、全然見慣れない、大きなオンロードバイクと千鳥走行。
先頭のゲッターさんはどんなに離れてもデカイ。
なぜか2ケツのピンクナンバースクーターが間に挟まってしまい、どうしようかと悩みつつ走る。
自分が道路のどの辺を走っているか、速度は大丈夫か、そんなことを気にしていて、
せっかくの内房なぎさラインの景色もほとんど見ていなかった。
でも、山道に分け入ってからは、すぐ前を走るシンさんの黒いメットが、
なんとなく山の斜面を見上げているような角度に動いたりして、つられて自分もそっちを見たり、
でも紅葉より絶対ゲッターさんやシンさんの背中のほうを多く見ていた。


 

県道182号・上畑湊線、もみじロードを快走!
なだらかな起伏の山中をきつくないカーブで走り抜ける。
イロハもみじが約1000本というだけあって、走っても走っても紅葉が終わらない。
富津市観光協会によるともみじロードでは「やまなかもみじまつり」と「ふれあいウォーク」開催中だそうで、
簡易テントで炊き出しのような雰囲気の素朴な休憩所がところどころに設けられていた。

山を越え、外房の町、鴨川市へ下りて「みんなみの里」で休憩。道の駅のようなところ。
千葉は馴染みが薄いと思っていたけれど、この道には覚えがあった。
「ジャスコ鴨川店まで15km」という看板に見覚えがあった。
2000年の5月、kiriと初めて千葉へ来た時、ここを通って「行川アイランド」まで行ったのだった。

みんなみの里の向かいにヤックスドラッグというのがあった。神奈川だとハックドラッグといったところか。
ヤックスドラッグが気になったおかげで「おらが丼」の存在に気付いてしまった。

このあと、千倉へ出て本日の昼食ポイント「白鯨亭」へ。道も空いていて予定通りに到着したものの、
今日に限って12時開店。1時間待ちは辛いので、次のお店に行ってみたものの、こちらはまさかの閉店。




太平洋の風が容赦なく冷たい。そこで、すぐ近くのこちらのお店に入ってみる。


 
(マウスオンで写真がチェンジ)
木造りの宿、磯料理・割烹「天乃屋」 千葉県南房総市千倉町瀬戸2910 TEL 0470-44-0569
ヤックスドラッグ千倉店隣の、警察からほんのちょっと南。




鯨のステーキ!これにごはん・お味噌汁・漬物をつけて1680円。
シッカリと食べ応えのある鯨に炊き加減の絶妙なごはん。
お椀のワカメも海のそばなせいか新鮮に感じられたし、
漬物もワイケー(横浜の人しか知らないお店?)の1kg入り業務用袋とかじゃあ絶対にない気がした。
あ、こんなに褒めると、「普段何食って生きてんだ?」と思われてしまうかもしれない…。

さて、お店を出るところでアクシデント。
不肖30、道路へ出ようとしてちょっと段差っぽくなっているところで右にコケる。
ほぼ停車していたので立ちゴケか。
この時はスローモーションのように…。途中で諦めなければ…。
でも、踏ん張ってもあの重さには耐えられない。挟まってケガをするくらいならと、すぐに放棄してしまう。
慌てて起こさなきゃと思っているうちにシンさんやnikkuさんに起こしていただいてしまった。
しかも気が付くとスタンドが出されていて自立までしている。
…すみません、何もできなくて。
いきなりお世話になってしまいました。ありがとうございました。

以前、左に倒してクラッチレバーを折ったときはGSに入るときの段差だった。
オフ車が段差を苦手にしてどうするっっ!!
原付ISO号もそば屋さんの出口で左折ゴケ。
出入り口の段差は要注意。
というか、石ゴロゴロのダートで走行練習でもするかしら。


 

南房総では「もみじの寺」として有名らしい小松寺へやってきた。
かなりの人と車。交通整理には警察官も出ていた。




ものすごい大木があった。株が何本にも分かれていて本当に天を覆うばかり。
新緑の頃、この木の下に立ってみたらばどんな気持ちがするだろうかと思った。
けれど、今日は…




焼きそば待ちの長蛇の列ができていた。




地場産野菜売り場も大盛況の模様で葉物は既に売り切れ。
今の時期はヤーコンとかさつま芋・里芋が多いかしら。
いや、今日は野菜を買いに来たのではなく、紅葉を見に来たのだから…。



(マウスオンで写真がチェンジ)
山門を入ると…


 







(マウスオンで写真がチェンジ)
何だがものすごい数のプラ樽が気になったのでおばさんの行く先を辿ると、
餅つき大会の仕込みに使われているようだった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
子供たちはこういうのが楽しいんだよネ…。



(マウスオンで写真がチェンジ)
あまりの美しさに撮影に夢中。




紅葉も気になったけれど、この「林道」という文字も気になった。やはり林病なのか。


 





(マウスオンで写真がチェンジ)
春と秋、日本人がこころ穏やかでいられなくなる自然の風物。



(マウスオンで写真がチェンジ)
待っていてくれたマシンたち。




記念撮影!!
今、自分で見ていても夢のように不思議な1枚。
これからもっと、増やしていくことができるだろうか…。




お天気が心配なのでフェリーに飛び乗って久里浜へ戻る。

小松寺を出てからは、ゲッター・洋さん、nikkuさん、cbさん、30、シンさんの順で走った。
信号で停まったとき、ふとすぐ右のcbさんのシフトペダルに載った足が気になった。
前を見るとnikkuさんの靴の裏があった。
オフ車と角度が違う…。
そう、乗車姿勢が決定的に違う。
つま先のぶ厚いオフブーツは履かないし。
…同じバイクでもずいぶん違うんだ…なんだか新発見。
あと、やっぱり謎!信号が青に変わる直前のシフトペダルあたりの「音」。
教習所では左足を着くように教わったけれど、路上ではほとんどのライダーが右足を着いている。
信号が青に変わる時、発進のために、あれはニュートラルから1速に入れる音???
前方からふたつ、右からひとつ、うしろからもひとつ、合計4つの、あの「音」がする。
私がMTバイクにやられてしまった、あの「音」。
もしかして、いつか乗らないと、これも永遠にわからないままのものなのだろうか…
漠然とした怖さにうっすらと包まれる。

雨にも降られず、鯨も食べたし、紅葉もきれいだったし、道も空いていたし、おみやげもいろいろ買えたし…。
なんといってもフェリーが快適♪
乗り場では、高速道路の値下げに困って署名を募っていた。
久里浜~金谷間のフェリーがなくなるなんて、考えたこともなかった。
いつまでもあるものだと思っていた。
千葉といえば、
いつか行こうと思っていた「行川アイランドが」、初めて行った翌年に閉園してしまったことがあった。
いつまでも、今のままではない…。
何事もそうなのだなと思った。


フェリーを降りるところで解散。
みなさま、今日は一日ありがとうございました。
何もかも初心者な30で、すみませんでした。
これからもよろしくお願いいたします。




神奈川県地図を持って出るのを忘れたので、わざわざ観音崎をまわって帰る。
朝と同じ、強風が吹き荒れていた。


 

アイリスオーヤマのキャリアBOXの積載量は伊達じゃない。白菜なんかも買えたかもしれない。
認知症のばーちゃんには、見てすぐわかるおみやげじゃないと。




レシートの住所や電話番号が非日常的。
南房総の名物はびわなのに、びわ物を何も買ってこなかった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
そして交換取り付け1900円也。


< 総走行距離 182.9km >

2009年に戻る