魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.



【10.2.1】

夕べの天気予報では朝から雨だと。ところが起きたら日が照っていた。
驚きながら出立準備をした。ところが曇ってきた。
どんどん雲が増えて、いつ降り出してもおかしくないような薄暗さになってきてしまった。
それでも予報を見ると、雨は夜からだった。
走り出すと思いの他、道が空いていた。
呆れるほど走りやすいいつもの道は、「出るぞ」と思った場所で確実に2度、出た。
白バイが当たり前にいる道なので、捕まるほうがアホな路線なのだ。
相変わらず嘘のように空いている道。
本来、この道はこのような道なのだとか、勝手に思いながらスイスイ走れる空き具合。
生温かく、全く寒くない気温のせいか、昨日に続いてYOKO号が絶好調。
笑っちゃうくらいにギアがよく入る。何だか車で走っているようなラクチンさだった。
いつもの走水のファミリーマートに寄る。昼前で、弁当を買いに来た職人だらけだった。
ホット紅茶を購入。去年の秋から、たまにこういう物を買うようになった。


 

暖かいけれど強風の観音崎。小さな湾の中も波立っている。
いつもなら必ず2、3台はいるバイクも1台も見えず、車も少ない。釣り人の姿もなかった。
雨が来るとわかっている日にわざわざこんな所へ来る馬鹿がいるかとでもいうのだろうか。
紅茶でひと息入れて、そういえば地図も持ってこなかったしと思って帰ることにする。




あーあ、天気わる…。
いつも、走水の坂を登りきった先から見えるこの眺めが気になっていた。
車ならこのあと、坂を下りながら見えてくる景色も走りながら撮るところだけれど、バイクではそうもいかない。
路肩にスペースがないので停まるのも気が引けるし。



(マウスオンで写真がチェンジ)
停まる場所を探しつつUターンしてきて、乗り上げた歩道の脇に小さな案内板を見つけた。
東海岸から日没のダイヤモンド富士が見えるとは知らなかった。


 
(マウスオンでやっぱり走水方向)
海岸道路を何も考えずに走ってきた。
こっち方向の写真って、撮ったことないなとふと思い、次の信号でわき道に入った。
馬堀海岸一丁目東交差点だった。
正面のあのマンション、このへんのランドマークっぽい。
あ、「よこすか海岸通り」というのか?


 

いつ来ても、雪や氷など全く似合わなさそうな景色だ。


 

歩道に上がってみると、フェニックスのオレンジの花が終わってしまった冬枯れの道に、意外な色があった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
この赤は何!?
うしろの白っぽいやつはイソギク。黄色い花がそのままドライフラワーのように固まっている。




たぶん、マツバボタン。でも冬場、こんなになるっけ???
温暖な海っぺりでは何か変化してしまうのか…。



< 総走行距離 71.0km >

2010年に戻る