魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


NISSIN YAKISOBA DELUXE


【10.4.10】

 

弟のハンガリー土産、インスタント焼きそばを作ってみた。
パッケージの写真を見て、そういえばハンガリーはとにかくパプリカをよく使う国だったなと思い、赤パプリカとキャベツでやってみることに。
でも、開けてみたらば「かやく」が入っていた。
粉末ソースと思われる袋の他にもう1袋、「シーズニング・ソース」というのが付いている。




やっぱりわからないマジャール語!?なんか麺を割っているようだ。
水を250ccということかな。


 

野菜をサッと炒めて水250ccと割った麺を投入。
程よくほぐれて炒まったところで粉末ソースと思われる袋を開封、かけてみると確かに粉末ソースだった。香りも普通。
続いてシーズニング・ソースを入れたら、ものすごく濃い色で、一気にフライパンの中が黒くなったような気がした。


 

うーん、出来栄えとしてはどうだろう?
食べてみたところ、確かに「CHILI」だった。あとは、フツーにインスタント焼きそばの味。
日本人以外の人がこれを食べても、ほぼ“誤解”はしないだろうと思った。




他にもこんなものが。




こっちなら普通のお土産だ。




ちょっと危険な雰囲気の瓶詰。




強烈というより凶悪な色。(笑)


 

パプリカなら特に辛くはないだろうけれど、字が読めないので何だかわからない。




日本のスーパーでも普通に売っているマイユも、こんな種類は見かけない。


 

やっぱり何だかわからない。



2010年に戻る