魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.



【10.9.4~5】

昨日と今日は、お世話になっているバイクショップ、SBS南のツーリングに初参加。伊豆弓ヶ浜一泊ツーだった。

 
(右写真、マウスオンでチェンジ)
集合西湘BPのP。土曜の朝、バイクが多い。
ソロツーというよりチームだらけ。女性ライダーもチラホラ(西湘~特に西伊豆は、女性ライダーが多い!)。
道の駅開国下田みなとでお昼。
おすすめは「下田バーガー(金目鯛のフライのバーガー)」だったけれど、
宿の夕食が海鮮三昧で金目鯛も出るというので、全然関係ないものにしてみた。


 

宿のPのわずかな平地にダンゴ虫の群れのようにかたまって停まる。向こうは逆落としの崖。

 

盗難防止チームプレイ。宿は「日本一のちょんまげ」のいるところ。結構有名らしい。
チェックインまで少々時間があったので近くのコンビニまで“お部屋で2次会”の買い出しに。
あまりの暑さに10本入りラムネバーを買ってみんなで分け…1本足らない。
ので、1本普通サイズのアイスを買い、アイス争奪勝ち抜きジャンケン大会。
私とタケちゃんが最後まで勝ち残ったけれど最終決戦でタケちゃんの勝ち!
集団でジャンケンなんて、何年ぶりのことだろう…というか、ちゃんとした「旅館」に泊まってまともに1泊2食温泉付きなんて…。
あゝ、大人な気分。(←いろんな意味でビンボー…)


 

迷子になりそうな面白い造り。



(マウスオンで写真がチェンジ)
本物の伊勢海老が出てきたのだけれど、店長は「アメリカザリガニ」だと評していた。(笑!ザリガニにしては旨すぎだった)
食堂直結特別室みたいな大部屋が男子部屋だった。食堂から直行。
SBSミナミ様御一行はやかましいだろうと思われたのか、それとも店長が予約時に申告したのか、
隔離された分遠慮なしにバカ話&バカ笑い。
日本初裸族部落発見秘話とかノーパンしゃぶしゃぶ開店計画とかガンダムの重箱のすみつつきとかみなさんのアダ名の由来とか、
誰がどう見ても聞いても、
「お店の人とお客様」
ではなくて、
「部活動の合宿」
か、
「マブダチの集まり」
だった。(笑)
パシリのマツオ君は店長の命令で何度も1Fの自販機までビールを買いに走る。素直ないい青年だった。


 

自問自答しながら入ったトイレにこんなものが…。メモしてこようかと思ったけれど撮ったほうが早い。
異常な暑さは南伊豆でも同じだったけれど、ところどころ、ハゼの木やカエデ類が色付いていたのには驚く。




翌日は伊豆スカを北上して大観山で開催中のSUZUKIのサマーキャラバンに寄った。
この少し手前、亀石峠を過ぎてしばらく行ったあたりで30立ちゴケ。
左足がYOKO号の下敷きになって動けず、ジタバタしながら救出される。
伊豆スカの大きな高速カーブを苦手とする意識が上塗りされてしまった…。
ああいう道が嫌いとか苦手だなんていうライダー、いるのか!?


 

今回のツーの目的は試乗会。私など近付いただけで怖くなってしまう巨大なマシンに試乗する南のメンバー。
出発の様子1出発の様子2




SUZUKIホームページの「イベント:サマーキャラバン2010」→「毎週更新!イベントレポート」の記事を
勝手にコピーさせて紹介させていただいてしまう…。
詳しくはコチラをどうぞ!!
しかし大観山Pの傾斜はつくづく2輪向きではないと思う。村長のGSRとふぅちゃんのImpulseがコロリンチョ。
伊豆スカ手前で給油したのでみなさんほぼ満タン状態。あの重さの鉄の塊が傾いたらとても支えきれるものではない。




当たり前だけれど関係者車両はSUZUKI車ばかり。
SX4・SPLASH・CARRY。そういえば、当たり前だけれど南チームも全部SUZUKI車だ。
ハーレーの集団がハーレーだけだったりするのは珍しくない。KSRだけとかいうのもあるし。
でも、車種も排気量も様々だけれど全部SUZUKI車というのは。パッと見てすぐにそこに気付く人は…
きっと、SUZUKIの人でも気付かないだろう。(笑)




ターンパイクで時間を買う。
コケてパワーダウン(コケなくても)の私は先頭のモネビー隊長の次・2番手という位置で走らせていただく。
今回もまた、遅くてみなさんの足を引っ張ることに。
マシンのせいではない巡航速度。一般的ライダーとはやはり別種の2輪車乗りなのか…。
西湘上りPで解散。といっても、みんなほぼ同じ方面なので、渋滞にハマってすり抜けたりしながら原宿交差点までは一緒だった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
そして、戦利品。

店長以下、隊長・ゴージャス・ぼすり・村長…等々、すげーアダ名の方々。(笑)
みなさん、2日間お世話になりました。いろいろありがとうございました。