魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


KMAライディングスクール@東扇島

【11.07.03】

今日は「KMA」ライディングスクールin東扇島
梅雨真っ最中とは思えない晴天。凶悪な日差し&強風。
日頃の行いがいいのか悪いのか判断付きかねる。



到着した瞬間、
「え゛っっ!いいの?…」
と固まりかける。
なぜって、タイヤの太さがYOKO号の倍くらいありそうな、タンクだって樽みたいな、巨大なピカピカのオンロードマシンばかりがずらりと並んで…。




参加者35名ほど。8割方がオンロードの大型。あとはオン中型とオフ中型。
そしてオフタイヤ装着車はDJEBEL:YOKO号1台のみ。もちろん、アイリスオーヤマのキャリアBOXを搭載しているのも(笑)。
開始前に指導員からギアボックス等を外される方は今のうちにどうぞと指示が出て、
各車一斉に高そうなGIVIのケースを外したり後部にネット等で固定していた荷を降ろしたりしていたけれど…
長野まで行って道ばたの農家のおじさんに6kgもの瓜や野菜をいただいてしまっても積んで峠越えをしたYOKO号は…
「BOX標準装備車」
なので、敢えてこのまま出走。
まわりの方々にコケたら傷いっちゃいますよとか心配されたけれど、過去数度にわたる転倒でもいつもBOXは無傷。
今日もきっと大丈夫サ♪…というか、いつもこれで走るのだから、今日もこれでなきゃ意味が無い。




東扇島はだだっ広い吹きっさらしの島という感じ。木陰なんてものとは無縁で、熱中症になる前にミイラか干物になれそう。
そばには巨大なUFOキャッチャー(笑)と雛段積みのコンテナ。ずっと見ていると縮尺が?に。




暑い中がんばっているみなさんをおちょくりにやってきたSBS南青山店長
隼がどうかしたとかでお店のキャリーで、湾岸でハーレーとバトルしてきたらしい。




美しい蜂のように胴のくびれたマシンの居並ぶ中、「山」という名の初心者マーク付き参加最軽量車両。
いちばん大きかったのはパシフィックコースト。技術ではなく車幅でパイロンを倒していた(笑)。
熱中症(?)で朦朧としてスタンドが出せなくなっていた高齢ライダーとか…。
あまりに元気な走りで「あいつらいつも道の無いとこ走ってんだもんな」と囁かれていた某オフ者とか…。
何があってもどんな状況でも決してバンクしないご夫婦参加の美人な奥様とか…。

私は最初から最後まで何も変化の無い初心者マークの権化(笑)。
帰りはミナミ・メンバーのお2人に前後を挟んでもらって南まで護送していただきました。ありがとうございました。



2011年に戻る