魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.




【2011年9月11~15日】



【9月11日】

どこへ行こうか目的定まらず。しかし、このところ海のほうばかりだった。
山好きな私が新しい相棒と山へ行くために保土ヶ谷BPを走らないというのはおかしい…と思い、
なら道志みちだってそうじゃん!と思って行ってみることにした。
まだDJEBEL:YOKO号の走り方が全く把握できていなかったある日、
走り慣れた道志みちを走って、瞬間にワインディングの走り方を悟ったことがあった。
手に余るSAI号も、道志みちを走ったら何かがわかるのではないかと考えてみた。
SAI号で初めて走る保土ヶ谷BPの快適なこと!!氷の上を滑るようというと大げさだけれどとにかく「安定」。
YOKO号の時は「コケたら死ぬぞ!コケたら死ぬぞ!コケたら…」と何度も頭の中でつぶやきながらの
8分間(無渋滞時)の決死走行だった。それがSAI号だとスッキリサッパリかる~く90h/km。
ワーゲン・パサート:父号ぐらいにラク。
でも、やっぱり乗り慣れていない=体がまだSAI号向きに出来上がっていない?…ので、
少し走っただけで節々から悲鳴が上がる。
相模原で給油後、城山湖畔の花の園地で休憩。
7時前だから入口にはチェーンが張られていて車では入れない。けどバイクは隙間からイン


(マウスオンで写真がチェンジ)
道志みちに突入。
道路改良工事完了箇所が増えるにつれ面白味が無くなって走りやすくなっていってしまう道志みち。
走っていたら小腹がすいてきた。おむすびのおおみやが閃いて、道の駅手前から都留へ抜ける。
今日のおおみやは大賑わい。ツーリングのグループが待ち合わせていてPが中途半端な使用状況になっている。
ひっきりなしに訪れる一般のお客さんの車が停まれず…SAI号も停まる場所に困ったし、
やむなくSAI号の後ろに停めたおじさんは「出る時言ってね!」と声をかけてくれた。
コンビニじゃないんだし、長々と居座るのはどうかと思った。




おむすびを食べる場所として…いつもの道の駅甲斐大和を目指した。
ところがR20に出てちょっとしたら雨がチラついてきた。
富士吉田~山中湖~道志みちにルート変更しようかと思ったけれど、
トンネルの向こうは状況が違うかもしれないのでとりあえず走った。
…道の駅甲斐大和は降ったり止んだり霧雨だったり…このあとのルートの洗濯じゃなくて選択に悩む。
雨なら洗濯は中止。でも盆地中央方面は空が明るく見える。きっと向こうは晴れているだろうと期待を込めて発進。
そうしたら何だ、勝沼へ下りる坂の途中からもう晴れてきた。笹子の山に雲がつっかえていたのかな。
強い陽射しに気温も上がってきた。
大好きな金川曽根広域農道を走り切って下部~河口湖へ戻って来る長いルートを考えついた。
これはいいと思ってどんどん走る。
馴染みの交差点をいくつか過ぎて…さっきから痛かったあちこちの関節が本気で音を上げ始めた。
痛くて耐えられなくなってきた。その上、暑くて意識が朦朧としかけてきた…。
とっさに右左口交差点を左折、ブルーライン(R358)を精進湖へとショートカットすることに。
上り坂途中のスペースに緊急停止して鎮痛剤摂取
ちょっと落ち着いて走り出すも、旧上九一色役場あたりを過ぎて芦川村入口のすずらんの看板を見たらば、
もうハンドルを左に切っていた。




大好きな芦川村の風景にひと安心。おごっそう家で休憩。
便利な若彦トンネルができたので、昔の静けさが無くなってしまった代わりに帰り道の心配をしなくていい。



(マウスオンで写真がチェンジ)
河口湖を静かな西岸まわりでR139に出る。
富士吉田や忍野の抜け道へ入り込むのも面倒で、そのまま国道をズルズルと渋滞に巻かれて…超暑かった…。
山中湖北岸はよく晴れていたけれど富士には雲がかかっていて見えなかった。なかなかSAI号のいい写真が撮れない。
あゝ、どう見ても、GIVIがジャマだっっ!この浮き具合、違和感は何!
何の気遣いも無しに自然に大きな影を作っているこのGIVIのずうずうしさは何?


 
(右写真マウスオンでチェンジ)
ごったがえしを予想して入ってみた道の駅どうしは本当にものすごい混雑で懲りた。
宮ヶ瀬の鳥居原園地も同じだろうなと思ったけれど、とにかく休み休みでないともう走れない。そしてここもごったがえし。
北岸~愛川~八菅山へ抜けようと思った。




何だ、あの雲!!



(マウスオンで写真がチェンジ)
こんな見事な田園風景にGIVIはピッタリ。でもHONDA最新のテクノロジー技術搭載のSAI号は………
アタシに買われたのを運の尽きと思ってくれるカナ?(笑)
私と一緒だと、山とか、田舎道とか、林道にしか行けないヨ。(^_^;) (シート上のグローブが心霊写真の手のようだ…!!)

ところで。
なぜだ。
DJEBELでわざわざ左ウインカーを出して道を譲ってもほとんどのバイクが挨拶無しで追い越して行ったのに、
今日は何もしなくても追い越して行ったバイクの10台中8台がしっかり左手を挙げて挨拶して行った…。
なぜだ。
割り込んでも1台もクラクションを鳴らされなかったし幅寄せどころかすり抜けしようとしたら道を空けてくれたり…。
なぜだ。なぜなんだー!!
頭にこだまする青山店長のコトバ………「メットかぶってりゃオバサンかギャルかわかんねぇんだからさぁ!」
帰宅して母に話すと、
母「男って、バカね」
…そういうこと?(呆笑)






【9月12日】

今日はラクをしてしまおう…と思って、普通に高速に乗りに行った。
「高速を使う=ラクをする」
というのは、わりと普通に言われている。ただ、今まで高速走行用に作られていないDJEBELだったので、
「高速=試練(もしくは罰ゲーム等)」
でしかなく、まず乗ることは考えられなかった。
高速道路を走ること自体は大好きだったので、
それが車だけでなくバイクで実現できるということは、人生の快挙と言ってもいいのではないだろうか。



ETCが普及してからこういうの、みんな取らなくなったでしょ。(笑)




初めて入った談合坂S.Aの2輪駐車スペース。この作りは親切だと思う。
でも、土日は入り切らないくらいなんだろうな…。
ここには普段滅多に寄らない。いつもすごい混みようだから。今日は月曜だから大丈夫かな?と思って入ってみた。
ところが、普通に土日なんじゃないかと思うくらいに人も車も多かった。
まだ改修中で半分が閉まっていたようだけれど、それにしてもトイレの渋滞もすごかった。
実は、談合坂なら焼きたてパンとか何かあるんじゃないかと思ってコンビニに寄らずに来た。
人でごった返すフードコートに潜入…。




外食に不慣れなので及び腰で(笑)。
広いフロアを見渡すと、若い人が大きな声で盛んに呼び込んでいるわりに人だかりがしていないカウンターがある。
向こうの隅にある「ギャルソン バーガー」。一組の家族連れが和やかな雰囲気で注文をしている。
よし、買ってみよう!とカウンターにとりついた。
チーズバーガーにしてみた。880円。マヨネーズ・マスタード・ケチャップ・レタス・玉ねぎスライスはとり放題。
高いと思われるかもしれないけれど、これがハンパじゃないボリュームで!!しかも旨し。
ティッシュの箱を持って食べに行きたい一品。(紙ナプキン・手洗い場アリ)




今日の道の駅甲斐大和は爽快な晴天。



(マウスオンで写真がチェンジ)
盆地入口のここでこういう青空が見られると、ツーリング気分に弾みがつく。


 

盆地まで下りずに、すぐ先の景徳院入口交差点を右折、県道218号・大菩薩初鹿野線に入る。
今は全線舗装された普通(じゃないようなところも多々ある)の県道だけれど、
以前は「嵯峨塩裂石線」という名の林道だった。
紅葉がすばらしいという竜門峡、プチ林道大志戸線天目山温泉や、やまとふれあいやすらぎセンター等、
見どころや観光施設が結構ある道。
ふれあいやすらぎセンターは村営の温泉だったか、2002年初頭に雪の降る中行ったことがある。売店で、
「番号札〇〇番でお待ちのお客様、アユがおいしく焼き上がりました」
というおばさん声のアナウンスがかかり、まわりにいた数人の人も、その物言いの愉快さに顔をほころばせた。
初めての雪見露天風呂の感動よりも、あの「おいしく焼き上がりました」という言葉がいまだに忘れられない。
そのセンターの前から見える距離にある右分岐は焼山沢真木線。
2003年の秋に湯の沢峠からこの道を下ろうとして通行止めで断念して以来、いまだ再訪できず…。
今度パジェロミニ:M号で来よう。



(マウスオンで写真がチェンジ)
嵯峨塩深沢線や砥山線の分岐を経て上日川ダム。
あとで調べたら手前の東京電力の施設入口から入って行けば堰堤も通れたらしい???
何だかよくわからなくてスルーしてしまったけれど。今度行ったとき探検してみよう






【9月15日】

 

突然、休みを言い渡されたので、12日に行けなかった林道でも走ってみようかと出掛けた。
談合坂で朝メシを買って道の駅まきおかまで行った。時間は9:00。
母が午後から役所へ行きたいから車を出せと言っていたし、今日で慣らし終了でオイル交換にも行きたい。
ここで折り返さないと間に合わないな…ということで、わざわざ山梨まで来て朝メシを食っただけで帰る。
今日はS.Aも道の駅も空いていた。



(マウスオンで写真がチェンジ)
宮ヶ瀬湖にはバスクリンが入っていると思う。



(マウスオンで写真がチェンジ)
ネギを買ってみた。このスペース、ネギを積むのにピッタリだ

ミナミに寄ってオイル&フィルター交換。
青山「もう、何してもいいぜ!」
1200kmチョイ乗って思ったけれど、SAI号ってフツーに乗っていてまず5500を超えることなんて無いんだけど…。

そして、新しい“武器”を発注。
これで林道をフルに走りに行くことができるようになるだろうか…。


2011年に戻る