魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.


スズキ バイクショップキャラバン

~TOYO TIRESターンパイク 大観山ビューラウンジ~

【11.9.25】

スズキのバイクショップであるところのSBS南:青山店長から「来い!」と指令が出ていたので行ってきた。
朝、激寒。支度をしながら「この格好で大丈夫か?」と考え、出てやっぱりすぐ戻って重ね着したりして。
おまけにどこから行こうか考えて、そんなこんなで結構ムダな時間を食ってしまう…。


(マウスオンで写真がチェンジ)
ものすごく波穏やかな西湘の海。



(マウスオンで写真がチェンジ)
でも、台風の大雨の名残りがそこかしこに見られる。ここなど、まだましなほうだ。
そばにハトが来たので撮ってやろうとすると、飛んだ。

結局、いつもの根府川~湯河原~椿。
真鶴駅の先を、普通はR134どおりに左折して、海っぺりへ出て暫くは渋滞にまかれる…ものらしいけれど、
“林道派”は直進してほんの少し先を右折、山越えルートで渋滞を完璧に回避する(笑)。
といっても路線バスルートなので普通の道だけれど。
オレンジラインは近道し過ぎ。それより、温泉街の風情を感じながらのんびりと町の中を上って行く。
湯河原は箱根湯本ほどの繁華街ではないし、大して混んでいないし、賑わいもすぐに終わってしまう。
不動滝を過ぎた直後の左手の渓谷の様子がものすごく好きだけれど、それも一瞬。

椿ラインの上のほうは、寒いだろうなと予想して行った通りに秋を通り越して冬っぽい寒さだった。
ところが大観山のPに着くと、ものすごい熱気が漂う盛況ぶり!
どこに停まっていいやらキョロキョロして、ようやく落ち着いてバイクを降りたら、
すぐにゴージャスがみつけて手を振ってくれた。(嬉)



 (マウスオンで写真がチェンジ)
 久しぶりにここからの富士。




いざ聞かれると答えられない大観山の標高。ちょうどいいからゴージャスと一緒に撮っておく。
右後方にちょっと見えているカッコいいトレーラーはコレ!!



(クリックすると大きな写真に♪)
すげー。あんなところにドアが付いているところもすげー。手前のチーム加賀山号もチョコみたいでカッチョイイ。
ちょっとしたらメシだと呼ばれたのでついて行く。(10時半を過ぎたあたり)




TOYO TIRESターンパイク 大観山ビューラウンジ。
去年の伊豆ツーの帰りは伊豆スカでコケたあと、ここで焼きそば食べたんだっけな。
いつもオシャレなharuさんがやっぱりオシャレなカレーだったので、今日はまねをしてみた。
1Fフードコート、「ダムトラックスカフェ」のドライカレー860円。+200円でドリンクセットになる。
青山店長とゴージャスに○×△なお味だと言われて食してみると………コーヒーがとてもおいしかったです。(^^)
自動販売機は観光地価格なので、ホットコーヒーならここで飲んでもいいかもしれない。
次は「海汰」のそばをやってみようかな。




水玉模様の青い牛は貯金箱。
小鳥のかたちの洗濯バサミがあって激しく惹かれたけれど、使い道が無いなと思って諦める。




おおっっっ!!大変な獲物を発見してしまった!
でも。
載らないんだよネ…GIVI。
これはM号で来た時の楽しみに。(泣)
そういえば、ドライブの初めにいきなり玉ネギに出会ってしまい、玉ネギ搭載で一日走りまわったこともあった。




人であふれかえる会場の様子。




試乗を待つ人たちの向こうに…




大きな富士山が。



(マウスオンで写真がチェンジ)
オシャレな紳士はこの会社の人。



(マウスオンで写真がチェンジ)
さっきからこの人のお尻が気になって仕方がない。(笑)




こっち側へ来てみると、到着したときは満車だったのに、取り残されたようにSAI号がぽつんと…。
しばらくすると、残っていた周りのバイクがみんないなくなって、駐車しようとする4輪車のジャマになっていた。
「あんまりだ…」ということでゴージャスが移動させてくれた。ありがとう!(^^)




ターンパイクからくると最初に見えるここが楽屋みたいな感じで。(笑)



(マウスオンで写真がチェンジ)
可愛らしい赤シェルパ発見!こんな色は初めて見る。
今日はオフ車の姿が極少なので目立つ。(いや、目立ってないな。ワタシの目につくだけで)



(マウスオンで写真がチェンジ)
そして我らが青山店長、お仕事の時間(ここにいること自体がお仕事なんだけど…)
バイク屋さんは基本的にバイク乗りで、しかもかなりの上級者。当然といえば当然だけれど。
なので、こういうときは先導車に乗ったり交通整理をしたりする。




仕事のあとはおやつの時間。




「わりばしが無いんだって」
「上でかけそば食ってもらってきちまえよ」




皮ツナギに赤いSUZUKIジャケットのひげメガネのおじさんが、実に楽しそうにわたがしを作る。
昼過ぎにのんびりやってきたどんぐりさんもきれいに完成。



(マウスオンで写真がチェンジ)
気になるふたり。
やっぱりLOVE&PEACEですか。(^^)




試乗車の群れ。




獰猛な巨大魚の群れのようだ。




乗る人たちも装備が厳重。そこが近所のコンビニに行くようなカッコで乗れる4輪とは全く違うところ。
お金かかるし、やっぱり、バイクって大変な乗り物だと思う。

このバイク屋さんたちのマシン扱いの上手さといったら、乗っている時も当然だけれど降りた時がさらに!
200kgを軽く超える大型車両をスイスイ、ヒラヒラ、あっという間に移動させてしまう。

どんぐり「自転車扱ってるみたいですよね」
30「八百屋さんが野菜持ってるみたいですね」

…バイクの走る様子なんて、どこでも見られる。
けれど、上手い取りまわしの様子を目の前で大量に見る機会というのは、あまりない。
あの、スタンドを支点にしてクルッと向きを変えてしまうの術!

30「いっ、今、ナニが起きたの…!?」
どんぐり「ああ、スタンドを支点にして動かすんですよ。ミナミの前でよく青山さんがやってますよ」

本当に何が起きたのかと、目をパチクリさせてしまった。




青山店長の代理でどんぐりさんがバンディット1250F ABSに乗るという。
音量を大きめにすると、サボっていると思われた青山店長が「青山代理!」と言っているのが聞こえる。(笑)




そして、自分も乗ってみたくなっているC氏。(笑・このあと、一般客に変装してまんまと試乗)



(マウスオンで写真がチェンジ)
バイク用品は視認性を上げるためもあってかデザインが派手だったり過激だったりする物が多い。
自分では気後れしてなかなかそういう物は選べない。
ところがSBS南チームのジャケットは有無を言わさず「赤」。
こういうのって、モジモジしないで堂々と着てしまったほうがカッコいいみたい。
おじさんたちの背中はみんないい雰囲気だ。




えっ!あの小柄な彼女が1250で出るって!?



(この中に変装したC氏が!笑)
もしかしたら彼女よりマシンのほうが大きいかもしれない。乗ったらつま先バレリーナだし。でも乗って行ってしまった。
男女関係なく、上手い人は上手い。




引き潮状態の大観山。どんぐりさんはカッコイイZ1000でこれから伊豆へ行くと言っていた。
音量を大きめにすると、集合写真ウマく写るぞ~とか言っているヤツがいる。(笑)
人それぞれだ。

30「今から伊豆…」
ゴージャス「明日休みなら…」
30「若さでしょう…」
ゴージャス「青山さんと大して変わらないんじゃないかな」
30「ええ?だって(青山さんに)オマエ呼ばわりされてるよ」
ゴージャス「ワタシだってそうですよ」

ミナミの客は客扱いされない人が客。(笑)




きれいなおねえさんは足が上から下まできれいに細い。

このあと、ゴージャスと店長と3台で帰る。
3連休最終日にしては空いていた。どうやらピークは昨日だったらしい。
2時間ぐらいノンストップでR1原宿手前、影取のあたりでコンビニ休憩。

青山「煙草が吸いたくてどうしても我慢できなくなった」

と言いながら缶コーヒーとクランキーチキン(辛口)バリちびタコを買ってきてくれた。

青山「ウマイ!これ。俺、ときめいた」

実は、少し手前で重機のすり抜けで遅れたので、気にして休んでくれたのではないかと、思った。
去年の伊豆ツーでもがんばって走ったあと突然コケたし。
もしそうなら、停まったのを自分理由にするところがプロっぽい。
でも、用事があって原宿交差点で別れるからというだけのことだったかも…。

最後に、素朴な疑問を口にしてみた。
30「ねー、その下ってどうなってるの?」
青山「Tシャツー」
30「いや、その下!下」
青山「パンツ」
30「あ、パンツなんだ!?」
青山「そりゃパンツぐらい履いてるさ、でなきゃノーパンじゃねぇかよ!
こんなおっきなファスナーついてんのに、挟んだりしたら大変なことになるぜ!!」

…だからサ、何かツナギ専用のアンダーウエアとかがあるのかなって思って聞いてみたワケよ!(^o^;)

ゴージャスがじゃんけん大会でGETしたA4サイズの写真をマイGIVIに搭載していたので、
折曲厳禁、大切にご自宅まで配送する。ご近所って便利だネ


※ 「TOYO TIRESターンパイク」のHPはほじるとなかなか面白いデス


< 総走行距離 172.1km >

2011年に戻る