魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





【2012年5月27日】

初夏のような日差しに山梨を目指す。
とりあえず藤野町のやまなみ温泉まで来た。
秋山村を通るのは遠い気がしてR20に出ようと思ったらいいマンホールがあった。こんなのがあったなんて!
時間的に映り込む影がどうしようもなかったので今度また撮り直そう。



藤野町の花「藤」を大胆に拡大。さすが「芸術のまち」というだけのだけのことはある!?

久しぶりな上野原の町並み。お出かけ日和の休日は高速よりこっちの方が車が少ないほど。
空いていて走りやすいなぁ…と、のどかな気分に浸っていたら曲がるつもりだったところを通過してしまった。
まあどっかで右に入れば…と思ったけれど川があるので道が無く、次の駒橋交差点でまた右折レーンに入りそびれた。
「そうか、今日はこのまま大月BPを直進しておむすびを買いに行けということなのだな…」
と思うことにしておおみやへ向かう。(笑!往復10km)




本日のセレクト:たこから(ソース)/なすみそ/うめちりめん/お赤飯




店のおばさんがおいしく作ってくれたおむすびを積んで高月橋交差点を左折すると、目の前に大きく岩殿山が!
新緑がもう随分と濃くなっていて、巨大な緑の質量が立ち塞がっているかのようだった。
岩殿山は検索すると恐ろしい難所の写真と史実がたくさん出てきて、さらに怖くなってくる。
でも、歴史好きとしてはいちど行ってみたい場所でもある。よく晴れた明るい日の早い時間に…。

しかし日曜の真っ昼間だというのに行き交う車も人もほとんどなく、辺りはひっそりとしている。
カメラを構えている間、ジャージの中学生とおばあさんがひとり。

葛野川に沿って上っていく国道139号線。ここの特徴はクネクネの山道であること。
そして峠の標高は1,250m。大月市が450mぐらいで岩殿山が634m。30kmぐらいの距離で800mも上る。
甲州街道から逸れて山へ向かう道が、舗装されていなかった頃を想像しながら走りたくなる。

! !

旺盛に茂る新緑の向こうに、突如ダムが現れる。










深城ダム。山梨県にあるけれど相模川水系。
葛野川でダムといえば、有名な葛野川発電所はこの少し上流にある。


 



 

ダム管理事務所には、駐車場から直接入れる建物外付けトイレに東屋やベンチがあって、休憩にはもってこい
土日でもダムカードを配っていると書いてあった。(集めていないのでもらわなかったけれど)
出足が遅かったので気付けばもう1時半。ここでお昼にする。
大きなモミジの木陰がいい感じで、趣味の屋外爪切りに没頭してしまった。
寛ぎながら、こんなの前に来たときあったかな???と考えた。でも思い出せない。
山深い道は、夏場に来ると木々の葉が生い茂り、眺望を遮る。同じ林道でも季節が違うと印象が全然違うのはそのせいだ。
もしかしたらそれで気付かなかったのか、それとも先を急いでいたからか…?
車とバイクでは走行環境が違い過ぎるから停まりたいと思うところも違うしネ。




松姫峠に到着。



(マウスオンで写真がチェンジ)
ここは大月市と小菅村の境でもある。




県外車に失礼なあの看板も健在。(笑)

あっさり来てしまったようだけれど、写真を撮っていないから紹介できないだけで、実は道中、相当に楽しかった。
(不慣れでも遅くても下手でも楽しいものは楽しい
道の様子は2004年に車で来たときのレポをご覧になられたし。

※ 2004年9月30日 「台風一過の快晴・松姫峠!!富士山確認




(マウスオンで写真がチェンジ)
遠くに富士山も見える。ほら、あの真ん中へんに。

このときピカピカのGSX1400が来て、「横浜から来たの?」と話しかけられた。
GSXは横浜ナンバーなのに所沢から来たというそのおじ様。
長期出張中でバイクに乗れない息子さんから「タイヤまるくしといてよ」と言われて乗り倒しに来てやった!とか。(^o^;)
ご親切にシャッターを押してくださった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
自分撮りをしないので、自分がバイクに乗る様子どころか、自分がどんなふうに見えるのかすら知らなかった。
さっき上野原の狭い商店街で信号待ちで停まったとき、ふと横を見たら、
商店のガラス戸に自分とバイクの全体像が映っていてものすごく驚いた。
今まで見たことがなかったから。
人が写真を撮ってくれてそれを見せられなければ、人は自分の姿など見ることはない。
いつも当たり前のように見ている身近な人たちの姿。
そのすぐ近くに自分の動く姿もあるはずなのに、その見慣れた風景の中に自分の姿を見ることはない。
そういえば、富士山に登っているときは富士山って見えないっけ。
あとでこの写真を見てあまりの見慣れなさに、いろいろ思った。



(マウスオンで写真がチェンジ)
峠から小菅村へ下りて役場前交差点を左折。
首都圏ライダーなら当然右折で奥多摩湖へ向かうはずなのだけれど、今日はまだ行きたいところがある。
ところが突然、左足の向こうずねが攣ったっ!!(笑)
たまらず東京都水道局水源管理事務所小菅出張所前で緊急停止。
落ち着いてから見回すと、この交差点がなんともいい雰囲気だった。駐在所の軒下にある丸く赤い電灯。
しばらく休んで右折。目に飛び込んできた風景に「あっ!」と思う。
あのトイレの建物の佇まいの懐かしさ!…もう何年前のことだろう…あの日初めてこの道を通った。
今日このあと向かう柳沢峠も、あの日が初めてだった。

※ 2004年9月28日 「Bean号、霧の林道デビューで鹿出没!夜のダート走行で夜景満喫」

気味悪いほどの懐かしさに慄きつつ薄暗い林間のヘアピンを上って行くとまたもや足が攣り!攣り!
通行量はあるものの、やっぱり不気味な山の中。
夕方からにわか雨のところもという予報だったし、どうしようかと足をなだめつつ出発。
丹波山村役場入口の三叉路が運命の分かれ道。
右折で奥多摩から帰るか、それとも峠を越えて山梨から帰るか…。
山梨経由に賭けた。空を見ながら懸命に駆けた。でもおっそいSAI号。(笑)
超鈍足なはずなのに追いついてくる車もバイクもいない。山梨のほうからは大型バイクが帰ってくるのに…。
そのうちものっすごく寒くなってきた。
おいらん淵の先から一之瀬林道入口手前にかけて新しいトンネルが開通していた。
そのトンネルを抜けた途端に襲ってきた寒気!またもや路肩緊急停止。着込む。
道が右にカーブするあたりで、すぐ先にドライブインっぽい建物と駐車中の数台の車・バイクが見えた。
もしかしたら「ドライブインふるさと」だったかもしれない。
ちゃんと写真を撮っていないとこういうとき場所が特定できない。
出しやすいところにカメラ置き場を作るか、GPSみたいなのを持ち歩くか…何か考えないと。
バイクって、こういうところが不便。(そう思うのはワタシだけ (~_~;)





(マウスオンで写真がチェンジ)
さて柳沢峠。一応見えました。見とかないと。富士山。来た証拠に。
標高は1,472mで松姫より200m以上高い。寒いわけだ。
東京方面からは山梨の入口として普通な柳沢峠も、神奈川・横浜方面からだとそうではなく、
でもここ数年、わりと通る機会が多くてなんだか普通に思えてきた峠。
実は、塩山側の工事が進んで長大な高速カーブだらけになってしまったのが苦手の原因。
上りよりも慎重にクソ下手な運転でたちまち後続に追い付かれるので左の端っこを走る。多分チャリダーより遅い。
せっせと下って左手、県道201号に入ってホッとする。もう追われなくていい。
ここからロッジ長兵衛までの山道が楽しい。こちら側から登るのは初めてだけれど。




山ツツジがいたるところで満開の様子だった。
ロッジ長兵衛のある上日川峠は標高1,600m。まだ季節はこんなものなのだ。




やっぱり寒いけれど、木漏れ日に励まされて峠を目指す。対向車も出会う人もなく、静かな山道。




登山者と駐車車両で賑わう峠も、日曜の夕暮れ時はもう閑散としている。




この低い位置の青看板は何度見てもしっくりこない。大体書かれていることが大雑把過ぎるし。
(でも実際その通りだし)




日川林道分岐。この先へは一度しか行ったことがない。

※ 2003年10月5日 「またもや通行止め!焼山沢真木(西)林道&日川林道」

2003年に通れなかった林道を、ここを通るたびに「また今度ね」と先延ばしにしている。
バイクで来るからいけないんだな。

長いと思っていたこの道も、下りだからかずいぶんと早く走り切ってしまった。
もう陽の当たらなくなった道の駅甲斐大和で休憩。
R20で大月の手前まで行くと中央道が25km渋滞という電光表示が。
昼に往復したおむすびのおおみやまで行って、35号・四日市場上野原線(リニア実験線のそばを通るルート)で帰る。




今日はあちこちで咲きまくっていたニセアカシアの花粉に相当やられた。
川沿いに群れ咲いているあの白い小花の美しい高木。いい香りがするのですぐわかる。
去年は6月4日のビーナスラインのときがやっぱり凄かった。花粉の粒がデカい気がする。

相模原市域に入ったときにはもうすっかり暗くなってしまった。SAI号のライトがあんまり明るくないことに気付く。
着込んでから帰宅まで同じ服装。昼間どんなに暑くても朝晩は冷えるし、
高いところや谷間の道等、思いもかけずに気温が低かったりすることもあるので、ライダーはやっぱり重装備でないと。


 ※ 2004年9月30日 「台風一過の快晴・松姫峠!!富士山確認
※ 2004年9月28日 「Bean号、霧の林道デビューで鹿出没!夜のダート走行で夜景満喫」
※ 2004年9月23日 「TRAVIQ・代ちゃん号ラストラン 霧中で腹ペコ奥多摩走行」


< 総走行距離 308.4km >


2012年に戻る