魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.




【2012年10月9日】




(マウスオンで写真がチェンジ)

 

レストハウスふるさとまで下りると、ちょうどお店の人が出勤してきたところだった。今日は浅間山は見えない。
珍しく素直に480号を下る。今日の探検はヤマザキデイリーそばにある池に沿う道。




地図で見ると、ここの十字路の池のほうへ行く道が海尻のほうへ繋がっている。
…池のすぐそばは行き止まりだった。上の道は二手に分かれていて、左の道は先細りで引き返した。(実はこっちが行けたらしい?)
右の何とかドームとか看板のあったほうはもしかして行けたかもしれないけれど、やめて引き返した。


 

あっけなく探索終了。松原湖入口交差点を左折して次に目指したのは、「風とり」の近くにあるパン屋さん。
R299にアクセスのいい埼玉や都内のライダーの間では結構有名らしいこのお店に、なぜかいちども寄ったことがなかったので。
行ってみて驚いた。「風とり」とパン屋さんの間に「ナナーズ」が建っていた!これはウレシイ
埼玉から中津川林道・三国峠越えで川上村へ下りたら、そこにあるのがナナーズ!すごい立地なのに海鮮モノが美味い。
寿司・刺身系が美味いのはR141沿いの「風とり」と一緒。何か流通の秘密でもあるのだろうか。
これなら川上村まで行かなくてもナナーズの新鮮な魚介類をいただける
とりあえず次の目的地があるので、パン屋さんだけを覗いてR141を北上する。


 



小海大橋交差点を右折、トンネルをくぐって県道124号で北相木村へ向かう。
そう、まだ一度も走ったことのない「ぶどう峠」にアタックするのだ。
この道にはぶどう峠までにエネオスが2軒あって、手前の小海町のスタンドで給油。
入ると、鮮やかなグリーンのルノー?だったかが停まっていて、
それを運転してきたらしいジョン・レノンみたいなメガネの短パンのおじさんが、
事務所で電話中の店員さんを「まだ?」といったふうに覗き込んでいた。
そのうちやってきた店員さんと「パジェロミニ、昔乗ってたんだ」と話し出し、
おじさん「横浜のどこ?」
30「〇〇区です」
おじさん「俺、茅ヶ崎に住んでたんだよ。暑いから逃げて来たんだ」
30「えー!?茅ヶ崎」
おじさん「こっち逃げてきちゃいなよ!夏涼しいよそのかわり冬は寒いけどな。身も心も凍るぜ!」
店員さんと大笑い。
まさか長野の小海町まで来て湘南ボーイに出会うとは思わなかった。(笑)




南相木村への分岐を過ぎると右手にソファ…?のような、座ったら気持ちよさそうな、
でもそれは畏れ多い感じのする山が見えてきた。
登山口の看板があって「御座山(おぐらやま)」という山だった。


 



道が並走している相木川には滝もいくつかあった。そして林道もあった。


 

加和志湖の手前左路傍に立派なトイレが建っていて、その先から左へ入っていく「栂峠(つがとうげ)線」。
ゲートもチェーンもない。地図には栂峠川に沿って点線で書かれていて、
R299十石峠のほうから尾根伝いにこちらへ向かって来て途切れている道に繋がっている。
それまでぶどう峠で引き返してこようと考えていたのだけれど、この瞬間、峠を越えて
R299を矢弓沢(やきゅうざわ)林道経由で戻ってこようと決めた。
途中で栂峠線が接続している道の入口を見つけられたら、そこからまたここへ降りてこられるかもしれないからだ。
このあたりからバイクを見かけるようになった。
秩父のほうからR299でなくこちらの道を選んだ理由は何だろう。
2年前のちょうど今頃、DJEBEL:YOKO号で十石峠を越えてR299で秩父へ下りた。
想像していたよりはグンとマイルドな道で拍子抜けした。
こっちの道はどうなんだろう。それより楽しいか、期待外れか…。




ワクワクしながら進んでいくと長者の森との分岐手前に工事予告看板が。
15日から20日までは毎日規制ってことかな。全く知らなかったので今日来ておいてヨカッタと思った。
ところで、ここから5分で峠に着いてしまった。



(マウスオンで写真がチェンジ)
実にあっけない…。
有名なツーリングコースなのにこんなもんなの?もしかしたら峠の向こうのほうが本番なのか?


 

 

…峠の向こうは群馬県上野村。R299まで17キロと出ている。はりきってGO。


 



うひゃひゃ、楽しいカーブだらけ


 

その名も「ぶどう峠林道」。このゲートは切通しの岩の幅がポイント。




延長380m「仲野沢林道」の入口から。


 
 (マウスオンで写真がチェンジ)
中ノ沢林道との分岐まで来た。下まであと8kmそういえば長いかも…。
下りているとき、湯之奥猪之頭線の山梨側に似た雰囲気だなと思った。


 
(左写真、マウスオンでチェンジ)
山を下りてきてしまったらあとは単調だった。
しおじの湯を右手に見送り、神行橋を渡りながら左は旧道かなと思った。渡った先のスペースで停まる。
神行阿弥陀堂の大サワラ?何だろう。でも地図だと、ループ状の道から矢弓沢林道が始まっているような?


 

ここで無駄に迷って15分ぐらいロスる。道の造りが似ている気がして、とんでもないところまで上って行ってしまった。


 
(マウスオンで写真がチェンジ)
そこから5~600m先の左に矢弓沢林道の入口があった。林道起点はそのさらに奥。




起点そばの橋から下流の眺め。




R299より距離が短く、しかも実はこっちのほうが道がいいという情報もある。
しかしこんなにデッカイ林道看板、どんだけすごい林道なのだろう?期待は高まる。果たしてどんな…


 

確かにきれいな舗装。石仏と一緒に鳥獣保護区と森林組合のプレートが。




尾根に出た???




こういうのは、ある意味お宝地図かもしれない。




余白に何か書き込みたくなる白さ。ひとつの落書きも無いところが山の中らしい。



(マウスオンで写真がチェンジ)
なんて走っているうちに、あっけなく合流地点に着いてしまった。
そこで新事実、今日はR299が工事通行止めで矢弓沢林道しか通れなかったことが判明。
運がいいのか悪いのかよくわからなくなってきた。


 

気温17度の群馬県から再び長野県に戻る。


 
(右写真、マウスオンで大野沢線)



十石峠から少し下ると左右に林道があった。右が「大野沢線」、左が「十山線」でどちらもチェーンゲート閉鎖。
十山線の入口脇には北相木村の栂峠まで4.5キロという標識がある。
さっきの栂峠線はここと繋がっているに違いない。通れなくて残念。


 
(マウスオンで写真がチェンジ)
そのあと「乙女の滝」の看板があったけれど通り過ぎてしまった。天然記念物「臼石」も通り過ぎようとしたけれど
入りやすそうなPが見えたので停まってみる。ノックをしたら人間じゃなくてクマが入っていそうなトイレがあった。




音を立てて歩く等、熊に出合わないようにすれば、危険ではないということかな。
よく整備されているから行ってみようかと思ったりもするけれど、やっぱり怖い気がして行かれない。


 

 

次に現れたのが古谷ダム。事務所前にあとから建てられたような印象のトイレがあった。でもここは熊っぽくない。




さあ、山から下りてきた。もうすぐR141というところで新しい立体ができていて何となく2号線を行きたくなり、
曲がってみたら道を間違えて、気付いたらR299を今来たほうへ逆走していた(笑)。
気付いたところで、あとは素直に千曲病院入口交差点まで戻った。


 

もう1時半近い。南相木から馬越峠を越えて川上村へ出て…とか考えていたけれど、
「韮崎68km」という標識を見てしまったし、遅くなりそうだったので帰ることにする。


 

滝見の湯。ずいぶん行っていない。こちらの方には何度か来ているけれど、温泉自体ご無沙汰だ。
今度お風呂セット持って来なきゃ…。


 

その前にさっき見つけたナナーズで遅いランチ。弁当・総菜コーナーには「魚屋の寿司」とかってシールがあった。



(マウスオンでふたがとれる)
海から遠い山の中だけれどここも風とりもやたらと魚が旨い。うちの近所より旨い。
でも…店に前にあったこの看板は…一体なに???


(クリックすると…)
ミツバチまみれのオジサン!!こりゃあ確かに笑うしかないかも…(^o^;)


 

コーナーポケットに寄って、今日は広域農道に乗らずにR20に出てみた。
双葉スマートI.Cは、ちょっと回り込むのが面倒くさい。そのせいで渋滞も発生したりしているし。
なので今日は甲府昭和I.Cまで行ってみることにした。R20をまっすぐ、混まずにスムーズに行けてしまった。
朝晩とかでなければこれもアリかなと思った。
富竹新田交差点で停まったとき、デイリーヤマザキを見て去年の飛騨牛ツーを思い出して懐かしかった。


 

順調な中央道、ところがどうにもこうにも眠くてたまらなくなったので境川で仮眠。20分ぐらい爆睡してしまった。


 

釈迦堂P.Aの売店前に蓼科の先の長門牧場のソフトの看板が出ていた。
角がソフトだし、「県内ここだけ!」というのに惹かれたけれど、
ソフトを食うと渋滞するような気がして(笑!ビーナスライン帰りの悪夢)思いとどまった。




ETCの通勤割にしたかったので、寝てしまったのはちょうどいい時間調整だったのかもしれないけれど、
上野原I.Cを下りたのが、5日と全く同じ17:48。狙ったわけでもないのに。で、やっぱり同じ路線バスに引っかかる。(笑)




 コーナーポケットのポイントカードがいっぱいになって、初めて500円券をもらった


※ 2012年10月5日「白駒池~白石林道」
※ 2007年10月13日「白駒池」
※ 2006年10月1日「白駒池・高見石」


< 総走行距離 535.9km >


2012年に戻る