魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





【2015年8月16日】

ペットショップを数件「お気に入り」に登録してある。

HP 「ペットの専門店 コジマ」
http://pets-kojima.com/
小動物を探す → インコ系ヒナ → コザクラインコ ヒナ(色変わり)http://pets-kojima.com/small_list/?topics_group_id=4&group=11&breed=170&shop%5B%5D=&price_bottom=&price_upper=&freeword=&order_type=2&x=123&y=32

「ペットショップ610(ロクイチマル) 湘南店:横浜市戸塚区原宿5-20-3(ペットエコ内3F)
公式ブログ http://blog.pet-peace.com/
店舗案内 http://blog.pet-peace.com/?pid=01

「小動物・鳥専門ショップ ドキドキペットくん」 東京都北区王子1-27-2 エクセル・ド・モリ1F
HP http://dk2p.jp/index.html
マメルリハ・ラブバード検索 http://dk2p.jp/shopbrand/048/X/

「ペットのデパート東葛」 勝田台店:千葉県佐倉市井野町67
勝田台店ブログ http://toukatukatutadai.blog48.fc2.com/
HP http://www.toukatu-pet.jp/

「バードサロンこうのとり」 横浜市神奈川区大口道り16-7グリーンビル1階
HP http://sp.raqmo.com/kohnotori/
こうのとりのブログ http://ameblo.jp/kounotori-kk/

いずれも、ここならきっといいヒナが出るだろうと思ったお店だ。
毎朝PC立ち上げ時、仕事から帰宅直後、ネットしながら、寝る前の最低4回はチェックしている。
ヒナを見つけたら即ダッシュできるようにと。

コザクラインコのエビィが空に帰ってから来月で1年。いまだに新しいヒナに出会えないでいる。
エビィが珍しい品種だったというより、人気色じゃないから作られず、出回りもしないのかもしれないが。
(「ホワイトフェイスアメリカンシナモン」というやつ)
それに近年は生後3週間ぐらいの小さなヒナはあまり売られなくなったようだ。
小さ過ぎて上手く育てられず、トラブルになったりすることがあるからだろう。ヒナにとっても災難だ。
でも私はエビィと似たカラーの子で、ケツ毛がポヨポヨのヒナを探し続けている。
エビィは14年と約7ヶ月そばにいてくれた。
次の15年を共に暮らしてくれる運命の子は、一体どこにいるのだろうかと。





昨年から約15年ぶりにインコのヒナを探しにペットショップへ行って驚いたことがある。
高速道路のS.Aのトイレがきれいに整備されたのと同じように、やたらと広く明るく清潔になっている!
しかも、店員さんが親切&フレンドリーで、生き物たちをものすごくいとおしげに扱っている。
透明ケースでとても見やすく、すぐに出して触らせてくれる。さわる前に消毒シュッシュするのもデフォルト。
ペットの家族化という世の中の変化がこういうところにも表れているのだろうか
そして、最近はお店のブログも随分とカジュアルになっている。いや、書き手が特に上手いのかもしれない。

「ペットショップ610」公式ブログのスタッフ:まるそ女史の記事がムチャクチャ面白くて、なかなか読ませてくれる。
お話し好きの店長:テト氏の入荷情報が全て「かわいいですよ」で締めくくられるのもポイント。
(笑!ときどき「小さくてかわいいですよ」になる)
ゲストブックには、お客さんではなく、お客さんと一緒にお店に遊びに来たペットたちが紹介される。
巣立っていったペットたちの里帰り成長記録みたいなもので、ユニークな顔ぶれが嬉しい&楽しい。
今年1月にうちに来たセキセイインコのハピィも、いちど登場させてもらっている。
1国の原宿交差点そばだから、フードや用品を定期的に買いに行っている。
お店の生き物や店員さんに会ってお話ししたりしたいので、もうフードはネットで買わない。

そして、「東葛 勝田台店」のブログも素晴らしいノリの良さ。
各店舗の紹介ページでシマリスを肩にのせている写真がチャーミングな店長:ウエダ氏の「ジャパットウエダ」、
文末の「~○○○○~」コーナーのお仕事こぼれ話やバイクネタ等、日々を楽しむコツが窺える。

この勝田台店が気になって気になって、行ってみたいと以前から思っていたのだけれど、なんせ千葉だし。
どう考えても高速に乗らなければならない。それも首都高。
首都高で東京都内を通過するなんて、田舎者には至難の業じゃないのか!?そう思って尻込みしていた。
それが2日前、ペットのコジマ津田沼店でシナモンらしいヒナの写真がUPされたのだ。
「津田沼って遠いかな?」
と、たまたま会ったかおりんに話してみたところ、
「ひとりで山梨まで行っちゃう人が、ナニ言ってんのー!」
はい、そうですね。(^_^;)




というわけで乗ってみた!首都高!それも横浜公園ランプから!
あそこ、狩場I.Cと同じで右から合流だし、地下で暗いし、狭いし、連続カーブだし、やたら速いし、超コワイ!!(ToT)
んもう、写真撮るどころではなく、ヒャーヒャー言いながら県境まで来てしまった。首都高速横羽線:多摩川橋




すげー!とか思っていたら、もっとすごいものが見えてきた。




鳥でもスーパーマンでもない。飛行機じゃん。ってことは、もう羽田!?
あとで羽田空港を検索したら「BIG BIRD」って出てきた。デカイ鳥か?
セサミストリートの黄色いヤツではないらしい。




飛行機に驚いていたら昭和島JCTが出てきてキャイ~ン!右に行きたいから分岐は左じゃーん!!
慌てて後方確認、左車線に飛び込んだ。セーフ!うちでGoogle マップ見といてヨカッタ(^_^;)
成田とかレインボーブリッジとか、そうか!もう東京に入っているのか。あの左の坂、大変な傾斜だな。




ギャー!トンネルだー!なぜー!
山も緑もない海っぺりなのにさ。あとで調べたら東京港トンネルだって。
海の底かと思うとちょっと怖い。(山の中でも怖いけど)




劇的に視界が開けて地上に出てきたでも景色がぜんっぜん見慣れない別世界。
あれだ、トレンディードラマの撮影とかしていそうな。
辰巳・新木場・葛西という地名なら知っている。父の田舎、福島へ行くとき通った。
確か葛西JCTから広い川沿いに遡って東北道へ行った。調べたら荒川だって。へー。




そうこうしているうちに千葉県に着いたらしい。舞浜とか浦安とか有名な場所を次々と通り過ぎる。




千葉、大歓迎あの形はチーバ君だ。




市川市突入。上から読んでも下から読んでも山本山みたい。
今考えるとこの言い方、文章縦書きが当然だった時代の象徴のようだ。




ここで降りた。やれやれいつも道路交通情報でよく聞く耳でお馴染みの場所をいくつ通ってきただろう。
まず目指すは津田沼駅。いつものように無敵のA4版道路地図で頑張る。
東京都地図は持っていないので、「GIGAマップル 渋滞・ぬけみち関東道路地図」2002年版。
群馬や山梨まで行くと10万分の1だが、千葉あたりなら5万分の1だぜ。
北関東自動車道も圏央道もまだ予定線だし、それより何より市町村合併前の貴重な町村地図である。
大事に使わないと。(笑)
5万分の1地図だとI.Cから駅前まで5cmほど(直線距離ね)。
4.5cmの左側がコジマの入っているショッピングセンター 奏の森「フォルテ津田沼」。「かなでのもり」と読む。
「東京靴流通センター」が入っているけれど、ATMは「ちばぎん」だ。
青看板を見ながら進んで行くと駅前ロータリーの手前で左折していく車が。あれか!とついて曲がったら住宅地だった。
でもすぐ大通りに出られた。目の前にフォルテ。なんと、1時間2分で到着。
社会人夏休みウイーク最終日の晴天の午後。覚悟して出てきたのにこんなもんなのか?




これだけの商業施設なのに案内看板を見かけなかったのが不思議。
都会のモールは建物がデカイわりにペットショップが小さい。
ところが地方のモールはその逆で、ペットショップが広々としている。
でもそれは目の錯覚みたいにそう感じるだけで、多分実際の面積は変わらない。(と思う)
シナモンに見えた写真のヒナは、残念なことにオーストラリアンシナモンだった。

さて、気を取り直してペットの東葛へ向かう。
見開きの左ページから右ページへかけて、ここから20cmぐらいだ。楽勝だね(と、この時は思った)




津田沼から勝田台はすぐそばのR296で1本道だが、問題は津田沼駅の向こう側だということ。
しかも、白地図のように何もないはずの駅前はすっかり整備されて道が全く分からない。
が、しかし、これまたなんとなく地元車のあとについて行って首尾よく中野木交差点に出られた。ラッキー
そしてここで今日のラッキーを使い果たした。このあと2度道を間違え迷いまくって、20cmに1時間3分かかる。(-_-;)




習志野市なんて、このあとの人生で何度来ることがあるだろう。




到着少し前、信号待ちで停まったら右手にあったお店。実は有名店らしい?



(マウスオンでペットいっぱい看板!!)
ついに到着!いつかきっとと夢に見た「ペットの東葛」勝田台店!(笑・大げさ)
見よ、この愛らしいペットたちがいっぱいの店構え!ちょっと見たことのない色彩だ。(笑)
ここはもう千葉県佐倉市である。北東10cmのところには印旛沼があり、地図の網目もグッと少なくなる。
去年の秋が終わるころからインコを探し始めて10ヶ月。とうとう千葉まで来てしまった。

お店に入ると足元にワンちゃんたち。奥へ進むと、なんとオカメインコが放し飼いに!?
なんだここは、ふれあい動物園か!とビックリする展示。
横浜でも野毛山動物園へ行くとスズメやドバトと一緒にクジャクが闊歩しているが、
ここでは手乗りのオカメインコがものすごく近い。
8月は年に1度の中、大型インコ・オウムフェアで、鳥さんたちが大集合しているところだそうだ。
なぜかインコたちに混じってさりげなくモモンガが寝ていたりして、思わず触ってしまう。フサフサ
小鳥コーナーにはいろいろなランク(笑)の手乗りたちがいた。
とても人懐っこいジャンボセキセイがいて、ボリューミーなほっぺカキカキをさせてくれた。ウレシイ♪
名前は忘れてしまったが小動物系にも面白そうなのがいたし、
普段はあまり気にしない鳥以外の動物たちも、なぜだか気になる不思議なお店。コザクラのヒナも種類豊富で期待大。
しかしお店の人に聞いてみたところ、やはりホワイトフェイスのアメリカンシナモンはなかなか入らないとのこと。
もし入ったら連絡を下さいと頼んで帰ることにする。
ついでに、最速で横浜へ帰るための道も教えていただいた。
R16を南下して千葉北I.Cから乗るのがいいと、店長さんがマイ携帯を取り出して調べてくださった。なんて親切な。




暗くなると電飾も点くのね




思えば~遠くへ~来たもんだぁ~♪と歌いかけたが、たったの78kmだった。
よく行く御殿場手前の道の駅ふじおやままでくらいだ。下道だったら何kmだろ。



(マウスオンで写真がチェンジ)
夏の長い陽がすっかり落ちてしまった。暮れてなお青い千葉の空が目に滲みるウゲッ、木更津50km!?
R16を走っているのが不思議だった。だって、横浜で普段いちばんよく走る近所の道路だから。
そういえば子供の頃住んでいた保土ヶ谷区でもR16は近所の道路だった。
相模原でもR16は近所だったし、八王子や埼玉方面へ行くにもR16を走る。
そいでもって今千葉でR16の路上にいる。でも、R16じゃ帰れない。(笑!超遠回り)




おお、あの先が千葉北I.Cか。




10分ぐらい走ったところの料金所。広い。




横浜の文字が見えてきた!(>_<)




どこだクイズ。たぶん、よく通る人にはすぐわかる場所。



(マウスオンで、あそこにランドマークタワーがっ!)
あれって、ランドマークじゃね?\(^o^)/
1時間20分ほどで無事帰ってきた。渋滞皆無。千葉、近いじゃん。

ペットの東葛は千葉県の会社だが、他県では埼玉に上尾店と神奈川に厚木店がある。なんだ神奈川にあるじゃん。
でも何か勘違いをしていて、魚しかいないのだと思っていた。
いや、それでもやっぱり楽しいブログの内容が展開している現場を見てみたかった。
紹介されているオウムや動物たちに会ってみたかった。
よくレストランでサンプルと現物が違うというクレームがあるが、このお店では、そんな心配はなさそうだった。


2015年に戻る