魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





【2018年5月25日】

芦ノ湖。正月の箱根駅伝のゴールとしても有名な、富士箱根伊豆国立公園内にある湖。
玄関口の湯本から上れば駅伝コースに連なる名湯、老舗旅館、名所旧跡にハイキングコース、
公園、美術館、ロープウェイなどがあり、一年中観光客で賑わっている。
でも、湖の西側って行ったことあったっけ?

地図で確認すると、湖畔には何も無い。ただ一つ、「深良用水・深良水門」という灌漑施設遺産があるのみ。
その施設を通る全長11.5kmのハイキングコースはあるが車は入れないという。
航空写真で見てもただただ深い緑の森である。つまり、普通に走れる湖畔の周遊道路が無いのだ。
南端の国道1号東海道沿い~箱根園までと、北端の遊覧船発着場所以外は湖畔に接する車道が無い。
箱根には小学校の遠足やハイキングの集まり、家族旅行等で何度も来ている。
もちろん温泉にも入っているし泊まったこともある。大人になってからはドライブやツーリングで幾度来たか知れない。
でも、湖の対岸は知らない。

湖水に濃緑の影を落とす森の尾根を、1本の道路が走っている。芦ノ湖スカイラインだ。
少し前、知人がドライブついでに通ったと聞いてどんな道だったか思い出そうとしたのだが、…記憶にナイ…(笑)
場所や名前の割に大した展望がなくツマラナイ道だったという印象しか残っていない。
じゃあ見に行ってみるかと、GSR:S号で出動。




西湘BP。茅ヶ崎あたりまで、やっぱり帰ろうかなと考えたりしていた、この怪しい色の空。




初めて湯本の手前から箱根新道に入ってみたのに(今頃かよ!)、やっぱり須雲川で降りて旧道を走ってしまう。(^_^;)




杉並木。お玉ヶ池から下って行って、畑宿入口交差点を左に進んだら最初の、
GSのある大きな三ツ又の分岐をいちばん左の暗い道へ突っ込むと、ここへ来られる。
みんなが歩くほうの杉並木はもっと先にある。




東海道に出て、関所南交差点を右折で駅伝ゴール。芦ノ湖畔、海賊船乗り場と駅伝ミュージアムのそば。



(マウスオンで写真がチェンジ)
記念写真はゴールで撮る?スタートで撮る?




東海道に戻って少し上ると箱根峠。道の駅がある。でも世界的に有名な観光地、箱根!にしては規模が小さい。
やっぱり芦ノ湖より西は扱いが違うのか!?




道の駅の裏から見える駒ケ岳。
頂上にぽつりとあるのが箱根園からの駒ケ岳ロープウェイの駅舎。(早雲山や大涌谷を通っているのとは違う)
昔は芦之湯方面からのケーブルカーもあったのだけれど、今はもう無い。

※ 2005年8月30日「箱根・駒ケ岳ケーブルカー、さよなら運転」 




さて、本日の目的地「芦ノ湖スカイライン」。ETCは使えないよな…小銭用意。




あら、S号で来てヨカッタ。(^_^;)




山伏峠手前あたり。西から黒雲がもくもくと湧き上がってくる。結構寒い。




移動してきたので駒ケ岳より左の神山が大きく見えてくる。大涌谷は向こう側。




海賊船、子供の頃乗ったな~!懐かしい。よく覚えていないけど。



(マウスオンで写真がチェンジ)
青空が見えてきたのは嬉しいけれど、富士山が意外に遠い。もっと近くに見えるものと思っていたのだけれど。




あーたまーをくーもーのー…なのかな?富士山だもんね、決まってるよね。
確信して検索したのにエヴァンゲリオンだって!?(エヴァは逆の上り車線だそう)




ほぼ一人旅のさびしい道かと思っていたら、三国峠には人がいっぱい!
全員外国からのお客様のようで、ドローン飛ばすわ自撮りしまくるわで、チョット近寄り難かった…(-_-;)




すぐ先で。




全線10.7kmのうち、まだ半分手前らしい。




なんか大きな分岐があって右は湖尻へ下りてしまうようだったので直進したら…また料金所?
なんと10.7kmは、9.0kmと1.7kmに分かれて別料金になるのネ。こっちの道は「箱根スカイライン」と名前も違うのね。
印象薄いついでに近場なものだから、料金も距離もルートも何も調べて来なかった、イェーイ!(~_~;)




まあ、晴れたからいいか。時刻は13:15、御殿場から山中湖へ駆け上がって芦川村まで行けるかな。
今日は実山椒を買うというミッションもあるのだ。




と、思ったら、工事の片側交互通行渋滞で道の駅すばしりまで1時間45分もかかった!!\(◎o◎)/
すり抜けしない主義だけれど、こういうときのために少しはできるようになっておくべきだろうか…(泣)
東富士五湖道路の延長路線(?)、まだしばらくかかりそうだけれど、出来上がったら渋滞はなくなるだろうか。
もう芦川までなんて行けない…と思ったら、大粒で良さそうな実山椒が入荷していた。助かった♪(^^)
それにしても、どこかでお昼ごはんを…




30分少々かかって、道の駅どうしまで来た。すばしりはお食事パスです。(^_^;)




今日はピーチソフトじゃなくて、ふるさとうどんを頼んでみた。590円。
最初は無人だったのに、あとからどんどん人が来て窓際の席が埋まってしまった。




壁に大事なことが書いてあった。このあたりが大月警察署の管内だとは知らなかった




大事な情報なのでツギハギだけれど大きく載せよう。




山中湖から山伏峠まではほぼ直進区間だけれど…スピードに乗るからだろうか。
山伏峠からの下りは道幅広いしきれいだし、それで調子に乗ってスピード出し過ぎるのかな。
道坂の交差点の前後はわりと平坦で民家がポツポツある見通しのいいあたりなのに…それで油断するのかな。
紅椿から久保吊り橋あたりまでと、野原の先の複合カーブから始まる両国橋までの楽しい屈曲区間。
楽しい分だけ危険でもあるから、絶対に気を抜かないように人の迷惑にならないように走るんだけど…。
もらい事故は防げないとしても、95%が第一当事者では、何かを怠っているとしか考えようが無いか。




個人的には道志みちは帰りのほうが楽しいと思っている。横浜に住んでいるので、上り方向が帰りになる。
事故を起こした全ての運転手が県外在住なら、まず東京・神奈川・埼玉県人あたりということか。
神奈川は東部に人口が集中しているし、だいたい山梨より伊豆を目指す派が多い。


松姫トンネルが開通して今はもう通れなくなってしまった松姫峠にも、こういう巨大な看板があった。
※ TRAVIQ代ちゃん号ラストラン 霧中で腹ペコ奥多摩走行



「県外車」とは。
地元民は慣れているから事故など起こさないとでもいうのか。
まるで大月警察署からケンカを売られているかのようだ。
いや、これは注意喚起のためなのだと思う。
そもそも、落ちる車がいなければ、こんな看板など立てられようはずがない。


今日のお土産。



富士山モチーフが可愛いね。(^_^)




何より、これが買えたのがいちばんの収穫。来年まで、1年分の蓄えだから。


<走行距離 217.1km>


2018年に戻る