魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。
 Copyright © 30 All Rights Reserved.





【2018年6月5日】



中央道:談合坂S.A。刷毛で引いたような雲が高いところに見えるまずまずの天気。




出遅れたので高速に乗ってしまったが第一目標はやっぱりここ、おむすびのおおみや。




素早く移動して目と鼻の先にある道の駅つるへ。




リニア実験線を仰ぎ見る立地。




駐輪場は向こうのバスの横にもある。




ここの空の広さは爽快だけれど、やっぱり雲の様子が気にかかる。先を急いだ方がよさそうだ。




と言いつつ道の駅甲斐大和でランチ。本日のセレクトは、なす味噌・すじこ・鮭ハラス、の3品。どれも旨い。
見た目が全く同じだが中身は全部違う。わかるようにちゃんと手書きのシールを貼ってくれる。
印刷のシールではないところが実にいい。
でも、食べログの写真はパンダ画像のようだった。(^_^;)




R20を突っ走って深沢入口交差点を右折すると、ブドウ棚の多い山間部へ分け入って行く。
畑のフェンスが厳重というかあまり見かけない形をしていて、前を通っただけでピーピーと異音が鳴り出したりした。
停まってエンジンを切るとブーン?と何か音がしているようないないような…動物よけの電流柵のようだった。




菱山深沢線の入口までやってきた。わりと最近打ち直されたのか、アスファルトが異様にきれいだった。
ところが少し行くと荒れまくりのコンクリ簡易舗装に変わり、土砂や木の破片がわんさか流れ出ている。
「こ、これはアカン…」と即撤退。
今日こそ嵯峨塩深沢線を走ってみようと思ったのだけれど、この様子だとそちらも荒れているかもしれないし。




すごすごと深沢入口交差点まで戻ってくる。甲斐大和からここまで、思ったより距離があったのに、残念。
やっぱり初めて通る林道はまずM号で状況を確認してからでないと。



(マウスオンで、嵯峨塩深沢線入口)
景徳院入口交差点まで戻り、県道218号・大菩薩初鹿野線で嵯峨塩深沢線の起点まで上ってきた。
深沢入口交差点からここまで25分少々。



(マウスオンで、反対側から)
素直に上日川峠まで上ってきた。砥山線:起点のあたりまではゆる~くのんびり走る感じだけれど、
そこからぐっと高度を上げてきて、カーブの具合が楽しくなってくる。日川線:終点付近がが1570mぐらいか、
砥山線:終点を過ぎるともう大体標高1600m近くに達して尾根道っぽいワインディングになり、
そのうち登山客の車が見え始めるとほどなく峠に到着。




なるほど、これが砥山林道の「大菩薩湖北岸駐車場(第4駐車場)」とを結ぶ道なのか。
しかも車いす・ベビーカーOKだなんて。お年寄りでもゆっくり見て歩けるのかな。熊は出ないのかな。




ロッジ長兵衛の先から下りはじめようと思ったらこんな看板が。
既に工事は始まっていて、路肩を切り落としたような現場を通過するときは恐ろしかった。
なにせバイクだと足元まで丸見えなので。(←車では絶対にわからないこの感覚!)




峠を越え下りはじめると、今まで見えなかった遠くの景色が見えるようになる。




塩山市街地だ。




こういう場所からは実によく見える。
斜面に生えた木々が、天を目指してまっすぐに伸びようとしている姿に気付いてしまった。人も、見習わないと。




下りてくるとまた同じようなカーブ。上の道から下りてきて…




あの下の道まで下りる。




こういう形のヘアピン。ガードレールの支柱は垂直。写真をずっと見ていると酔う。(~_~;)




足元にカワイイお友達を発見




さらにもう一発。本当にこういう道なのだ。椿ラインだの長尾峠だの奥多摩だの、ここに比べれば屁のようなもの。
他にも、山梨の舗装林道には魅力ある路線がたくさんある。そのことを誰かに伝えたい…でも内緒にもしておきたい…。
一山梨ファンの独り言。




ここ、どーこだ?…わかりやす過ぎ、柳沢峠。



(マウスオンで、みごとな藤!)
そうか!富士の見える藤の棚。これはダジャレというより、
あいにくの天気で富士が見えなくとも、きれいな藤を見て楽しんでもらえれば、ということなのではないだろうか。
いや、花なんてほんの一時しか咲かないし。
…たまたま花の盛りに来合わせた今日、この偶然をそんなふうに考えてもみたい。



(マウスオンで…!!)
想像の翼を広げながらバイクに戻ってきて、現実に気付いた。
なんてこった、ワタシ、当店のお客様じゃないじゃん!\(◎o◎)/!
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいと胸の中でつぶやきながら急いで出発。
ん?待てよ、じゃあお客様になればヨカッタのか?(そういえば、いちども中に入ったことが無い)




峠から丹波山村まで駆け下りた。何だろう、数年前通ったときはもっと大変な道という印象だったのに。
ところどころトンネル等改良工事も入ってはいるけれど、それにしてもこんなにどうってことない道だったっけ???
そう。たぶんこの感覚が、舗装林道で練られた、せい。




一気に降りてきた。意外にあっけなく。あのT字路は左。丹波山からここまでの区間の楽しさったらない。
バイクに乗り始めてまだ日の浅い頃、逆ルートで駆け上がろうとして脛が攣った。(笑)
薄暗い杉木立の底から見上げた高い空の遠かったことを憶えている。




道の駅こすげ、今日は右奥の木陰寄りのPに停めてみた。長~いベンチがあってライダーには超便利。
長居をしてしまいそうな雰囲気…ところがぎっちょんちょん、虫がすごい!まばたきすると虫をベシベシしてしまう。
昆虫苦手なボーイズ&ガールズはこっちには停めないほうがいいカモ。




帰ろうとして気付いた、ヤギさんたち。




げんきくん!凛々しくてカッコイイ。




さくらちゃん!やさしそうでカワイイ



(マウスオンで、振り向きっ!)



ピョコッとした耳とか靴下を履いたような足とか、可愛い要素しかない。
そして、車が通りかかるとなぜかメーメー鳴く。ワタシも鳴かれて見に来た。




もう4時を過ぎたし、空もだいぶ暗くなってきてしまった。降られずに帰れるといいなと思いつつ上野原まで30km。




午後6時半まで営業のオギノパンに滑り込みセーフ。(まだ6時前だよ)
パンたちはもうほぼ売り切れで、お徳用袋にまとめられていた。
エビカツパンや焼きそばパンになるはずだった、ただの切れ目入りロールパンをGET。
これはいいものだ家でコロッケとかハムとかはさんで食べよう。\(^o^)/


<走行距離 317.5km>


2018年に戻る