魚肉が沈殿していることがあるので、よく振ってお飲みください。


 © 2003 高原の鰯水





【2019年5月25日】



五月晴れの秦野市街地…いや、今日は5月なのに予想最高気温28度とか。確かに、まだ9時半なのにやたら暑い。




出遅れたので東名で秦野中井まで来て、気になっていた震生湖を見てみようと地図通りに来てみたら、
予想外な農業地帯だった。




富士山はネギと灌木と緑の丘陵の彼方。




この坂を下ると湖畔らしい。でもPは直進と書いてある。




下りずに先へ進んでしまった。あとで調べたら湖畔に寺田寅彦の歌碑があるとか。今度行こう。




すぐ先に車両進入禁止の神社。






愛嬌ならあったほうがいいし美人にもなりたい。でも今さら良縁だの子宝だのという齢でも無い。
あ、美人も手遅れか。




だいぶ先に駐車場。はだの桜みちのビーバートザンから上って来た道と接続する地点にある。
ほったらかしの解放感抜群。




秦野市街地が一望できる。夜来たらきれいなのではないか。




新東名が見えるらしいけれどほとんどトンネルなのであまり見えないようだ。何か意味ある?




先月、たまたま通って偶然発見した広域農道やまゆりライン。
神奈川県にもこんなところがあったのかと感動して、この道を中心にルートを考えてしまったり。




あの看板!先月は「何だ?」と思いつつ通り過ぎてしまった。今日は行ってみないと。




よく見たら「ぷらっとパーク」と書いてある。
これはもしかしたら以前うどんを食べた「中井麺宿」のある、東名の中井P.Aか!?




どんな山の中に連れて行かれるのかと思うような道を進んで行くと突然大きな二股分岐が現れる。




車が何台か停まっていて「中井麺宿」は右方向に矢印が出ている。
看板の写真を撮っていると、「何撮ってるの?」とオジサンに話しかけられた。
高速道路のパーキングに行かれるみたいな看板があったから珍しくて来てみたんですけど…(^o^;)




道なりに右へほんの数十メートル…橋?いや、何ココ!!あれはーッッ\(◎o◎)/!






東名高速:中井P.Aじゃありませんか!えーっ、こんなところに来ちゃったの!?うわー…




下り方向。




こちらは上り方向。
自分が今いるところは、よく高速道路を走っているときに見上げていた陸橋だった。
何の特色も無い地元の人しか通らないような高速を跨ぐ橋。その橋からの景色がこんなにすごいものだったとは!
以前、都夫良野小山町で同じように感じたことを思い出した。




さらに先へ進むとまた矢印が。なんか楽しいぞ、この展開。




妙に広々としたヘアピンカーブの奥に看板発見。




坂を下りきったところに入口があった。道はここで行き止まり。4輪用のPが2台分。
特に2輪用のPは無いので手前の道端に停める。




裏口だ。いや正真正銘、「お客様入口」だ。




おー!見慣れた中井P.A。\(^O^)/
高速に乗っていないのに、いつもよく寄る休憩ポイントで休めるとは、なんと有難い!
買い物などをしてバイクに戻ると、あら、さっきのオジサンが歩いてきた。
また会っちゃったね~!(笑)って感じで、ドライブや山歩きの話、山菜取りやイノシシ狩りや、
オジサンが滝から落っこちて腕と肋骨3本折って岸に泳ぎ着いて、
自分で車運転して帰ってきた等の数々の武勇伝、やまゆりラインは小田原への抜け道だとか、
孫が可愛い話など、炎天下で大汗かきながら暫し談笑。(笑)
またどこかの山の中で会っちゃうかもね~!と再会を約してお別れした。(^_^)




さっきの広いヘアピンカーブの先の道が気になったので行ってみると、
なんと軽トラしか通れないようなほっそ~い橋が本線を跨いでいた。




別に、バイクだから問題無く渡れたのだけれど、MⅡ号だったら…やめとくかな、新車だし。(笑)
前のM号だったらGO!だけど。
あれは下りP.Aで、奥に見えるのがさっき渡った橋だ。




渡りきって右分岐を通過して真っ直ぐ進むと…おや、先ほどの写真撮影ポイント!?
なんだ、下りP.Aの入口はここだったのか。




奥の2台分に「お客様用」と書いてはあるものの、業者さんが停まっていたりするし、狭いので要注意。




普段はほとんど寄らないけれど確かに中井P.A下り。自分がここに立っている不思議を感じる。

いつも高速で通過してしまう見ず知らずの土地。
そこに田畑が広がり農道が走り里山がありパーキングエリアに通ずる道があって、
従業員の人たちや納品業者のトラックがひっきりなしに行き来している。
こんな近くにも自分の知らない世界があった。




さて、やまゆりライン本線に戻ろう。




眩しい陽射しの降り注ぐ丘陵地帯を縫うように走る。
新雑色橋交差点で77号線を越えると路面の凹凸がだんだんひどくなってくる。おや?これは何だろう。




広域農道の記念碑だった。この農道が通る中井町から小田原市にかけては田んぼではなく果樹園が多いようだ。
JA神奈川グループのHPを見てみたら「神奈川県農業の概要」のページにわかりやすい特産品マップがあった。

自分は横浜の人間だと思っていて、でも神奈川県民だとは、まず言わない。
相模原市に住んだとき、初めて県央や県西部を「地続き」として意識した。
横浜に戻ってきて、相模原は身近な場所になったけれど、県央はほぼ自分とは関係ない土地のままだった。
神奈川の西半分なんて、丹沢山地の他は東海道線の駅や東名高速のI.Cがあるところ…ぐらいに思っていた。
「大井松田」という町があるのかと勘違いしていたりした。
それが、季節の花を見に行ったり野菜の直売所で買い物をしたのがきっかけで興味が湧いてきて、
今では地図を眺めて探索に出かけるまでになった。
それでもこの齢になって、中井町ってこんなところにあったんだ…とか、小田原意外に横長じゃん…と、
新しい発見に驚いたりしている。
急に思い出した。しげの秀一の短編集「リリカル・ナイト・ストーリー」だったか、登場人物が、
「海老名です」
「厚木です」
「大井松田です」
と名乗るので、もしや次は…と予想していたら、
「御殿場です」
見た瞬間、吹いた。(^o^;)
そういえば「逮捕しちゃうぞ」の相模大野千恵も、資産家の設定なのに田舎っぽくて可笑しかった。




中井町のマンホール。町の木:キンモクセイ、町の花:キキョウ、町の鳥:シラサギがあしらわれている。
まさにこんな感じ。中井の風景。




前方にトンネルが見えてきた。上町隧道。短い。




隧道手前の左側は大きく開けて海が見える。海っぺりのあたりは二宮町の西端だ。
隧道を抜けて木立がうっそうと茂る中をどんどん下り、そろそろ田島峠では…?
右カーブに入ると目の前がぱあっと明るくなって…




うひゃぁ~~!とっさに横道に飛び込んでしまった。だってこの眺め!




真下が小田原市東部、右に大井町、左に開成町、奥が南足柄市、ずーっと右が松田町方面。




小田原の海の向こうには真鶴半島も見えている。
他にも何台もの車やバイクが点々と停まり、三脚を立てて富士山を狙ったり、おにぎりを食べたりしている。
ここで食べたらさぞ美味いだろうなぁ…今度やろう。(^_^)




しばらく続く絶景ロードに、もう本線に戻らず先のどこかで左に下りればいいやと思ってしまう。
すると草に埋もれそうな案内板がチラリと…。




ぬわにっ!見晴台だと?…見つけてしまった以上、行かねば。(~_~;)




いやー、凄い坂。




Uターン絶対無理。戻れないので行くところまで行くしかない。




見えるものはさっきと変わらないか。




えっ、これはどっちだ?と停まると、何か上のほうで話し声が聞こえるような?
あたりを見回して角に案内板発見。




優雅に「散策コース」とあるけれど、それにしては結構ハードな道だ。しかも、
「イノシシ等の野生動物にご注意ください」って、出るのか!(゜∀゜;ノ)ノ
「You are here」…「アンタはここだよ」という理解でいいのかな?
そして目指す見晴台は、左へ上って20m?






占有。(笑)
さっきの人の声は、先客がケータイで話していたからだった。




六本松方面へ向かっていくと一本松というのがあった。




十字路のどの方向も、道幅は軽トラ1台分。




そして一本松は既に枯死していた。




Googleストリートビューには写っているのに…。(悲)




2015年6月の勇姿。




見晴台から950mと案内にあった六本松がここらしい。




この交差点の変形具合がイカシている。ボックスカルバートがぴったり嵌る。




六本松はどれかと見ると…




跡地だった…。(泣)
こちらも明治末に枯れ果ててしまったという。残念。




バイクでも対向車が来たらどうしようかとドキドキしながら走ってきた梅林の中の細道は、
「見晴らしコース」に指定されていた。




花の時期にのんびり歩くのもいいかもしれない。
その時は、お弁当を持ってあの富士山の見える絶景の道を通ろう。




大山詣での参詣道でもあったそうで、一帯には史跡も多い。




下りてきたところは72号・松田国府津線の一角。




最近舗装の打ち直しがあったのですごくきれい。
この道を海のほうへ少し行った左側が、出来てソッコーで閉店したコンビニの建物がある。
自分なりの目印のひとつ。




初夏の予報は本当で、夜の気象情報で夏日を超える地点が続出したと言っていた。
午後になっても富士山に雲のかからない超晴天ツーリングだった。
暑ッ!


<走行距離 188.2km>


※ 2013年5月13日(平成25年)「東名高速・都夫良野TNの上を行く~神奈川県 足柄上郡 山北町」

※ 2005年(平成17年)4月23日「神奈川の道・ヤビツ峠&足柄峠~大沢林道」


2019年に戻る